今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

背中の脱毛/効果の高い脱毛方法や注意点を全解説

背中のムダ毛が気になるけど処理の仕方が困る・・・そんな方は多いのではないでしょうか。確かにカミソリ等では手が届きにくい場所ですからね。

こちらのページでは背中の脱毛をすることによるメリットやデメリット、背中脱毛の具体的な方法について述べていきます。また、数ある脱毛方法の中から私がオススメする脱毛方法についても述べていきます。キレイな背中になりたい方はぜひご覧下さい。

1.背中脱毛のメリット、デメリット

ここでは背中脱毛についてのメリットとデメリットを紹介していきます。

1-1.メリット

背中脱毛をした際の考えられるメリットは以下の通り。

背中の開いた服をキレイに着ることができる

こちらはそのままですね。ウェディングドレスやフォーマルなドレス等の背中の開いた服を着る際には背中のムダ毛がやはり気になるもの。着用前にキレイになるように、背中の脱毛をしていきましょう。

男性の目が気にならなくなる

上記の背中の開いた服と同じような感じですが、水着姿や下着姿、その他背中が少しでも見える服を来た際には、必ず男性は背中も見ています。背中にムダ毛があるのを喜ぶ男性は超少数派なので処理しておいた方が高感度も上がると共に、嫌な視線を感じなくて済むようになります。

背中のニキビが解消されることも

背中の脱毛でニキビが解消??と疑問に思う方もいるかもしれませんね。背中は皮脂腺が多く汗がかきやすいことから、ニキビや吹き出物が出やすいカ所です。ムダ毛によって汚れや皮脂がたまりやすく菌が繁殖しやすいという環境も作用しますね。

背中の脱毛をすることにより菌が繁殖しづらい環境になるのでニキビが出来づらくなります。もちろん背中の脱毛以外にも清潔にしておくことも大事ですね。

肌がスベスベになります

実際に肌自体がスベスベになることはありませんが、クリニックやサロン、家庭用脱毛器のような毛根から破壊する脱毛方法の場合には、毛が生えてこなくなることにより毛穴がせまくなるので肌がスベスベになります。

ただし毛根から破壊する方法でなくても脱毛したばっかりの時は毛が無いのでスベスベに感じることもありますね。

1-2.デメリット

基本的にはそんなにデメリットはありませんが、考えられるデメリットを挙げていきます。

費用がかかる

費用に関してはやむを得ないところがあります。脱毛効果が高い方法ほど、費用が高くなります。なるべく費用をかけたくない場合には、カミソリや脱毛クリーム等が良いでしょう。ただし生えてこなくなるという脱毛効果は無いので長い目で見ると意外と同じように費用がかかります。

背中脱毛完了には時間がかかる

サロンやクリニック、脱毛器を使っての背中脱毛ですが、どの方法でも回数の違いはあれども、ある程度の長い時間をかけて脱毛の完了となります。特に背中の毛は細いので脱毛器による光に反応しづらいという特徴があるので脱毛により時間がかかります。

アトピーや敏感肌の方は悪化する恐れも

元々、毛の存在意義として身体を守るという目的があります。現代人の場合には衣服を身にまとうので毛の存在意義というのはあまり無いのですが、敏感肌やアトピー体質の方は稀に、背中脱毛をしてしまうと悪化してしまう恐れがあります。

毛によるバリアーが無くなってしまうからです。この場合には最適な脱毛方法というのはケースバイケース、あるいは背中脱毛は諦めた方が良いということになります。

背中脱毛のメリットとデメリットについてお伝えしていきました。次の項目では背中脱毛の具体的な方法について述べていきます。

2.背中の脱毛方法

ここでは背中の脱毛方法として5つの脱毛方法を取り上げてみました。5つの脱毛方法とは、

  • 脱毛クリニック
  • 脱毛サロン
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 毛抜きやカミソリ

以上になります。順番に簡単に説明していきます。

2-1.脱毛クリニック

脱毛クリニックによる脱毛方法はレーザーを使います。レーザーの光により毛の毛母細胞を破壊し生えなくしていきます。レーザーは毛の毛周期の中の成長期に向けて照射していくので完全に永久脱毛の状態にするには数回以上の照射が必要です。

このレーザーは医療レーザーとも呼ばれていて永久脱毛と呼べるのはクリニックだけとなっています。脱毛効果も最も高く回数が少なくて済むという特徴があります。ただし1回辺りの費用はそれなりにします。

2-2.脱毛サロン

雑誌や電車内の広告等で馴染みのあるのが脱毛サロンです。現在、主に脱毛サロンで採用されている手法は、クリニックと同じように毛の毛母細胞を脱毛器の光によって破壊していきます。

