今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

産毛に効果的な脱毛方法を知りたい!注意点もしっかり把握しておこう

ふと自分の顔を鏡で見た時に、産毛が気になったという人はいませんか?

ワキや足のように太く濃い毛ではないので、そこまで目立たないような感じもしますが、産毛は至近距離から見ると人からも目に付きやすいのです。

そして、産毛があると肌がくすんで見えたりして損をしていることもあります。

このようなことからも、産毛を脱毛するメリットというのは多くあるのです。 

そこで、今回は産毛に効果的な脱毛方法などを紹介していきます。

この記事をお読み頂ければ、どのような脱毛方法が産毛に適しているのか、産毛を脱毛する時の注意点、私がオススメする産毛に効果的な脱毛サロンやクリニックを把握して頂けるかと思います。 

是非、自分に合った脱毛方法を見つけて頂けると幸いです。

1.産毛が多い部位は顔・背中・手の甲

ここでは産毛が多い部位

  1. 背中
  2. 手の甲

の3つについて見ていきます。 

1-1.顔

産毛が沢山生えている部位というと顔を思い浮かべる人もいるでしょう。

額の生え際や頬などに細い産毛が生えていると、何だか目がいってしまいますよね。

男性から見ても、女性の顔に産毛が生えていると気になるという意見も多いです。

また、顔に産毛が生えていることで、顔がくすみやすく、暗く見えてしまうこともあります。

1-2.背中

背中も産毛が多い部位になります。

夏にせっかく可愛い水着を着用しても、背中にごっそり産毛が生えていると何だか残念な感じになりますよね。

そして、背中は自分では手の届かない部位なのでお手入れするのも大変になります。

1-3.手の甲

手はあまり気にする人がいないかもしれませんが、実は案外他人からは見られている部位になります。

手が綺麗な人がいると、ふと目がいってしまったりしますよね。

手は一年中露出していて部位でもあるので、美しくありたいですね。

このように、産毛が多い部位を紹介していきましたが、どこの部位も人から目につきやすいので、できたら産毛を処理して綺麗に見せたいですね。 

では、次の章では、産毛を脱毛するメリットやデメリットついて見ていきます。

2.産毛を脱毛するメリット・デメリット

産毛を脱毛する「メリット」

  1. 肌が明るくなる
  2. 化粧ノリが良くなる
  3. 清潔感が増す

産毛を脱毛する「デメリット」

  1. 脱毛効果が出にくい
  2. 硬毛化になりやすい

の5つについて詳しく解説していきます。

メリット①:肌が明るくなる

産毛は色素が薄いので、あまり色がない感じにも見えますが、良く見てみると薄いグレーがかった色をしています。

その産毛が密集していると、肌全体がくすんでいるように見え、暗くなってしまうこともあります。

しかし、脱毛をして産毛がなくなると、くすみも取れ肌が明るくなります。

メリット②:化粧ノリが良くなる

顔の産毛を脱毛すると、化粧下地やファンデーションが肌に密着しやすくなるので、化粧ノリも良くなります。

また、肌にお化粧が密着することで、化粧崩れも起こしにくいので、頻繁にお化粧直しをする必要がなくなります。

メリット③:清潔感が増す

顔、背中、手の甲などは人の目にもつきやすく、産毛が沢山生えていると清潔感に欠けてしまいます。

しかし、産毛が生えなくなると肌も綺麗に見えるので自信にも繋がりますね。

 

デメリット①:脱毛効果が出にくい

産毛は色素が薄いので、従来の光脱毛やレーザー脱毛の場合は、光が反応しづらく脱毛効果が出にくいです。

普通の毛の場合は、光脱毛で18回前後、レーザー脱毛で8回前後で毛が生えなくなってきますが、産毛の場合は光脱毛で20回前後、レーザー脱毛で10回前後の照射回数が必要となってきます。

デメリット②:硬毛化になりやすい

産毛を脱毛した時に良く起こり得るのが硬毛化です。

硬毛化とは、施術をする前よりも後の方が毛が濃くなってしまう症状を言います。

その原因はまだはっきりとは解明されていませんが、産毛のような細い毛に強い光を照射することで、逆に毛根が活発化してしまい毛が濃くなってしまうのではないかと言われています。

主に背中やうなじなどの部位が硬毛化になりやすいです。

もし硬毛化してしまっても、脱毛をお休みする必要はなく、そのまま通常通り施術を行っていれば徐々に改善されてきます。

ここまでは、産毛を脱毛するメリットやデメリットについて見てきましたが、次の章では産毛を脱毛する方法を見ていきます。

3.産毛を脱毛する方法

ここでは、産毛を脱毛する方法

  1. 光脱毛
  2. レーザー脱毛
  3. 蓄熱式脱毛
  4. ニードル脱毛
  5. 脱毛クリーム
  6. 家庭用脱毛器
  7. 私がオススメする組合せ脱毛

