今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

脱毛の失敗例と対処法を解説。失敗が少ない脱毛方法を紹介

『脱毛をしたい!』と思って慎重な人であれば次に思い浮かぶことが、“脱毛の失敗”ですね。脱毛の失敗には様々な事があります。

  •  単純に自己処理での脱毛時に失敗したのか?
  • 脱毛エステに通って失敗したのか?
  • 脱毛効果が全く無くて失敗と感じたのか?
  • 脱毛の複数回コースに申し込んだが契約を間違った・・・

等と様々なケースが考えられます。今回の記事では脱毛の失敗例を様々な角度から取り挙げていきます。また、失敗の可能性の低い脱毛方法はドレなのか?合わせて紹介していきます。是非最後までご覧ください。

1.脱毛方法別の失敗例と対処法

ここでは脱毛方法別に失敗例を挙げていきます。それぞれ、失敗の種類が異なりますので脱毛をする前の注意点として参考にしてください。

1-1.脱毛エステでの失敗例と対処法

脱毛エステでの失敗例としてよく挙がってくるのが以下の通りです。

<脱毛効果が物足りなかった>
これはエステでの脱毛なので安全性を加味して脱毛器の出力が弱いことから起こります。個人差はありますが、きちんと脱毛効果を得ようとすると同じ箇所を12回程度の光を照射しないといけない場合もあります。

<光脱毛による火傷、皮膚トラブル>
クリニックに比べ光の照射力は弱いのでトラブルの可能性は低いのですが、稀に、光アレルギーや肌が敏感な方、エステティシャンの技術力不足により、火傷や皮膚トラブルが起こる失敗例があります。きちんとカウンセリングや照射テストを行うエステ、実績のある脱毛エステを選んでいきましょう。

<脱毛効果を得ようと想定より追加の費用がかかる>
上述の脱毛効果が物足りないという例とかぶってしまいますが、希望の脱毛効果を得ようと思うと最初に申し込んだコースにプラスして追加で任意の回数のコースを申し込みしなくてはなりません。その為、想定よりも追加で費用がかかってしまったという失敗例です。

この失敗を回避するには、回数無制限のコースや脱毛エステでは月額制というプランの検討をすると良いでしょう。

<脱毛エステの倒産>
一時期、脱毛エステの倒産が問題になったことがありました。回数無制限コースで申し込んでも翌月脱毛エステ店が倒産していた・・・・なんてことも。

こればかりは100%安全というお店は存在しないかもしれませんが、より倒産の危険性が低い脱毛エステは存在しますね。それには、ある程度知名度のある脱毛エステを選んでいくと良いでしょう。近所の個人店の脱毛エステは、倒産の可能性がやや高いかもしれません・・・

<予約が取れづらい>
脱毛エステの中には、人気店で予約が取れづらいお店があります。お店や近くの店舗の地域にもよるのですが、数ヶ月待ちという事も。特に土日しか通えないという方は他の方の予約とかぶる可能性が高いので、注意が必要。必ず申し込み前に予約の混雑状況等の確認を取るようにしましょう。

<勧誘がしつこかった>
最近では全体的に少なくなっていますが、やはり向こうも商売。お試しコース等で実際に脱毛の施術を受けた際に、高額なコースをしつこく勧誘されてつい申し込んでしまった・・・等という失敗例はよく聞きます。

お誘いとしつこい勧誘というのは、本人の受け取り方でも違ってきますが、申し込みの気が無いコースはきちんと断る勇気を持ちましょう。

1-2.脱毛クリニックでの失敗例と対処法

医師の元での施術で脱毛を行う際にも国家資格を持った看護師が機器の調整を行う為、トラブルというのは少ないですが、脱毛器の威力が強いので失敗の可能性は100%回避することはできません。ここでは脱毛クリニックでの失敗例を挙げていきます。

<レーザー脱毛での火傷、皮膚トラブル>
こちらもエステと同様に火傷や皮膚トラブルの失敗例があります。レーザーの威力が強過ぎたり、皮膚が弱かったりすることで起こります。多くのクリニックでは実際に照射する前にテストを行います。

