今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

脱毛のやけどリスク/原因や予防、対処方法について解説

脱毛のやけどリスクについて説明していきます。

脱毛したいけれども、やけどのリスクが心配な方や、脱毛してやけど状態になってしまったけれども、どう対処して良いのか不安な方へ、脱毛でのやけどの原因と、もしやけどをしてしまった場合の対処方法について説明していきます。 

また、やけどリスクをなるべく減らす方法についても言及していくので、やけどが心配な方はぜひご覧下さい。 

1.脱毛でのやけどリスクは0にはならない

まず脱毛をする以上、残念ながら“やけどリスク”は“0”にはなりません。

『生えてこなくなる脱毛』の一般的な手法として、光脱毛やレーザー脱毛がありますが、2つとも、光やレーザーによる照射で毛の毛母細胞を熱による破壊、あるいは休眠させていくという手法なので脱毛効果が高い程、毛母細胞へのダメージを強くする必要があるので熱の力が強くなっていくのが一般的です。 

とは言うものの、脱毛が原因でやけどのような症状になるのは、“ごく稀”です。

ここでは、脱毛でのやけどリスクは0にはならないということだけを押さえておいて、次の項目では脱毛でのやけどの原因から順番に説明していきます。 

2.脱毛でのやけどの原因

脱毛のやけどで考えられる主な原因を3つ挙げていきます。

それぞれ1つだけ原因が独立している場合もあれば複数の原因が組み合わさっている場合もあります。

肌質や体質が合わなかった

肌に保湿性が低かったり、光アレルギーだったりする方は脱毛器の光やレーザーが合わなくやけどになりやすいと考えられます。

また、体質的には問題は無いが日焼けをしている方や地黒の方、皮膚の色素沈着が強い部分への脱毛器の照射で、やけどのリスクは上がってしまいます。

脱毛器の種類が合わなかった

こちらは、体質とも関係してくる場合がありますが、脱毛器の種類が合わなかったという事が考えられます。

光脱毛よりレーザー脱毛は脱毛効果がより高いのですがその分、熱のパワーも強いのでリスクも高まります。

また、レーザー脱毛の中でもレーザーの種類にはいくつかあり、熱をより発生させる物や熱をあまり発生させないレーザー方式の物まで様々です。

肌に合わせた脱毛器の選択が大事になってきます。

やけどリスクの少ない脱毛器の選択については後で説明していきます。

施術者の技術レベルが低い

こちらも、上記2つの原因とも密接に関わっていきますが、脱毛器の出力を調整する方や実際の施術をする方の技術レベルが低いと、適切な脱毛を受けることが出来ず、やけどリスクが高まってしまいます。

