今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

ひげの脱毛/おすすめの方法と選び方を徹底解説

毎日毎日ひげ剃りでとてもめんどうと思っている方は非常に多いのではないでしょうか。特に朝が弱くなかなか朝が起きれない人はひげ剃りの時間も寝ておきたいと思うものです。

男性の脱毛の中でも最も施術の多いひげ。今回のページでは、ひげ脱毛のメリットや実際にひげ脱毛をした際の後悔話をお伝えします。具体的なひげ脱毛のおすすめ方法や選び方も合わせてお伝えします。

1.ひげ脱毛のメリット

ここではひげ脱毛のメリットを3つ紹介していきます。

1-1.毎朝の手間が省けて準備時間の短縮

サラリーマンをしている方は特に朝の時間が慌ただしいものです。接客や営業の仕事をしている方は特に身だしなみに気をつける為に毎朝のひげ剃りは念入りにしますよね。

ひげ脱毛をして新しく生えてこなくなる状態までいくとコレらの時間が全て短縮されます。電気カミソリを使って1日に何度もひげの処理をしている方は更に時間短縮になるでしょう。

1-2.清潔感アップで仕事に好影響

仕事時で重要な事の1つとして清潔感があります。いくら仕事が出来ても無造作に不潔に生えているのは多くの仕事相手にとって良い印象を与えられないでしょう。

特に仕事相手には顔のひげを処理しておくのが印象を良くする為に無難であると言えます。

1-3.女性にモテる

男性であれば特に気になるのが女性からの目線です。ひげ好きな女性もいますが、多くの女性は男性のひげ、特に整えられていないひげは毛嫌いする傾向にあります。最も重要なのは”不潔”に見られないこと。

キレイにひげ脱毛をしたりアゴひげだけを残したりと整えることにより女性からモテる確率が高くなります。

ひげ脱毛のメリットについて具体的に挙げてきました。次の項目では実際にひげ脱毛をした際の後悔する事例、デメリットについても紹介していきます。

2.ひげ脱毛をして後悔する事例をチェック

ここでは、ひげ脱毛をした後に後悔したことについて挙げてみます。

2-1.肌荒れや火傷

よくある後遺症ですが、脱毛効果が高いとどうしても可能性として肌荒れや火傷のリスクが高まってしまいます。

脱毛する部位を冷やしたり脱毛器の出力を調整したりすることである程度回避することは可能です。しかし完全にリスクを0にすることは難しいです。肌質や毛質に合わせた施術をしていきましょう。

特にレーザー脱毛時の処理でこのような問題が起きる場合があります。

2-2.ツルツルになり過ぎてしまった

コチラは人によっては大成功なのですが、『ある程度薄くなれば良いかな。』程度に思っていた方には後悔する事例になります。

脱毛効果が高過ぎてツルツルになってしまった。ひげを生やそうと思ってもなかなか生えてこない・・・といった後悔です。この事を防ぐには事前にどのような完成形にしたいのか充分に吟味する必要があります。

2-3.レーザー脱毛後にマスクが必要になった

これは2-1に関わることではあるのですが、 脱毛後の肌荒れや火傷によって、男性でもとてもじゃないがしばらく人前で素顔を出せないという状態になる事があるようです。

学生であればしばらく家に引きこもることも可能ですが、社会人ならば働きに行かねばならず、結果マスクが必須になってしまいますね。

脱毛器の出力の設定や体質が原因だと考えられますが、肌の弱い人や不安に思う方はできるだけ刺激の少ない脱毛方法を選んでいきましょう。

ひげ脱毛をして後悔した具体例を挙げてきました。次の項目では実際にひげ脱毛をする有力な方法をいくつかピックアップしていきます。

3.ひげ脱毛の方法|特徴やメリットを紹介

ここでは実際にひげの脱毛をする方法を5つ紹介していきます。その5つとは

  • 脱毛エステサロン
  • レーザー脱毛クリニック
  • 脱毛ローション
  • 家庭用脱毛器
  • 毛抜きやピンセット

それぞれひげの脱毛に関連した特徴やメリット等を説明していきます。

3-1.脱毛エステサロン

ひげ脱毛をする脱毛エステサロンでは実は手法として2つの脱毛方式があります。光脱毛とニードル(針)脱毛です。

現在では一般的に多くのエステサロンで採用されているのが光脱毛方式で、簡単に説明すると光を当てて毛の黒い部分に反応し熱で毛根の細胞を破壊、もしくは休眠させるという手法です。