この失敗を回避するには、やはりクリニックの実績だと考えます。実績が高いクリニックは「湘南美容外科」「アリシアクリニック」「渋谷美容外科クリニック」「フェミ―クリニック」あたりです。何かトラブルが起きたり、前兆のような物を感じたりしたら、すぐに医師に相談してみましょう。

<痛みが強くて耐えられない>
レーザー脱毛は痛みが強いのが特徴です。痛みに関しては個人差がありますが、人と部位によっては耐えられないという方もいます。脱毛クリニックでは麻酔等の対応もしています。

事前にどのような麻酔が対応しているのか?確認しておきましょう。

1-3.家庭用脱毛器での失敗例と対処法

家庭用脱毛器は手軽にいつでも使えるというメリットがありますが、やはり使い方次第で失敗例というのが存在します。よくある失敗例を挙げていきます。

<火傷や皮膚トラブル>
脱毛エステや脱毛クリニックの脱毛器に比べると安全性を高める為、出力が弱い設定になっています。しかし、使い方や肌質、毛質の影響で火傷や皮膚トラブルを起こす可能性があります。

かならず説明書にある通りに使用することと、事前に目立たない箇所で照射テストを行うことをオススメします。また、照射前後に皮膚の火傷リスクを減らす為に冷やすことも有効的です。

<脱毛効果を得るのに時間がかかり過ぎた>
家庭用脱毛器という性質上やむを得ない例ですが、やはり満足いく脱毛効果を得るには時間がかかるのが一般的です。こちらも肌質、毛質により個人差があります。気長に使っていくのがコツです。

<すぐに壊れてしまった>
家庭用の電気機器で考えられるトラブルはこの故障ですね。国産の脱毛器であれば最低1年間の無料保証期間が付いているので確認してみましょう。

1-4.脱毛クリームでの失敗例と対処法

除毛クリームとして出回っている脱毛クリームですが、こちらも失敗例が存在します。

<肌トラブル>
薬剤のアレルギーや敏感肌の方の場合には肌トラブルを起こすことも。また、生理中や妊娠、出産前後で肌が敏感な時期は誰でもトラブルを起こす可能性が高くなるので使用を控えることです。

対策としては、通常の使用時も使用の前に必ず目立たない箇所でパッチテストを行うこと。敏感な部位には使用を控えることです。

<匂いで具合が悪くなる>
脱毛クリームは特有の匂いがします。問題無い人も多いのですが、この匂いを嗅ぐと具合が悪くなる人がいます。そのような方は使用を控えるか、換気の良い場所での使用をオススメします。

1-5.ワックス脱毛での失敗例と対処法

ワックス脱毛の失敗例を挙げていきます。ここでは自分でワックス脱毛をした場合の失敗を想定しています。

<処理残しをする>
上手く使用しないと処理しきれない事があります。コツはワックスを薄く均等に塗ること。毛の流れと逆方向に勢いよく剥がすこと。剥がす時に手加減するとキレイに処理できません。

また、ムダ毛をある程度の長さ(1センチ以上)を残しておくと処理がキレイにいきます。それ以下だとワックスがムダ毛になじまなく上手くいきません。

<皮膚を剥がしてしまう>
めったに無いことですが、皮膚を剥がしてしまうこともあるようです。誤った使用方法や、皮膚が極端に薄く弱い人は要注意

<皮膚トラブルを起こす>
ワックス脱毛で処理した後は、皮膚が敏感になっている為、すぐの入浴等で雑菌が皮膚に入ってしまう恐れがあります。入浴する場合はキレイに洗うこと。

また、心配な場合は脱毛後に消毒することをオススメします。アフターケアに保湿してあげることも大事です。

1-6.毛抜きやカミソリでの自己処理の失敗例と対処法

ここでは自己処理全般の失敗例を挙げていきます。

<皮膚の炎症を起こす>
毛抜きやカミソリで処理をすると皮膚に炎症を起こすことがあります。必ず処理した後は保湿等のケアをしていきましょう。

特に毛抜きの場合には炎症を起こしやすいので消毒も合わせてしていきましょう。

<肌を傷付ける>
自己処理の場合はどうしても肌を傷付けてしまいます。入浴中の処理は毛が柔らかくなるので処理しやすく、肌を傷付けづらくなるのでオススメです。

<埋もれ毛を作る>
自己処理では、皮膚の内側を毛が移動する“埋もれ毛”が発生しやすくなります。埋もれ毛が発生するとそこが炎症を起こし、色素沈着等の跡が残ることも。これは、防ぎようが無いので出来れば自己処理に頼らない方法で処理しましょう!

