今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

1回目で脱毛効果は出るの?効果的に脱毛する方法を徹底紹介

脱毛を始めて、最初に気になることと言えば「脱毛効果」ですよね。 

しかし、毛量や毛質には個人差があるので、どれくらい効果が出ているのか良く分からないという人もいるでしょう。

実際、自分だけ脱毛効果が出ていないのではないかと悩んでいる人も少なくないと思います。

そこで、今回は1回目の脱毛にスポットを当てて検証していき、効果的に脱毛する方法なども紹介していきたいと思います。

脱毛効果について悩んでいる人は是非参考にしてみて下さい。

1.1回目では脱毛効果は出にくい※個人差あり

まず、はじめに1回目できちんと脱毛効果は出るものなのか、脱毛施術の流れも見ながら検証していきたいと思います。 

<施術の流れ>

  1. ムダ毛に特殊な光を照射して脱毛施術を行う
  2. 施術してから約2週間前後で、脱毛効果のあった毛が徐々に抜け落ち始める。
  3. 1カ月くらい経つと、脱毛効果のあった毛は全て抜け、残った毛は脱毛効果のなかった毛ということになる。
  4. 毛が全て抜け落ちてから2~8週間前後で新しい毛が生え始める

このように、多少の個人差はありますが、施術した後は、2週間前後で脱毛効果のあった毛は抜け落ち始めて、最終的に8割以上の毛が抜けていたら脱毛効果はきちんと出ていたと判断して良いでしょう。 

では、1回目の脱毛できちんと脱毛効果は出るものなのでしょうか?

実際には、個人差やその時の体調によっても変わってきますが、きちんと脱毛効果が出る場合もありますし、1回目では脱毛効果が出にくい場合もあります。

なぜ脱毛効果が出にくいのか、それには3つの理由があります。

1-1.光脱毛とレーザー脱毛では脱毛効果に違いが出てくる

まず、脱毛器の機種によっても違いが出てきます。

光脱毛もレーザー脱毛も肌に直接光を照射するという部分では同じですが、光脱毛よりも、レーザー脱毛の方が照射する光のパワーが強いので、毛根にもしっかり熱が届き脱毛効果が表れやすくなります。

1-2.1回目の施術の際は光の出力が弱く設定されている

多くの脱毛サロンやクリニックでは、脱毛1回目は照射する光のパワーを弱く設定して施術を行っています。

なぜ、光のパワーを弱く設定するの?と思うかもしれませんが、初回から光のパワー強く設定して肌トラブルを起こしてしまっては大変です。

最初は光を弱く照射して、肌が慣れてきたら少しずつレベルを上げていきます。ですから、1回目は必然的に脱毛効果が出にくいといっても良いでしょう。
(光のパワーが弱いからといって全く脱毛効果が出ないという訳ではありません)

1-3.成長期の毛ではなかった場合

毛には「成長期」「退行期」「休止期」という毛周期があり、部位よってその周期は変わってきます。

毛周期

毛周期のイメージ図

例えば、ワキであれば成長期は3カ月~5カ月、休止期も3カ月~5カ月となります。

光を照射して脱毛効果を得るには、毛母細胞の働きが活発な成長期の毛に働きかけなくてはなりません。

逆に、毛母細胞の働きが弱まっている退行期や休止期の毛に光を照射しても脱毛効果は得られません。

もし1回目の時に全く脱毛効果がなかった場合は、たまたま毛が退行期や休止期だった可能性が高いです。

では、次に1回目と2日目で脱毛効果や肌トラブルなどに違いがあるのは何故か見ていきたいと思います。 

2.1回目と2回目で脱毛効果や肌トラブルに違いがあるのは何故?