それに対してニードル脱毛は毛の一本一本に専用の細い針を指して電気を流し毛根細胞を破壊させる手法です。

光脱毛は安価でスピィーディーに処理できるというメリットがあります。デメリットは効果が弱い為、数回から数十回の施術が必要ということです。

ニードル脱毛のメリットは1回辺りの効果が非常に強く、永久脱毛効果が少ない回数で見込めます。また、ひげ脱毛特有の細かい処理に非常に向いているので、他の部位に比べ男性のひげ脱毛に最適だと考えられます。

デメリットとしては、人によっては強めの痛みを伴う。炎症が起こりやすい、時間がかかる等があります。

3-2.レーザー脱毛クリニック

クリニックで行う医療レーザー脱毛です。メリットは脱毛効果が高く、施術もスピーディ。永久脱毛効果も見込めます。体質にもよりますがおおむね5~6回の施術で毛が生えてこなくなるケースが多いです。

デメリットとしては、レーザーの威力が強い為、稀に火傷や肌荒れ等を起こすリスクがあることです。充分にチェックテストをしてくれるひげ脱毛の実績のあるクリニックを選んでいきましょう。

3-3.脱毛ローション

こちらは脱毛ローションというよりも、抑毛ローションとして販売されている物です。成分には主に『イソフラボン』が含まれています。女性ホルモンと似たような働きをする為、男性のひげを薄くする作用があるのではないかと言われています。

ただし、他の脱毛方法に比べ効果はかなり限定的に思われます。メリットとしては洗顔後やヒゲ剃り後に塗るだけという手軽さです。

3-4.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器には大きく分けて4つのタイプがあります。4つのタイプを順番に説明していきます。

①光脱毛タイプ

一般的に普及している物です。エステサロンで使われる光と同じタイプの物です。エステほどの高い効果は望めませんが使い続けることでひげが生えてこなくなるのを期待できます。

②レーザー脱毛タイプ

家庭用脱毛器の中でも少数ではありますが、病院で使われるレーザー脱毛と同じタイプの物があります。

ただし、出力や照射範囲等に大きく違いがあるので脱毛クリニックと同じような効果を得られると考えるべきでは無いです。光脱毛器よりも効果が高い程度に考えておくべきです。

デメリットとしては、1度の照射範囲が狭いので多少の手間と時間がかかることです。ただし、ひげの処理だけであれば処理する面積が狭いのでこのようなデメリットも気にする必要は無いかもしれません。

③サーコミンタイプ

熱線式と呼ばれるタイプの脱毛器です。毛を熱で溶かして処理するのでカミソリで処理したような毛の断面図にはならなく、ややマイルドな仕上がりになります。

ただし、ひげに使うのは熱を使うので安全上あまりオススメはしません。

④抜くタイプ

抜くタイプの脱毛器は最近では下火ではありますが、まだ販売が続けられています。こちらは毛を抜くのでパッと見仕上がりがキレイです。

ただし、顔に使うのはやはりオススメはできません。そして普通に抜くだけなので永久脱毛効果も期待できなく、ひげ脱毛で選ぶ理由としては根拠があまり無いと言えるでしょう。

3-5.毛抜きやピンセット

最もお手軽な処理がこちらです。毛抜きもピンセットも数百円程度で購入することができます。自分の好きな時間に処理できるというメリットもありますね。

ただし、一見仕上がりがキレイに見えますが、抜いた後に生えてくる毛が毛嚢炎や肌荒れを起こす可能性もあります。また、抜いても次にほぼ必ず同じ箇所から生えてくるのであまりオススメできた方法ではありません。