ここまで脱毛方法別によくある失敗例を挙げてきました。次の章では、部位別によくある失敗例を紹介していきます。

2.部位別のよくある失敗例

ここでは主に脱毛エステやクリニックでの脱毛を想定して部位別の失敗例を挙げていきます。どれも注意が必要なことです。

2-1.ワキ脱毛での失敗例

<肌が荒れる>
脱毛エステやクリニックで処理を行った場合に脱毛の施術後、肌が荒れることがあるようです。保湿やケアを充分に行いましょう。また、肌が荒れた状態で次の脱毛の施術を行うと黒ずみの原因になってしまうことも。

<臭いがするように>
ワキ脱毛をした後に、臭いが気になるようになった。ワキガなのかも?という感想を持つ方もいます。ワキ脱毛をしたからと言って、臭いが軽減されることはあっても、臭いが強くなることは理論的にはありえません。

ただし、毛がキレイに処理されたことにより、汗や臭いがより気になるようになったという感覚的な事としては存在するようです。制汗剤等でのケアで対処しましょう。

<汗を多くかくようになった>
こちらもエステやクリニック、脱毛器でワキ脱毛をしたからと言って汗を多くかくようになるということはありません。どちらかと言うと、毛根を破壊する時に汗腺も破壊する事があるので理論的には汗の量は減ることが多いです。

ただし、こちらも毛がキレイに無くなることにより、今まで毛で留まっていた汗を遮る物が無くなることにより汗の存在を感じやすいということがあります。汗止め等の制汗剤を使うようにしましょう。

<カミソリでの処理は傷を付けやすい>
ワキの形状は凹んているので、カミソリでの処理は難しく処理しづらいですね。肌を傷つけてしまうことも多々あります。

充分に注意して行うか、やはりエステやクリニックでもう生えてこなくなる脱毛を行いましょう。

2-2.顔の脱毛での失敗例

身体の脱毛は特に一般的になってきて気軽に受けることができますが、顔の脱毛には注意が必要!失敗例を上げていきます。

<顔が赤くプツプツと腫れた>
光やレーザー脱毛により、毛穴の付近から炎症を起こしプツプツと赤くなってしまうことも。光の照射が強すぎたことや、敏感肌、アレルギー等原因が様々です。

<肌荒れからニキビ跡のようになった>
上記の事をほっておくと、最終的にニキビ跡のようになってしまうことも。

<色素沈着が起きた>
肌荒れが起こった状態でレーザー脱毛や光脱毛をすると、そのまま色素沈着が起こることも。軽い火傷と近いのですが、特に注意が必要。

2-3.VIOライン脱毛での失敗例

VIOラインでも失敗例が報告されています。一例を挙げていくと。

<炎症を起こす>
デリケートな部分なのでエステやクリニックでの脱毛による光の刺激を受けやすいのです。Vライン脱毛は特にトラブルの可能性が低いのですが、IラインやOラインの脱毛は肌が敏感だったり粘膜に近い部分だったりするのでトラブルが起こりやすいです。

<ハイジニーナにしてしまった>
失敗例に含まれるのか微妙なところではありますが、VIOラインをツルツル(ハイジニーナ)永久脱毛状態にしてしまった。という方で、その時は良いのですが数年後、結婚等で状況や環境が変わったりしてハイジニーナ状態に不満が起きることがあります。

一度永久脱毛の状態になってしまうと新しく生やすことは困難です。ですので、特にVIOラインの永久脱毛をする前には充分に検討して行いましょう。※現在では陰毛のウィッグが販売されているのでどうしても必要な方は付けてみるのも良いでしょう。