の7つを見ていきます。

どの方法が自分に一番効果的に脱毛できるのか是非参考にしてみて下さい。

3-1.光脱毛

従来の光脱毛は、特殊な光を黒いメラニン色素に照射することで毛乳頭を破壊し脱毛していきます。

毛が濃く太い方が反応しやすく、産毛のような色素の薄い毛には反応しづらいですが、全く反応しないという訳ではありません。

脱毛回数は重ねることで徐々に脱毛効果は出てきます。

ただし、毛が完全になくなるまでには時間が掛ります。

3-2.レーザー脱毛

従来のレーザー脱毛も光脱毛と同じく、メラニン色素に光を反応させることで脱毛できます。

色素の薄い産毛には反応しづらいですが、レーザー脱毛の場合も回数を重ねるごとに脱毛効果は出てきます。

ただし、強い熱を急に照射することで、硬毛化になりやすいというデメリットもあります。

3-3.蓄熱式脱毛

最近は、光脱毛やレーザー脱毛の中に蓄熱式脱毛という方法があり人気を集めています。

この脱毛方法は、従来の脱毛方法である黒いメラニン色素に光を照射する方法ではなく、

バジル領域という毛の浅い部分にある成長因子に弱い熱をジワジワ与えていき脱毛していきます。

この方法であれば、メラニン色素の薄い産毛にも効果的に脱毛できるのでオススメです。ディオーネやリゼクリニックで取り扱いがあり、後ほど詳しく説明します。

3-4.ニードル脱毛

ニードル脱毛は古くからある脱毛方法になります。

毛穴にプローブという針を差して、弱い電気を流して毛根を破壊させる方法です。

針を差すので痛みがかなり強いですが、完全に毛根を破壊できる為、その毛穴からは永久に毛は生えてきません。

また、ニードル脱毛の場合は、どのような毛質でも脱毛できるので、産毛にも効果的です。TBCで取り扱いがあり、後ほど詳しく説明します。

3-5.脱毛クリーム

脱毛クリームには、アルカリ性の成分が含まれているので、ムダ毛に塗布すると毛が溶けることにより表面の毛が除毛されます。

即効性を求めている人にはオススメですが、表面の毛を一時的に取り除いたに過ぎないので、また数日すると毛が生えてきてしまいます。

3-6.家庭用脱毛器

最近は家庭用脱毛器も進化し多くの人が利用しています。

家庭用脱毛器は、自宅にいながら自分の好きな時に脱毛できるというメリットがあります。

また、カートリッジを交換すれば半永久的に使用できるので、産毛のように脱毛効果が出にくく照射回数を重ねなくてはいけない場合に家庭用脱毛器は何回でも照射できるので便利ですね。

ただし、脱毛効果が出るまでには時間が掛ります。

3-7.私がオススメする組合せ脱毛

産毛を脱毛するには正直時間が掛ります。

そこで、私がオススメする脱毛方法は、産毛に効果的な蓄熱式脱毛とニードル脱毛を組み合わせて脱毛することです。

まずある程度、蓄熱式の脱毛方法で毛を減らしていきます。

そして、どうしても残ってしまう毛に対してニードル脱毛で処理をしてあげると、産毛も綺麗に脱毛できます。

産毛を脱毛する7つの方法を見てきましたが、即効性のある方法は脱毛クリームになります。

ただし、一時的なものなので、将来的に毛が生えないようにしたい場合には、蓄熱式脱毛やニードル脱毛を受けると効果的です。

ここまでは、産毛を脱毛する方法について見てきましたが、次の章では産毛に効果的な脱毛サロンやクリニックについて紹介していきます。

4.産毛に効果的な脱毛サロンやクリニックを紹介

ここでは私がオススメする蓄熱式脱毛を取り扱う

  1. ディオーネ(脱毛サロン)
  2. リゼクリニック(クリニック)

ニードル脱毛を取り扱う

  1. TBC(エステサロン)

の3つの店舗を見ていきます。

4-1.ディオーネ(脱毛サロン)

ディオーネは、小さい子供から肌が敏感な人まで、安心して脱毛を受けられるサロンになります。

120の店舗があり、脱毛サロンの中では全国2位の店舗数を誇ります。

ディオーネでは、「ハイパースキン脱毛」といって、蓄熱式の脱毛方法を取り入れています。

蓄熱式脱毛は、弱い熱をバルジ領域にある毛の成長因子に働きかけていきますが、その体感温度は38度と湯船くらいの温度になるので、ほんのり温かく感じる程度で痛みもありません。

ですから、小さい子供でも脱毛が可能になります。また、産毛や細い毛を脱毛するのにもかなり効果的です。

4-2.リゼクリニック

リゼクリニックは、新宿や渋谷をはじめ、大阪や神戸にも医院がある大手の美容皮膚科クリニックになります。

リゼクリニックは3種の脱毛器の取り扱いがありますが、その中でも「メディオスター NEXT」という脱毛器は、蓄熱式の脱毛方法なので、毛の成長因子に光を照射することで破壊し脱毛していきます。

メラニン色素に働き掛ける方法ではないので、産毛のような色素の薄い毛にも効果が発揮されます。

またメディオスターは冷却システムも備わっているので、瞬時に熱を下げレーザー脱毛特有の痛みを軽減できます。

4-3.TBC

TBCは、エステサロンと知られていますが、光脱毛やニードル脱毛の取り扱いもあります。

大手のサロンでニードル脱毛が受けられるのはTBCだけになります。

ニードル脱毛は毛質に関係なく、毛穴を1つずつ処理していけば脱毛できるので、産毛などの色素の薄い毛でもしっかり効果が出ます。

ただし、1本1本処理をするのに時間が掛る上に、料金も高額になってくるので、光脱毛やレーザー脱毛と併用して受けることをオススメします。

このように、最近では産毛に効果的な脱毛を受けられる脱毛サロンやクリニックが増えています。

また、蓄熱式脱毛で、光脱毛とレーザー脱毛のどちらを受けるか迷ってしまう場合には、痛みに弱い人、安く脱毛したい人には光脱毛、早く効果を出したい人にはレーザー脱毛が向いているでしょう。

5.まとめ

今回は、産毛を脱毛するメリットやデメリット、産毛の脱毛方法や注意点などについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

産毛は他人から目に付きやすいので、できたら綺麗に脱毛をして美しい肌になりたいですね。

最近では、産毛に効果的な脱毛器を扱う脱毛サロンやクリニックもあるので、真剣に産毛を何とかしたいと思っている人は上記で紹介した店舗を是非参考にしてみて下さい。

必ず自分に合った脱毛方法が見つかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です