こちらの原因を回避する為には、脱毛施術の実績が多いサロンやクリニックを選んでいくことです。

以上3つの脱毛でのやけどの原因について述べていきました。

予防方法については、4.の項目でお伝えしていきます。

次の項目では脱毛でやけどが起こりやすい脱毛方法についても詳しく述べていきます。

3.脱毛でやけどが起こりやすい脱毛方法

軽く説明していきましたが、脱毛方法によってもやけどのリスクは変わっていきます。

基本的な考え方としては、脱毛効果が高いほどやけどのリスクは高まり、脱毛効果が弱い手法ではやけどリスクは少なくなります。

ここで言う脱毛とは、処理がある程度(回数を重ねて)完了したら生えてこなくなる脱毛を指します。具体的な脱毛方法としては、

  • ニードル脱毛
  • 光脱毛
  • レーザー脱毛

の3つを指します。

これらを脱毛のやけどが起こりやすいかどうかを基準にして説明していきます。

ニードル脱毛

古くからある永久脱毛の方法ですが、毛の1本1本に専用の針を刺し、電気を流し熱により脱毛していきます。

脱毛効果は非常に高いですし熱による処理なので当然やけどのリスクは存在します。

ただし、光脱毛やレーザー脱毛のように面での照射というわけではないので、機械の跡がつくようなやけどにはならないのが一般的です。

多くの場合、やけどになるとしても毛穴がプツプツと赤くなり炎症が起こる程度でしょう。

光脱毛

こちらは現在では最も主流な方法で、脱毛サロンでの施術ではほとんどがこの光脱毛を採用しています。

専用の脱毛器で毛のメラニンに反応する光を照射しその熱により毛母細胞を休眠、あるいは破壊させていきます。その時の熱でやけどのリスクがあるのです。

クリニックの医療レーザー脱毛と比べると出力自体が弱いのでやけどのリスクは低いと言えます。ただしこちらもリスクが0というわけではありません。

前述の脱毛でのやけどの原因のように、要素がいくつか噛み合うと起こることがあります。

レーザー脱毛

光脱毛と脱毛の仕方自体は似ています。メラニンに反応させ熱により脱毛していくのですが、光脱毛との違いは光の種類が違う点で簡単に説明していくと出力が大きいのです。

出力が大きいということは、脱毛効果が高いというメリットがあるのですが、それだけやけどのリスクは高まってしまいます。

ただし、こちらも実際にやけどが起こる可能性は低いです。

脱毛でやけどが起こりやすい脱毛方法について説明していきました。

やけどリスクの順番としては高い順に並べていくと、

レーザー脱毛>光脱毛>ニードル脱毛

以上のようになります。

ニードル脱毛に関しては、やけどのリスクはこの中では確かに少ないのですが、非常に強い痛みが発生することと、採用しているサロンが少ないこと、料金が高額になってしまうことから、あまりオススメはしていません。

次の項目では、脱毛でのやけどリスクを最低限小さくする方法を紹介していきます。

4.脱毛でのやけどの予防方法

脱毛でのやけどリスクは0には出来ないとはお伝えしていきましたが、ここでは『やけどリスク』を出来るだけ小さくする為の行動として4つの予防方法を提案していきます。

脱毛によるやけどが気になる、心配な方は全て自分で実践できる事ですから頭に入れておきましょう。

まずは小さい部位で脱毛を始める

いきなり知らないサロンやクリニックで全身脱毛をしてやけど状態になってしまっては範囲も広くダメージも大きいです。

根本的な予防にはなりませんが、まずはテストも兼ねて小さい部位、例えばワキ脱毛等から始めてみると良いでしょう。

実績や技術レベルの高いサロンやクリニックを選ぶ

施術者や設備のレベルの高いサロンやクリニックを選ぶことにより、多少は脱毛のやけどリスクを減らすことができます。サロン内での勉強会やノウハウの共有が行き届いているところを選んでいきましょう。