脱毛を始めて、1回目と2回目では脱毛効果や肌トラブルに違いがあったという人も少なくないと思います。

そこで、1回目と2回目の脱毛ではどのような違いがあったのか、実際の体験談を「ヤフー知恵袋」で見てみたいと思います。

現在レーザー脱毛をしているのですが、1回目にやった際は毛が全部なくなりツルツルになったのですが、2回目やった際は毛が半分ぐらい残っていました
(出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13163787448

一回目に脱毛をしたときは平気だったのですが二回目に脱毛したときに担当が下手な人に変わったせいか、肌が弱い?のか…毛穴が赤くなって5日間ぐらいものすごい痛痒くなりました。
(出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1291278667

1回目は施術を行ってから抜けた実感が明らかにありましたが、2回目は全くなにも抜けずむしろ生えてきました。
(出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11165348866

体験談を見てみると、1回目は脱毛効果があったのに、2回目はあまり効果が出なかったという意見もありますね。

また、2回目の方が肌トラブルを起こしてしまったという人もいますね。

2-1.毛周期の違いが脱毛効果やトラブルに大きく関係している

このような場合、上記で少し説明しましたが、まず脱毛効果の違いには毛周期が大きく関係していきています。

1回目は成長期の毛にしっかり照射できたので脱毛効果が出て、2回目の時は退行期か休止期だったので脱毛効果があまり出なかった可能性が高いですね。

そして、肌トラブルの件に関しては、1回目よりも2回目の方が照射するパワーが強くなった為(スタッフが照射パワーを上げた)に肌が赤くなってしまった可能性も考えられます。

このような事も起こり得るので、照射するパワーのレベルはスタッフの人と相談しても良いですね。

また、肌トラブルに関しては、照射のパワーが強いというだけなく、その時の体調であったり、生理中でお肌が敏感になっていたり、お肌が乾燥しているなどが原因で赤みや腫れ、痒みなどの肌トラブルを引き起こしてしまう場合もあるので、脱毛を受ける時は万全な体調で臨むようにしましょう。

では、次に1回目でも脱毛効果を出しやすくする方法を見ていきたいと思います

3.1回目でも脱毛効果を出しやすくする方法

1回目でも脱毛効果を出しやすくする為には、どのようなことに気をつければ良いか見てみましょう。

3-1.前処理をきちんと行う

脱毛の施術前は、きちんと前処理を行うことが大切です。

その理由は、毛が伸び過ぎていると、照射した熱が毛に集まり過ぎて火傷の原因になってしまったり、毛先の方に熱が集中して毛根まで熱が届かず、脱毛効果がしっかり出ない場合があります。

また、施術当日に前処理をすると、肌が敏感になっていて、照射した際に肌トラブルを起こしてしまう可能性があるので、最低でも施術日の1~3日前には処理しておくようにしましょう。

また、前処理をしていないと、シェービング代を取られてしまったり、その部位を避けて照射される場合もあるので気をつけて下さい。

脱毛に行く時は前処理必須!正しい脱毛前処理の方法を解説

2016.11.20

3-2.肌をしっかり保湿する

肌が乾燥していると、皮膚のバリア機能が低下してしまうので、照射の際に痛みを感じやすくなったり、肌トラブルを起こしやすくなります。

そうなると、スタッフの人も照射レベルを下げて対応しなくてはいけないので、脱毛効果が落ちてしまう可能性があります。

乾燥肌は冬になりがちと思っている人も多くいますが、実は夏もエアコンなどで乾燥しやすくなるので、脱毛に通っている時期は特に保湿ケアを怠らないようにして下さい。

実は乾燥肌は脱毛後が一番なりやすい!
その理由は、強い光を照射すると肌の中に熱がこもり、水分を吸収しやすくなり肌が乾燥してしまいます。ですから、保湿は、施術前だけ念入りにするのではなく、施術後もしっかりケアしてあげることが大切です。

 

3-3.埋没毛に気をつける

普段、自己処理をしている時に皮膚を傷つけ、そこに炎症が起きて瘡蓋になってしまうと毛穴から毛が出てこられず、肌の中で埋もれてしまい埋没毛になってしまいます。

埋没毛に光を照射して、脱毛効果があったとしても、毛穴から毛が出られないので抜け落ちることができません。

そうなると結局脱毛しても毛が減らないので、効果がないということになります。

自己処理する際は、皮膚を傷つけるカミソリや毛抜きなどは使用せず、電動シェーバーで処理するようにしましょう。

もし、埋没毛が増えてしまった時は、ピーリングジェルなどで肌の角質を取り除きお肌を柔らかくしてあげることで、毛が出てきやすくなります。

また、保湿ケアをしっかりして、肌に潤いを与えましょう。

では、次に2回目の予約を入れるにはいつ頃が良いのか見ていきたいと思います。

4.2回目の予約を入れるベストなタイミングは?