ひげ脱毛の方法について、いくつか紹介していきました。次の項目では、このひげ脱毛の方法の中から私がオススメするひげ脱毛の選び方を紹介していきます。

4.私がオススメするひげ脱毛の選び方

ここでは私がオススメするひげ脱毛特有の選び方について考えを述べていきます。

4-1.高い効果を望むならニードルorレーザー

ひげはムダ毛の中でも非常に強い部分です。きちんとした効果を得るには、やはり脱毛効果の高い方法が必要になってきます。

そこでやはり選択肢として挙がるのが、ニードル脱毛と医療レーザー脱毛です。どちらも効果は強いです。

ここでどちらを選べば良いのか?について1つの考え方を提示していくと、顔の肌の色が比較的白い方は医療レーザー脱毛を選ぶと良いです。

理由としてレーザーは毛の黒い部分に反応するので肌の色が白い人はレーザーによる脱毛がし易いからです。この事はレーザー脱毛自体を日焼けしていない時期、すなわち冬季に行う方が理想的であるとも言えます。

これに対してニードル脱毛は肌の色が全く関係ありませんので、地黒の方でも大丈夫です。またニードル脱毛に特に向いている方は、ヒゲの1本1本は濃くは無いが量が多いような方です。ニードル脱毛では産毛にも対応できるので、このような方には最適でしょう。

それでは具体的に医療レーザー脱毛のおすすめとニードル脱毛でおすすめのクリニックを紹介します。

4-1-1.医療レーザー脱毛でおすすめは湘南美容外科クリニック

具体的に医療レーザー脱毛でオススメのクリニックは、湘南美容外科クリニックです。数あるひげ脱毛ができる脱毛クリニックでも湘南美容外科クリニックを何故オススメできるのかと言いますと

  • 格安のヒゲ脱毛無制限コースの存在があること。
  • 痛みが少ないタイプの最新脱毛器を採用していること。
  • 2000年開院で歴史&実績があり全国に院を展開していること。

以上のことが挙げられます。

4-1-2.ニードル脱毛でおすすめはダンディハウスorメンズTBC

ニードル脱毛でオススメの脱毛エステサロンは、ダンディハウスとメンズTBCがあります。どちらも老舗中の老舗メンズエステサロンで共にニードル脱毛を採用している数少ないサロンになります。

安心度や技術の差にはそれほど差が無いように思われます。共にお試しキャンペーンを行っていますが、メンズTBCのお試しコースは現在1,000円なので、どんな感じなのか試してみると良いでしょう。

4-2.安全性を重視!トラブル回避は脱毛エステサロン

上記の項目の“ひげ脱毛で後悔する事例”で挙げた肌荒れや火傷リスクですが、既に肌の弱いと自覚している方は、ニードル脱毛やレーザー脱毛は避けた方が良いです。

このような方の場合は脱毛エステでの光脱毛が最適です。効果の高い方法に比べ出力が弱いので脱毛完了の回数がかかってしまいますが、肌トラブルを避ける為にはしょうがありません。

また、光脱毛エステは1回辺りの値段も安価なので多少回数が多くかかっても総額に大きな違いが生じないことも。

4-2-1.光脱毛のおすすめは脱毛ラボ

光脱毛のオススメ脱毛エステは、上述のダンディハウスもメンズTBCでも希望をすれば光脱毛を受けることが出来ますが、その他で現在特にオススメなのが、脱毛ラボブラックレーベルです。

女性で人気の脱毛エステの男性専門のサロンになりますがオススメの理由は

  • ヒゲ脱毛コースが格安の月額2980円
  • 痛みの少ない脱毛方法を採用
  • 全国に店舗を出店中で通いやすい。

以上の事がオススメできる理由です。

ここまで私のオススメ脱毛方法を述べてきました。次の項目では実際にひげ脱毛をする際に脱毛が完了する回数についてリサーチした結果を掲載していきます。

5.ひげ脱毛の完了する回数をチェック

ここではひげ脱毛が完了するまでの回数を脱毛方法別に見ていきます。ひげ脱毛が完了するとは、“おおむね太い毛が生えてこなくなった”程度の事ととらえて下さい。

また、肌質や毛質によって個人差が非常に大きいというのも頭に入れておいて下さい。産毛に関しては完了するまでに更に時間がかかるのでここでの完了回数に含んでおりません。 

