アトピーでも脱毛できるサロンはどこ?敏感肌向け脱毛方法とアフターケア

  • アトピーに悩んでいるけど脱毛がしたい
  • アトピーが酷くならないように脱毛がしたい

そんな方向けに、アトピー肌にも向いている脱毛方法や向いていない脱毛方法等を紹介していきます。

また、アトピー肌でも脱毛できる脱毛サロンや脱毛クリニックを具体的に掲載していきます。

私がオススメする脱毛方法についても言及していくので、アトピー肌で脱毛がしたいけれどもどこの脱毛サロンやクリニックに行けば良いかわからない方はぜひご覧下さい。

この記事を読むことによって、アトピー肌での脱毛の正しい知識とリスクの少ない脱毛サロン情報等が得られるでしょう。

1.アトピー肌でも脱毛できる

アトピーだから脱毛を諦めている方っていますよね。

アトピーの程度にもよりますが、実はアトピー肌でも脱毛できる事が多いのです。

アトピー肌が脱毛でデメリットの大きいな理由としては、

  • 色素沈着が強い。
  • 光やレーザーの刺激に弱い。
  • 肌のバリア機能が弱っている。

以上の理由があります。

ですからアトピー肌で脱毛がしたいと思っている方は、できるだけ刺激が弱い脱毛方法を選ぶとより安全に脱毛することができます。

次の項目ではアトピー肌に向いている脱毛方法を具体的に紹介していきます。

2.アトピー肌に向いている脱毛方法

ここでは一般的な脱毛方法として、『生えてこなくなる脱毛=永久脱毛に近い効果』を望む場合の脱毛方法としてアトピー肌に向いている方法を紹介していきます。

2-1.光脱毛

最も一般的な脱毛方法で主に脱毛サロンで処理していく手法になります。

光脱毛は照射する光により毛のメラニンに反応させて熱を発生させ毛根を破壊、休眠させ脱毛していく手法です。

ただし、アトピー肌の場合には刺激が強すぎる恐れがあるので適切な出力調整等が必要になっていきます。

脱毛サロンによりますが、アトピーの程度により施術を断られる場合があります。

また、光脱毛の中にもSSC脱毛やハイパースキン脱毛等、高熱を必要としない脱毛方法もあるので、不安な方はそちらを選ぶとより安全に脱毛が可能です。

2-2.脱毛クリニック

脱毛クリニックでの施術では、主に『レーザー』での処理になります。

こちらも光脱毛と同じように、メラニンに反応するレーザーを照射し、熱により脱毛していく手法です。

医師による施術が前提となるので、トラブルが起こった場合には適切な処置をしてもらえるというメリットがあります。

ただし、レーザーは光脱毛に比べると強力なので、それだけ肌ダメージが強くなる傾向があります。

現在では従来型のアレキサンドライトのレーザー脱毛器の他に、ダイオードレーザーの脱毛器を採用しているクリニックも増えてきています。

ダイオードレーザーの脱毛器、例えばライトシェアデュエット、メディオスター等では痛みが少なく、比較的高熱も必要としないのでアトピー等の敏感肌向けに最適です。

ライトシェアデュエット、メディオスター採用のクリニックは後述していきます。

アトピー肌でも脱毛できる脱毛サロンやクリニックについての概要をお伝えしていきました。

次の項目ではアトピー肌の方が避けた方が良い脱毛方法についても述べていきます。

3.アトピー肌に向いていない自宅での脱毛方法

ここではアトピー肌に向いていない”自宅”での3つの脱毛方法について述べていきます。

3つの自宅での脱毛方法とは以下の通り。

  • カミソリ
  • 毛抜き等の抜く処理
  • 家庭用脱毛器

順番になぜ向いていないか?について説明していきます。

3-1.カミソリ

最も一般的な処理方法で手軽で安価に処理できるというメリットがありますが、アトピー肌には決定的に向いていません。

正常な肌でもカミソリでの処理は肌を傷つけます。

それが乾燥していたり荒れていたりすると肌の表面が平では無くなってくるので、カミソリの刃に引っかかってしまいます。

その為、更にアトピー状態を悪化させてしまう恐れがあるのでオススメできません。

3-2.毛抜き等の抜く処理

こちらも手軽に処理できるので一般的な脱毛方法ですが、毛を無理に抜くことでそこから細菌が入って炎症を起こしたり、肌の表面が凸凹になったりする可能性が高いのでアトピー肌の方には悪化させる恐れがある為、特にオススメできません。

3-3家庭用脱毛器

家庭用脱毛器の中でも光脱毛器は自宅で脱毛する方法の中で唯一永久脱毛に近い効果を見込める方法です。

光脱毛器は脱毛サロン等で使用されている物と業務用と家庭用と違いはあれども同じ方式の物です。

ではなぜ家庭用の光脱毛器はアトピー肌の方には向かないのか?