<カミソリでの自己処理は危険>
特にデリケートな部分なのでカミソリでの処理は傷をつけたり肌が荒れたりとトラブルの原因ともなり危険です。

2-4.襟足の失敗例

襟足は少し特殊な箇所です。よくある失敗例の中で説明していきます。

<髪の毛と判断されると脱毛できない事も>
襟足は、うなじの産毛部分を指すのか髪の毛を指すのかで対応が変わってきます。髪の毛であると判断されると脱毛エステやクリニックでは施術できないことも。

産毛であれば、ほぼ間違い無く脱毛することができます。こちらは本人の生え方や毛質によっても変わってくるのでカウンセリング時に確認しましょう。

<日焼けしているので脱毛不可>
普段髪の毛をアップしている状態でいることが多いと、特に夏の間に日焼けをしてしまい脱毛が出来ないという状態になることも。元の肌が地黒の方は特に注意が必要。

脱毛を受ける前の数週間は髪の毛を下ろした状態で日に当たらないようにしましょう。

2-5.髭脱毛の失敗例

ここでは男性の髭脱毛の失敗例を挙げていきます。

<とにかく痛い>
クリニックの医療レーザーやエステのニードル脱毛は特に痛みが強いのが特徴。男性の場合は基本的に痛みに弱い傾向があります。痛み対策をしてくれるサロンやクリニックに通いましょう。

<キレイに処理し過ぎてしまった>
髭の永久脱毛をしてしまった場合、時間が経過し髭を生やしたいと思うようになっても当然ながら出来ません。

充分に深く検討してから髭の脱毛を”どの程度”するか決めましょう。

<形が気に食わない>
男性の髭脱毛の場合には、好みに応じて髭のデザインをするために、ある部分は残して他の部分は処理!というようにします。しかし思うような形にならないことも多いです。

デザインにこだわるのであれば、毛の1本ずつ処理できる脱毛エステのニードル脱毛をオススメします。

2-6.全身脱毛コースでの失敗例と対処法

ここでは全身の脱毛をしたい場合。クリニックやエステで全身コースを申し込んだ場合の失敗例を挙げていきます。

<複数回コースに申し込んだが脱毛の完了ができない>
エステやクリニックでは最初に複数回のコースに申し込んだが回数分の処理をしてもまだ毛が生えてくるという状態の失敗例があります。

最初からある程度の回数の申し込みをすることでトータルでは安く脱毛することが出来ることがあるので毛質に合わせたカウンセリングを受けましょう。

<複数回コースに申し込んだが途中で生えなくなってしまい残りのコースが勿体ない>
こちらは上記とは別に、脱毛が完了しやすい体質の方でよくある失敗例です。基本は最初に払ったコースの申し込み金額は残りの回数が残っていてもそのままです。

この場合は有効期限等も加味しながら、契約期間内で少し時間を置いて施術を受けましょう。時間を置いている間にまたムダ毛が生えてくる可能性があるからです。

<月額制だが脱毛完了の終わりが見えない>
最近では、脱毛エステで全身脱毛の月額制プランというのがあります。こちらは1ヶ月1回~2回と回数が決まっており、気軽に通えるというメリットがあります。

ただし、全身脱毛を行うとすると脱毛エステなのでかなりの回数が必要です。同じ箇所を10回以上だと、1年~2年くらい掛けてやっと全身脱毛が終わるという流れです。この為、途中の段階で脱毛完了の終わりが見えないと、解約してしまう方が多いのも現実です。最初から失敗しないように効果の高い脱毛方法を選んでいくのも選択肢の1つです。

ここまで部位別の脱毛失敗例を挙げてきました。次の項目では、更に契約や接客での失敗例を挙げていきます。

3.契約や接客でのよくある失敗例   

ここでは契約や接客態度等を含めた失敗例を挙げていきます。

3-1.複数回コース申し込みの解約時のトラブル

例えば6回脱毛コース等でクリニックでの申し込みをしていた場合。例えば、途中で引っ越しが決まって通えなくなった時に、解約&返金できないクリニックというのが存在します。