選び方のコツとしては、やはり店舗数の多いサロンや症例の多いクリニックです。

店舗数の多いサロンはミュゼプラチナムTBCです。

脱毛症例の多いクリニックでは湘南美容外科クリニックがあります。

やけどリスクの少ない脱毛器を使う

光脱毛にもレーザー脱毛にも脱毛器に種類があります。

やけどリスクを出来るだけ避けるのを最優先として考えると、脱毛サロンではSSC脱毛やハイパースキン脱毛。

脱毛クリニックでは、ダイオードレーザーを採用しているクリニックを選んでいきましょう。

共に、高熱が不要な脱毛器になるのでやけどのリスクを減らすことが出来ます。

です。

日焼けをしない

脱毛の手法の関係上、日焼けをしていると光やレーザーがメラニンに反応しやすくなりますから、やけどリスクが高まります。

脱毛前には特に日焼けをしないようにしましょう。

脱毛でのやけどの予防方法について述べていきました。

次の項目ではこれらをふまえて、私が考えるリスクを極限まで減らす方法について述べていきます。

5.私が考える脱毛でやけどリスクを減らす方法

脱毛でのやけどを出来るだけ回避しながらムダ毛をキレイに処理する方法として、脱毛サロンと脱毛クリニック別に私のオススメを紹介していきます。

オススメの基準は、

  • 店舗(院)の数がそれなりにあって実績充分なところ
  • やけどのリスクが少ない脱毛方法を採用していること

以上の2点に注目して選んでみました。

脱毛サロンでオススメはディオーネ

光脱毛の一種ですが、ハイパースキン脱毛と呼ばれる高熱を使用しない脱毛方法を採用しています。

敏感肌や地黒の方でも脱毛の受付をしているサロンなので、脱毛によるやけどリスクを極限まで避けることが出来るでしょう。

店舗数も全国に120店以上と実績も充分。

脱毛クリニックでオススメはリゼクリニック

リゼクリニックでは、ダイオードレーザーのライトシェアデュエットとメディオスターNext、ジェントルYAGと3種類のレーザー脱毛器を用意しており、肌質や毛質に合わせた施術が可能です。

この為、より適切な出力の脱毛が受けられるのと、やけどの心配が強い方の為に高熱や痛みを軽減した脱毛も可能です。

全国に12院とその他にも提携院があります。

サロンとクリニック、1つずつ挙げていきましたが、どちらに通っても問題無いと考えます。

よりリスクを最低限にしたいのであればディオーネでの脱毛の方が肌に優しいでしょう。

ここでは私のオススメ脱毛サロンとクリニックについてお伝えしていきました。

次の項目では、視点を変えて『既に脱毛を終えてやけどが起こってしまった場合』の対処方法について述べていきます。

6.もし脱毛でやけどが起こった場合の対処方法

ここでは、脱毛した後にやけどが起こってしまった最悪の事態を想定して、その対処方法について紹介していきます。

やけどの箇所を冷やす

まず、最も必要な事は患部を冷やすということです。やけどまでいかなくても軽く炎症を起こしている場合も含め、冷やしておくのは大事な事です。

特に、やけどを治す効果というよりも、これ以上悪化させないという意味で有効です。

紫外線を避ける

こちらは脱毛によるやけどが起こった直後~数日の場合を想定しての事です。

脱毛後の軽いやけど状態の肌は敏感になっているので、紫外線に弱いです。

この状態で紫外線にあたってしまうとやけどの症状が悪化したり跡が残りやすくなってしまったりすることがあるので出来るだけ日光を避けるようにしていきましょう。

ビタミンCを摂取

ビタミンCにはメラニンに対して期待できる効果が2つあります。

1つはメラニンの生成を防ぐ効果ともう1つは、メラニンを薄くする効果です。

この為、普段から摂取しておくのがベストではありますが、脱毛後にやけどをしてしまった場合に緊急的にでも良いのでサプリメント等で摂取していきましょう。

尚、ビタミンCは水溶性のビタミンなので大量に摂取しても必要の無い分は体外に排出されるので問題ありません。

脱毛を受けたサロンや医療機関に相談する

脱毛でのやけどの程度が酷い場合には、早急に脱毛を受けたサロンや医療機関に相談しましょう。

脱毛クリニックで脱毛の施術を受けた場合は、そのクリニックで診断を受けると良いです。

脱毛器で光を照射した直後にすぐにやけど状態になる場合もあれば、数時間経過してやけどの跡が薄っすらと見える場合があります。

いづれにしても何か異常を感じたら脱毛を受けたサロンやクリニックに相談してみましょう。

緊急性が高い場合は、関係の無い皮膚科での診察を受けて下さい。

7.まとめ

ここまで脱毛とやけどの関係性について述べていきました。

長く説明してきたので不安に思う方が多いかもしれませんが、基本的には脱毛で酷いやけど状態になるというのは非常に稀な事です。

あまりリスクを強く感じ過ぎても肝心の脱毛をすることができません。

ただし不安な気持ちもわかるのでなるべくリスクが少ない脱毛方法を採用しているサロンやクリニックを選んでいきましょう。

5.の項目でもお伝えしていきましたが、脱毛でのやけどリスクが少ない脱毛サロンは、ディオーネです。

脱毛クリニックでやけどリスクが少ないのは、リゼクリニックと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です