それは、脱毛器を照射する出力調整を素人がやると誤ってしまう恐れがあるからです。

健康な肌であれば多少強く照射しても大丈夫ですが、アトピー肌のように敏感な肌だと、アトピーが悪化したり火傷になりやすかったりとデメリットが大きいです。

充分に注意して使用をすればリスクも避けられるかもしれませんが、知識も技術も持っているサロンやクリニックのスタッフにはかないません。

ですから、あまりオススメできる方法とは言えないのです。

家庭用脱毛機器ケノン/脱毛効果とおすすめな人を解説

2016.09.12

アトピー肌にオススメできない脱毛方法について述べていきました。

次の項目ではアトピー肌でも脱毛できるサロンやクリニックの情報について具体的に取り上げていきます。

4.アトピー肌でも脱毛できるサロンとクリニック

ここでは2.の項目でアトピー肌に向いている脱毛方法で取り上げた脱毛サロンとクリニックについて、具体的なサロンやクリニック名を挙げていきます。

ここで挙げた脱毛サロンやクリニックはアトピー肌へどのような対応をしているのかも紹介していきます。

ただし、前述した通りアトピーの程度によって施術を受けられる、受けられないというのが出てきます。

その点は実際にサロンやクリニックでカウンセリングを受けて確認していきましょう。

4-1.脱毛サロン

アトピー肌への脱毛の対応をどのようにしているのか?いくつかのサロンをピックアップしていきます。

銀座カラー

アトピー性皮膚炎等で肌の状態が悪い時は施術を受けられない場合があると記載。事前にスタッフへお知らせ下さい。とあるのでカウンセリング時に判断が出来ます。

キレイモ

アトピーについての記載はありませんが、アトピーで薬を飲んでいる場合には施術がNGとなります。

処方薬を施術の1週間前後に服用された方が対象になります。

ただし、医師の同意書が取れている場合は脱毛もOKになります。

ミュゼ

アトピー肌でも手入れが可能と記載。ただし、肌状態が安定していない状態、または薬を塗っている場合は脱毛不可です。

ディオーネ

アトピーでも脱毛の施術が可能。特に敏感肌専門のサロンなので安心して受けられる。

ただし、アトピーで治療中の人は医師の許可が必要です。

4-2.脱毛クリニック

続いて脱毛クリニックの情報を挙げていきます。

リゼクリニック

アトピーでも問題無く脱毛することができます。ただし、炎症が強く出ている場合や色素沈着が濃い場合にはNGな事も。

脱毛器はライトシェアデュエット、メディオスターNext、ジェントルYAGの3種類を用意。

より患者の肌質に合った脱毛が可能です。特にメディオスターNextはアトピー肌に最適な優しい脱毛をすることができます。

全国に12院、提携院が3院の運営をしています。

クレアクリニック

アレルギー体質での脱毛可能と記載があります。アトピーで強い炎症が起きている場合は症状が落ち着いてからの脱毛が望ましいとされていますが、程度の判断の為にも医師に相談してみると良いでしょう。

脱毛器はダイオードレーザーのライトシェアデュエットを採用。新宿と渋谷の2院の運営です。

アリシアクリニック

公式サイト上ではアトピーに対する明確な記載はありませんが、敏感肌、繊細な部位の脱毛も受けられるとあります。

脱毛器はダイオードレーザーのライトシェアデュエットを採用で痛みが少なく比較的肌に優しい脱毛が可能。

全国に12院の運営をしています。

フェミークリニック

敏感肌やアトピー肌等の肌質にも対応可能。5種類の脱毛器で患者の体質、肌質に合わせた脱毛が可能です。全国に6院あり。

おおむね脱毛クリニックでは、基本的にはアトピーの施術をOKにしているところが多いようです。

サロンに関しては症状の程度が軽かったり薬の服用をしていなかったりする事が条件となってきます。

次の項目では私の考えとして、アトピー肌のオススメ脱毛方法について具体的に提案していきます。

5.私が考えるアトピー肌のオススメ脱毛

私の考えとしては、『軽度のアトピー肌で医師による脱毛の許可が取れている。

またはそれに準ずると判断できる場合』には、やはり『ディオーネ』での脱毛をオススメしています。

ディオーネが採用しているハイパースキン脱毛は、一般的な光脱毛と比べ高熱を必要としないため肌に優しいのが特徴です。

脱毛サロンでこの方式を採用しているところは今のところ少ないので特にアトピーや敏感肌の方には第一にオススメするサロンです。

サロンでの脱毛が不安な方は、リゼクリニックでの脱毛もオススメしています。

理由は全国に12院の運営と脱毛クリニックにしては多いことと、脱毛器の種類が豊富な事です。

前述したようにメディオスターNextはダイオードレーザーの脱毛器なのですが、高熱を必要とせず痛みも少なく肌に優しい脱毛が可能です。

この点からわかるように敏感肌やアトピー肌の方に向いている脱毛クリニックと言えるでしょう。

6.まとめ

脱毛とアトピーについて説明していきました。程度にもよりますが、酷くない場合にはアトピーでも脱毛が可能です。

多くの脱毛サロンの対応の傾向としては、

  • 治療をしていない。
  • 薬を縫っている状態ではないこと。
  • 医師の許可があること。

全て完全に必須というわけではありませんが、これらの条件で脱毛が可能な事が多いようです。

この辺はカウンセリング時に状態をはっきり判断できるのでまずは相談してみることをオススメします。

クリニックに関しては、多くのクリニックでアトピーでも脱毛処理できるという前提ですが、脱毛器の種類が多いクリニックを選んでいくと良いでしょう。

特にメディオスター系の脱毛器はアトピーや敏感肌に最適だと言えます。

最後にアトピー肌にオススメの脱毛サロンとクリニックをまとめてみると。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です