クリニックとの違いは光の種類の違いと威力です。クリニックに比べ1回辺りの脱毛効果が弱く何回も継続的に照射して効果が現れていきます。

この為1回辺りの費用は安く済むので薄くする程度で良いという人で時間もかけられる人に向いています。

2-3.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器では現在主流になっているのが、光脱毛器です。脱毛サロンで使われている手法と同じ方式で毛の毛母細胞を破壊していきます。

ただし脱毛サロンの機械よりは出力が弱く設定されておりその分、脱毛効果も弱いです。継続して何回何十回も時間をかけて使っていくことにより背中の毛が薄く無くなっていきます。

サロンやクリニックと違い自分で使わなければなりませんが、特に背中の脱毛では、脚やワキのように気軽に使えないというデメリットがあります。自宅に誰か背中に脱毛器をあててくれるという人がいればスムーズに使用することができます。

背中の脱毛だけに家庭用脱毛器を購入するのであれば、少々高くつきますが家庭用脱毛器のメリットは他の部位にも自由に使えることです。背中脱毛+全身の脱毛もしたい方には良い商品ですね。

 

2-4.脱毛クリーム

脱毛クリームとして認知されていますが、正しくは除毛クリームといった方が正確かもしれません。この除毛クリームですが、主成分としてチオグリコール酸カルシウムと呼ばれる成分を配合しており、この成分が毛を溶かして除毛していきます。

使い方はクリームを塗って指定の時間が経ってから洗い流すだけという簡単さがあります。背中の除毛にも自分で何とか塗ることが出来きます。

ただし除毛というだけあって、次に生えてこなくなるような脱毛効果は無いのでその場限りの脱毛方法ということになります。処理したい時にすぐに処理できるという利点があるので、『来週急に水着にならなきゃ・・・』というような時に緊急時に特に向いている方法です。

2-5.毛抜きやカミソリ

毛抜きに関しては、自分で処理するのはほぼ不可能ですね。自宅に誰か別な人がやってくれるのであれば問題ありません。

カミソリに関しても自分で完全にキレイにするのは、やや難しいと思いますし間違って皮膚を切ってしまったというような危険性もあります。この場合も他にカミソリで処理してくれる人がいれば問題は少なくなります。

しかし、毛抜きやカミソリでの処理はたとえ誰かやってくれる人がいたとしても、生えてこなくなるような脱毛効果も無いのと肌を傷付け、炎症や肌荒れを起こすデメリットが大きいのであまりオススメする手法では無いです。

明日急に水着になる!というような緊急時のやむを得ない時にする手法ではオススメです。

ここまで、背中脱毛の手法について述べていきました。次の項目ではこれらの手法をどの条件の時にどれを選ぶのか?背中脱毛の選び方についてまとめていきます。

3.背中脱毛の選び方

背中脱毛の選び方について説明していきます。まず条件として3つの目的を提案していきます。全てにおいて優位性のある脱毛方法というのは存在しません。

それぞれの目的に優先順位を付けて脱毛方法を選んでいきましょう。

背中のムダ毛を生えてこなくしたい

こちらは、永久脱毛効果やそれに近い脱毛効果を求めるという目的ですね。永久脱毛効果を望むのであれば、『脱毛クリニック』『脱毛サロン』『家庭用脱毛器』のいずれかの方法になります。

なるべく速く脱毛完了をしたい

こちらは生えてこなくなる永久脱毛をなるべく速く完了させたいという目的です。この場合には、やはり脱毛効果が最も高い『脱毛クリニック』での脱毛がベストです。次いで脱毛サロン、家庭用脱毛器の順になっていきます。

急に背中のムダ毛を処理しなくてはいけない用事が出来た

急に背中のムダ毛を処理したくなった場合には、クリニックやサロン、家庭用脱毛器では対処できません。脱毛完了までに数ヶ月~年単位で時間がかかるからです。

とりあえず、ムダ毛を処理する方法としては、脱毛クリームと毛抜き、カミソリがあります。背中ですので扱い易い『脱毛クリーム』が最も適しているでしょう。

自宅で脱毛できる方法が良い

こちらは、自宅にいながら脱毛できる手法として上記の5つの脱毛方法の中で当てはまるのが『家庭用脱毛器』『脱毛クリーム』『毛抜きやカミソリ』です。

それぞれ特性がありますが、時間をかけてでも生えてこなくなる脱毛がしたい場合は家庭用脱毛器。即効性を求めるのであれば脱毛クリームがベストでしょう。

わき・VIO(デリケートゾーン)の自宅脱毛!失敗しない方法は?