5-1.ニードル脱毛の脱毛完了回数をチェック

ニードル脱毛での脱毛完了回数は最も個人差が大きいです。毛の1本1本を処理していくのと回数というよりも時間あたりや本数あたりで計算していきます。

おおむね1分間に5~10本程度の施術が可能

処理した毛であれば毛周期に合わせ3回程度の施術で脱毛が完了するケースが多いようです。ただし、1回の施術で処理できる部位が他の方法と比べ狭いので広範囲のひげを処理しようとするとそれなりに時間と、結果的に回数がかかってしまいます。

5-2.レーザー脱毛の脱毛完了回数をチェック

レーザー脱毛での脱毛完了回数の目安は

おおよそ5~6回の施術

と言われています。個人差は当然ありますが、おおむねこの範囲でかなりの効果を見込めるということです。

5-3.脱毛エステサロンの脱毛完了回数をチェック

脱毛エステサロンでの光脱毛器によるひげ脱毛では、レーザー脱毛の2倍~3倍の回数が必要になってきます。こちらも個人差がありますが

おおよそ10回~15回程度同じ箇所の施術

をして脱毛完了が見込めるということです。

ここまでひげ脱毛の完了回数の目安について説明してきました。次の項目では、ひげ脱毛で実際によく聞かれる質問についてお答えしていきます。

6.ひげ脱毛の気になるQ&A

ここではひげ脱毛の気になる情報と題して、ひげの脱毛豆知識を紹介していきます。

6-1.ほくろから生えているひげは脱毛できるの?

結論から申し上げるとサロンやクリニックにより対応がまちまちです。エステサロンの一部ではほくろの位置に白いシールを貼って光をあてるところもあります。また、ほくろの濃さや大きさでも対応がマチマチです。

考え方としては薄いほくろの部分はレーザー脱毛であればそのまま処理してしまい、結果的にほくろ自体も薄くなることもあります。濃いほくろの場合は、そのままレーザーを当ててしまうとほくろの色に反応しトラブルが生じる恐れがあります。

ほくろ自体はレーザーで処理できるのですが、脱毛用のレーザーとは使い方や処置が違います。気になるほくろの部分があるのであれば脱毛の前に事前にほくろの処理をクリニックに相談していくのが無難です。

6-2.ひげ脱毛の方法で痛くないのは?

ひげ脱毛は基本的に効果がある手法になればなるほど痛みが出てきます。比較的痛みが少なく効果も見込めるのは、光脱毛を使った脱毛エステです。

効果が強い方法で痛みを無くすには、医療レーザー脱毛の施術時に麻酔をしてもらうのも方法の1つです。この場合でも多少の痛みは伴いますが。

全く痛みの無いのは、除毛クリーム辺りでしょうか。ただし脱毛効果(脱毛持続)はありません。

6-3.ひげの毛周期はどのくらい?

毛周期とは毛全体の話でもありますが、成長期、退行期、休止期の3つのサイクルを繰り返すことです。

一般的な体毛の毛周期は2~3ヶ月程度と言われており、同じ箇所の脱毛の施術を2~3ヶ月空けて行うのはこの為です。

ただし、ひげの毛周期は一般に1.5ヶ月~2ヶ月程度と言われています。これに合わせ、ひげ脱毛の施術の間隔は狭くなりがちです。

7.まとめ

ここまでひげ脱毛全般の情報をお伝えしてきました。簡単にまとめていくと

  • ひげ脱毛には3つのメリットがある
  • 後悔しないようにトラブル回避!仕上がりのイメージを持つこと
  • 高い効果が望めるのはニードル脱毛やレーザー脱毛
  • 安全重視で行くなら光脱毛

です。ひげは毎日の手入れですので、脱毛をすることでメリットが多く得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です