この場合はどうしようもありません。ただし、途中返金や解約に応じてくれるクリニックもあります。最初の申し込みの前に解約対応の有無を確認すると安心ですね。

また、大手の脱毛エステやクリニックでは全国に店舗がある場合、転居先で通えるエリアであれば、そこの土地で続きを受けられる場合がほとんどです。ただし個人店のようなところは難しいですね・・・

3-2.接客が悪いので解約したい

こちらもよくある失敗例としてあります。脱毛エステの場合であれば、クーリングオフ制度が適応されます。クーリングオフは契約日から8日以内の申し出が必要です。

適応のコース条件としては、契約期間が1月以上、5万円以上のコースです。8日以上の日数を過ぎた場合では、強制的な解約が厳しくなります。

また脱毛クリニックの場合は、クーリングオフの適応対象外になります。ただし、独自に解約や返金に応じてくれる医療機関もあるので申し込みの前に確認しておくと良いでしょう。接客の場合には、運がかなり影響もします。お店全体が悪いのか、たまたま担当者が合わなかったのか様々です。

脱毛エステ等ではお試しコースもあるので接客面についてもチェックしておくと良いでしょう。

3-3.効果を感じられないので解約したい

複数回コースを申し込んだが、何回脱毛の施術を受けても効果が感じられない。そのような方も一部にはいます。

さすがに、全く効果を感じないという人は少ないかと思いますが・・・残念ながらこの場合の解約は難しいです。

ここまで脱毛の失敗例について述べてきました。次の項目では失敗しない脱毛方法は何か?私の考えを述べていきます。

4.私が選ぶ失敗の少ない脱毛方法は脱毛クリニック

失敗しない脱毛方法はあるのか?これに対する考えですが、『100%失敗を回避する脱毛方法はありません。』残念ながら事実です。

ただし、失敗を回避する確率の高い脱毛方法はあって、やはりそれは『脱毛クリニック』での脱毛だと考えます。失敗例は上記にいくつも提示してきました。

脱毛クリニックでの脱毛は、これら全てを回避するというわけではありませんが、他の方法に比べ優れている点を挙げていくと。

  • 最も脱毛効果が高い手法であること。
  • 医師による施術で最も安全性が高いこと。ケアも充実。
  • 料金体系が明瞭であること。

以上の事があります。必ずしも万能なわけではありませんが、クリニックによる脱毛が最も失敗の少ない脱毛方法だと言えるでしょう。

私のオススメ脱毛方法がクリニックによる脱毛だと伝えてきました。次の項目では実際に、各脱毛クリニックでは想定される失敗に対する対応をどの程度行っているのか?対応状況を調査しました。

5.人気脱毛クリニックでの失敗リスク対応状況

ここでは人気脱毛クリニック3店舗をピックアップし、考えられる脱毛失敗リスクに対し、具体的に対処している事について掲載していきます。

5-1.湘南美容外科の失敗リスク対応

  • 医師による迅速なトラブル対応が可能
  • 途中解約、返金対応可
  • 太い毛と細い毛の両方に対応可能な2種類の脱毛器を採用で脱毛効果が高い。
  • 照射漏れに対する無料安心保証制度有り

湘南美容外科クリニックはコチラ

5-2.アリシアクリニックの失敗リスク対応

  • 痛みの少ない脱毛器を採用
  • 医師による火傷等トラブルの迅速対応
  • 当日キャンセル無料
  • 肌質が不安な人に。テスト照射無料
  • 解約手数料無料

アリシアクリニックはコチラ

5-3.渋谷美容外科クリニックの失敗リスク対応

  • 予約が取りやすい独自システム
  • 施術後の抗炎症クリームでケア
  • 冷却ガスで痛みが少ない
  • 専門ドクターによる安全性の徹底管理
  • 丁寧なカウンセリングを実施

渋谷美容外科クリニックはコチラ

6.まとめ

脱毛の考えられる失敗例についていくつか紹介してきました。事前に失敗を回避できる事も多いはずです。とは言え、そこまで神経質にならなくても良いでしょう。

脱毛効果が高く、失敗のリスクが少ないのは、やはり脱毛クリニック。事前に自分がどの失敗リスクに該当するか考えながら予約や申し込みをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です