2016.08.31

背中脱毛の選び方について3つの条件別に述べていきました。次の項目では私がオススメする脱毛方法について紹介していきます。

4.背中の脱毛で私オススメは脱毛クリニック

背中脱毛での脱毛方法の選び方を目的別に前項で述べていきましたが、ここでは総合的に判断して私がどの方法がオススメなのかについて述べていきます。

私オススメの脱毛方法は『脱毛クリニック』です。理由を以下のようにまとめてみました。

  • 背中のムダ毛は生やしておく必要が無いので永久脱毛にしたい。
  • 脱毛効果が最も高いのでトータルでの回数も少なくて済む。

やはり最も注目なのが脱毛効果の高さです。永久脱毛が少ない回数で出来るというのはオススメのポイントになります。

特に背中のムダ毛のような、一般に細く薄い毛は意外と脱毛しづらいという特徴があります。脱毛サロンの光脱毛器のような物では毛が細いので光にうまく反応しづらいのが理由です。

医療レーザーでも反応しづらいのは確かですが、より脱毛効果が高いのと最近では産毛にも対応した医療レーザー脱毛の脱毛器を取り扱っているクリニックが出てきています。

産毛にも対応できる脱毛器で代表的なのは『メディオスターNextPro』と呼ばれるダイオードレーザーを使用している脱毛器です。ダイオードレーザーには産毛や肌の色が黒い人にも向いているという特徴があります。

主なクリニックでダイオードレーザーのメディオスターNextProを採用しているのはコチラです。

私オススメの脱毛方法について述べていきました。次の項目では主要な脱毛クリニックのコースを比較していきます。

5.背中脱毛でのクリニック比較

ここでは、主要な脱毛クリニックとして湘南美容外科、渋谷美容外科、アリシアクリニックの3つの院の背中コースを中心に表で比較してみました。

  湘南美容外科 渋谷美容外科 アリシアクリニック
背中コース 背中(肩甲骨より上)
6回 81,000円
9回 111,370円
背中(肩甲骨より下)
6回 81,000円
9回 111,370円
背中全体
5回 初回のみ50,000円
8回 初回のみ80,000円
腰部
5回 初回のみ50,000円
8回 初回のみ80,000円
背中
5回 55,000円
8回 79,200円
脱毛し放題 105,600円
腰 5回 55,000円
8回 79,200円
脱毛し放題 105,600円  
脱毛器の種類 ジェントルレーズ (アレキサンドライト) メディオスターNext Pro   ジェントルレーズ (アレキサンドライト) ライトシェアデュエット(ダイオードレーザー)
院の数 54院 4院 10院(今秋2院を更にオープン)
気になる特徴 レーザー脱毛だけで157万件以上の圧倒的な症例からの実績 平日23時まで通える院があります。 吸引効果と冷却効果のある脱毛器使用で痛みが少ない。

注意点はクリニックによって背中の部位の名称と範囲が異なることです。

湘南美容外科では背中(肩甲骨より下)でも腰も含みますし渋谷美容外科では、背中全体と表記してあっても腰部分は含みません。

背中部分の脱毛はレーザー脱毛の場合は5~6回程度でほとんど完了すると言われています。毛の量が多い等で心配な方は8~9回コースを申し込むと良いでしょう。

値段だけで見ると渋谷美容外科が最も安いです。ただし毛の量が特に多く脱毛効果が出づらいと心配な人はアリシアクリニックの脱毛し放題コースが安心かもしれません。

私オススメのクリニックは『湘南美容外科』です。価格は3つの院で1番高くなりますが、肌の色や毛質に合わせて脱毛器の種類を使いわけることが出来る為、背中の産毛にも対応しやすいからです。

また実績がこの中では断トツなので安心して通えるというのも利点の1つです。

脱毛クリニックの比較をしていきました。次の項目では背中の脱毛をする際の注意点について述べていきます。

6.背中の脱毛時の注意点

ここでは背中の脱毛をする際の注意点について述べていきます。

・脱毛クリニックで背中の脱毛をするのは痛いの?

背中のムダ毛は産毛やそれに近い細さであることが多い為、レーザーをあてても強く反応しづらく痛みが起こりにくいです。

また、部位的にも痛みを感じにくいでしょう。ただし、痛みの弱い方向けに脱毛クリニックでは麻酔の用意もしているので心配する必要は無いでしょう。

・脱毛前の剃毛は自分でした方が良いの?

剃毛は自分でしていくのがベストです。ただし背中の場合は自分で剃毛するのが難しいですよね。脱毛サロンと違ってクリニックの場合ではシェービングも院で行うことが可能です。ただしシェービング代は別にかかるのが一般的です。

・生理中でも脱毛できますか?

背中の脱毛でクリニックの場合は特に何も問題なく施術できます。

7.まとめ

背中の脱毛について説明していきました。自分にはどの方法が合うのか?生えてこなくなる脱毛がしたい場合にはどの方法を選べば良いのか、理解して頂けたと思います。

私の考えとしては、背中の脱毛は特に脱毛クリニックでの脱毛をオススメします。背中は特に生えてこなくなっても問題が生じる可能性が低いですからね。何の心配も要らないように背中の開いた服を着られるようになりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です