1回目の施術を終えて、次は2~3カ月後に予約を入れるようになっている脱毛サロンやクリニックが多いと思いますが、実際2回目はいつ頃予約を入れるのがベストなタイミングなのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。 

毛には毛周期というサイクルがあります。

  • 「成長期」:毛母細胞の働きが活発になり毛が成長している期間
  • 「退行期」:毛母細胞の働きが弱まり、毛が抜ける準備に入る期間
  • 「休止期」:毛母細胞の働きが完全に止まり、毛が抜ける期間
毛周期

毛周期のイメージ図

そして「成長期」→「退行期」→「休止期」→「成長期」とサイクルを繰り返していきます。

また、部位によっても毛周期は変わってきます。

  • ワキ:成長期3~5カ月 休止期3~5カ月
  • VIO:成長期1~2年  休止期1年
  • 顔:成長期2週間~1カ月 休止期2週間~1カ月
  • 腕:成長期3~4カ月 休止期3~4カ月
  • 膝:成長期4~5カ月 休止期4~5カ月

4-1.成長期のときに脱毛すると効果が大きい

光脱毛やレーザー脱毛は、成長期の毛に光を照射することで脱毛効果が出ます。

逆に、毛母細胞の働きが弱まっている退行期や休止期の毛にいくら照射をしても脱毛効果は出ないのです。

ですから、大事なのは、「成長期の毛を狙う」=「毛周期に合わせて脱毛する」ということです。

では、1回目の脱毛が終わり、2回目の予約を入れるのはいつのタイミングが良いかということですが、結論からいうと、次の新しい毛が5~6割前後生え揃ってきた状態で2回目の予約を入れるとベストでしょう。

脱毛の正しい間隔はある?毛周期から考えるタイミングを解説

2016.09.03

ここで私のワキ脱毛を例に挙げてみたいと思います。

  1. 脱毛施術をして、約2週間後に照射した部位の毛が抜け落ち始めます。
  2. 脱毛施術後、1カ月でほとんどの毛が抜け落ちました。
  3. 脱毛施術後、1カ月半で少しずつ新しい毛が生え始めてきました。
  4. 脱毛施術後 2カ月半で5割くらい毛が生え揃ってきたので、2回目の予約を入れる。
  5. 脱毛施術後 3カ月目で2回目の照射をする。

このようなかたちで、新しい毛が生え揃ってくると次の予約を入れるようにしています。

また、回数を重ねていくごとに3,4,5の期間が段々伸びてきます。

7回目のワキ脱毛を行った後は、4カ月くらいしてから少しずつ新たな毛が生え始めてきたので、8回目の予約を入れたのは、7回目の施術後から5カ月経っていました。

最初の頃は、まだ生えてくる毛も多いので、2~3カ月前後の間隔で通いますが、回数を重ねると毛が生えにくくなるので、通う期間も最初の頃よりは間が開いていきます。

ただし、注意しなくてはいけないのが、照射回数が勿体ないと、全ての毛が生え揃うまで待って予約を入れてしまうと、中には退行期に入ってしまう毛も出てきてしまい脱毛効果が出なくなってしまうので注意が必要です。

あくまでも6割前後生え揃ってきたら、前もって予約を入れておくと安心です。

また、全身脱毛をしている人は、部位よっても毛周期が変わってくるので、通い方をスタッフの人に相談してみて下さい。

全身脱毛ブック/全身脱毛にまつわる全ての疑問に答えます。

2016.09.27

5.まとめ

1回目の脱毛では、しっかり脱毛効果が出る場合もありますが、その時の体調や肌の状態、また、照射出力が弱く設定されていたり、成長期の毛に照射できなかった場合には、脱毛効果が出にくいこともあります。

なるべく、脱毛効果を出す為には、前処理をきちんとして、お肌が乾燥しないように保湿ケアを心がけましょう。

また、毛周期を意識して脱毛すると、効果を実感しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です