今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

脱毛前後の飲酒の危険性と飲酒した場合の対処法

脱毛に通うといろいろな決まり事が出てきます。その中でも、特に気をつける事で挙げられているのが「飲酒」です。一見、脱毛施術と飲酒は関係のないようにも見えますが、実際脱毛前後に飲酒をし体調不良や肌トラブルが起こった事例なども報告されています。

そこで今回は、なぜ脱毛前後の飲酒がNGなのか、肌トラブルを起こしてしまうその理由などを紹介していきたいと思います。

1.脱毛後に飲酒をしてはいけないと注意事項にある

まず脱毛を受ける際は、誰でも無料カウンセリングを受けなければなりません。カウンセリングでは、今の身体の状態や飲んでいる薬の有無、肌の疾患やアレルギーはないかなど、脱毛を受ける事が可能かどうか判断されます。

そして、脱毛に通う事が可能となった場合は、次に脱毛を受ける際の注意事項というものを伝えられます。特に重要視されるは「日焼けの禁止」「施術後の入浴禁止」そして「飲酒の禁止」です。

日焼けの場合、肌が黒く焼けていると、光脱毛やレーザー脱毛の光は黒い毛ではなく、黒い肌の方に強く反応してしまいます。脱毛機器は黒いものに反応する性質を利用して抑毛していくので、脱毛する際に肌が黒いというのは、場合によっては火傷をしてしまうのでとても危険な事なのです。

そして、施術後の入浴がなぜ禁止なのかというと、当日脱毛施術をした肌は刺激が加わりとてもデリケートになっています。そこで熱いお風呂に入り身体の体温を上げてしまうと、痒みなどが起こり肌トラブルを起こす可能性があるからです。施術当日はぬるいシャワーにするようにしましょう。

では、本題である脱毛施術後の飲酒はなぜ禁止なのか詳しく見ていきたいと思います。

2.脱毛施術後に飲酒をしてはいけない理由

ここでは、脱毛施術後に飲酒をしてはいけない理由や、飲酒をしてしまうとどのようなトラブルが起こり得るのか見ていきたいと思います。

2-1.脱毛効果が落ちる

脱毛施術後に飲酒をして身体の体温が上がってしまうと水分が蒸発して、肌が乾燥状態になります。脱毛中は肌を乾燥させてしまうと水分量が失われ脱毛効果が出にくくなってしまいます。

なぜ脱毛効果が出にくくなるかというと、水分がなく乾燥した肌は皮膚が硬くなってしまい照射した光が毛根まで上手く届かず、きちんと光が当たっていないので、結果的に毛が抜けない状態になってしまいます。

2-2.痒みや湿疹など肌トラブルを起こす

飲酒をして身体の体温を上げてしまう事で血行が良くなり、脱毛した施術部位に痒みや湿疹が起こったりします。

光を照射した肌は思っている以上に刺激が加わっているので、ちょっとした事でも肌トラブルに繋がってしまいます。

では、次に飲酒は脱毛施術後だけ控えれば良いのか、施術前なら飲んでも良いのか見ていきたいと思います。

3.脱毛後だけではなく、脱毛前も飲酒をしてはいけない

上記のように、脱毛施術後に飲酒をしてはいけない原因は分りましたが、では脱毛施術前であれば飲酒をしても大丈夫なのか疑問に思いますよね。

実は、脱毛施術前に飲酒をしても、下記のようにいろいろなトラブルが起こってしまう場合があるので避ける方が良いと言えるでしょう。

3-1.気分が悪くなる

お酒を沢山飲んだ状態で脱毛を受けると、気分が悪くなったりして場合によっては吐いてしまう事もあります。脱毛は肌に刺激を与えてしまうので、少しの事でも身体が敏感に反応してしまうので気をつけなければいけません。

3-2.肌が敏感になり肌トラブルを起こしやすくなる 

脱毛施術前に飲酒をすると、身体の体温が上がり肌も火照ってきます。その状態で光を照射すると、肌が敏感に反応して痒みや赤み、腫れの原因となりトラブルを起こしやすくなります。

3-3.大人の女性としてのマナー

お酒を沢山飲んだ後に脱毛を行うと、施術室にもお酒の匂いが広がり、スタッフや周りのお客さんにも迷惑を掛けてしまう場合があります。

沢山の人が通うサロンなので自分だけ良ければ良いという考えではいけません。大人の女性としてのマナーが問われます。

では、脱毛にはいろいろな脱毛方法がありますが、全ての脱毛方法で飲酒をしてはいけないのか見ていきたいと思います。

4.どの脱毛方法でも飲酒は避けるべき

上記のように、光脱毛やレーザー脱毛など光を照射する脱毛方法では、施術前後に飲酒をすると肌トラブルを起こしやすくなるという事が分りました。

では、電気脱毛やワックス・クリーム脱毛などの場合は飲酒をしてもNGですが、少し具体的に見ていきたいと思います。

4-1.電気脱毛

電気脱毛とは、一昔前の主流の脱毛方法です。毛穴の1つ1つにプローブという針を差し込み、そこに微弱電流を流す事で毛根を破壊し脱毛をしていきます。

電気脱毛の場合は、特に施術前日の飲酒に対しての決まりはありませんが、施術後は光脱毛などと同じように、身体の体温が上がると肌トラブルを起こしやすくなるので禁止となっています。

(参考:TBC公式ページ

4-2.ワックス・クリーム脱毛

脱毛には、脱毛機器を使用するものだけではなく、ワックスやクリームを使用した脱毛方法もあります。脱毛機器を使用していないので、ワックスやクリーム脱毛の場合は飲酒をしても大丈夫ではないかと思う人も多いかもしれません。

しかし、ワックスやクリーム脱毛後は、体調が万全な人でも赤みや痒みが出てしまう事が多くあります。

只でさえ赤みや痒みが出やすい状態なのに、飲酒をすると更に身体の体温を上げてしまい状態も悪化してしまいます。

ですから、ワックスやクリーム脱毛の場合も施術後の飲酒は禁止となっています。また、施術前の飲酒の決まりはありませんが、ワックスやクリーム脱毛の場合は、赤みや痒みが他の脱毛方法よりも出やすいので飲酒は避けた方が良いでしょう。

(参考:ブラジリアンワックス公式ページ

では、脱毛施術前後に飲酒を避けた方が良いという事は良く分りましたが、どのくらい時間を開けたら良いか詳しく見ていきたいと思います。

4.飲酒する場合、脱毛前後はどれくらいの時間が必要か

中にはお酒が大好きもしくは仕事の都合等で飲酒が避けられない場合もあると思います。一体どれぐらいの時間をあければ大丈夫なのでしょうか?詳しく解説します。

脱毛サロンにカウンセリングにいくと、脱毛の施術前後の飲酒は、一般的には身体からお酒が抜ける12時間は開けるようにと言われます。

ですから、脱毛施術日の前後2日間くらいは、お酒を控えるようにしましょう。2日間我慢する事で、肌トラブルも避ける事ができるので綺麗になる為ならこれくらいの我慢は必要です。

では、次にもし飲酒をしてはいけない事を忘れてしまって、脱毛施術前後に飲酒をしてしまった場合に気をつける事を見ていきたいと思います。

5.飲酒をしてしまった場合の対処法

脱毛施術を受けた後にうっかり飲酒をしてしまったという事もあるかもしれません。そのような時は、どのようなところに気をつけておけば良いのか見ていきたいと思います。

5-1.肌トラブルを起こしていないかチェックする

まず、間違えて施術後に飲酒をしてしまった場合は、施術部位に赤み、腫れ、湿疹、痒みなどの肌トラブルを起こしていないか確認してみましょう。

万が一、赤みや腫れを起こしている場合は、アイスロンで10分くらい冷やしましょう。アイスロンがない場合には、冷たいタオルなどでも可能です。

痒みや湿疹が起きている場合には、手で触れてしまうと更に悪化してしまう可能性があるので、あまり触らず様子を見て、それでも酷くなるようでしたらお医者さんに診てもらうと良いでしょう。

5-2.いつもと体調に変わりはないか

もし施術後に飲酒をしてしまったら、いつもと体調は変わりないか、吐き気など具合が悪くないかチェックしておきましょう。

また、施術前でしたら、できれば肌トラブルが起きる前に他の曜日に予約を変更する対応をする事をオススメします。

店舗にも迷惑を掛けてしまうので脱毛に通っている時は体調を万全にするなど自己管理をきちんとしましょう。

では、次に脱毛に通っている最中はどのようなことに気をつける事が大切か見ていきましょう。

6.脱毛を行う前は体調を万全に備える必要がある

せっかく高いお金を出して脱毛に通っても、体調が万全ではなく効果も出ないのであれば正直勿体ないですよね。

そこで、飲酒の他にも脱毛に通う際にはどのような事に気をつければ良いか見ていきたいと思います。

6-1.肌を乾燥させない

脱毛施術を受ける際、肌が乾燥していると脱毛効果が出にくい場合や、施術中に痛みを感じやすくなります。

その理由は、お肌が乾燥して肌のバリア機能が低下すると敏感肌になってしまい外部からの刺激で肌が弱り悪影響が出てしまうのです。

また、脱毛の施術後は更に肌は乾燥しやすくなるので、常に化粧水やローションで保湿を心掛けましょう。

6-2.日焼けをしない

上記でも少し触れましたが、光脱毛やレーザー脱毛の場合は黒いものに反応するという性質があるので、肌が黒いとそこに反応して火傷を引き起こしてしまう場合もあります。

脱毛に通っている間は日焼け止めクリームを使用するなど、特に日焼けをしないようなケアが大切になってきます。

6-3.薬の服用に注意する

薬を服用している時に脱毛施術を行うと、副作用が出てしまう可能性もあるので、普段から飲んでいる薬がある場合には、きちんとカウンセリングの時にスタッフに伝えましょう。

また風邪薬などの場合は事前に飲んでも大丈夫か店舗に問い合わせておくと安心です。

6-4.睡眠をしっかり摂る

脱毛施術を行う際は少なからず肌に刺激を与えてしまいます。特に体調が万全ではない時に施術を行うと、赤みや湿疹、腫れなどの肌トラブルを起こしてしまう場合もあります。

ですから、施術前後はきちんと睡眠を摂り身体に疲れがなく万全な体調で臨めるようにしましょう。

7.まとめ

脱毛の施術前後に飲酒をしてしまうと、脱毛の効果が落ちてしまったり、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

脱毛も決して安い金額ではないので、1回1回の施術を無駄にせず万全な体調で施術に臨むように心掛けましょう。

また、施術前後に飲酒をする場合には、必ず12時間は開けるようにして下さい、脱毛の予約を入れる際、予めお酒を飲む日程が分っている場合には、その付近を避けて予約を入れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です