わき・VIO(デリケートゾーン)の自宅脱毛!失敗しない方法は?

ムダ毛はどの部位にあっても気になるものですが、自宅でのムダ毛処理の中で悩みが多いのが「わき」とVライン、Iラインなどの「デリケートゾーン」の脱毛です。この部位の毛は、他の部位と比べて太くて濃いため、「仕上がりがキレイにならない」という声も多いですし、肌トラブルも頻発しやすくもあります。

ここでは、わき・デリケートゾーンに絞って、満足のいく自宅脱毛をする方法をお知らせします!「どうしたらキレイに仕上がるの?」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね!

1.これで解決!自宅でのわき脱毛にまつわる肌トラブル

皆さんは自宅でのわき脱毛はどのように行っていますか?毛抜きで抜いていますか?それとも、カミソリで剃っていますか?もしくは、家庭用脱毛器でお手入れしているでしょうか?

自宅でのわき脱毛にはトラブルがつきものです。具体的には、次のような肌トラブルが起こりがちです。

  • 毛穴がブツブツと目立つようになった
  • わきが黒ずんでいる
  • 毛が皮膚に埋もれてしまっている
  • カミソリ負け
  • 毛穴部分に炎症が起きている

このような肌トラブルは、カミソリや毛抜きでわきの毛を処理している人に多くみられます。どうして、カミソリや毛抜きでのお手入れにはこのようなトラブルが起こりがちなのかみていきましょう。

1-1.カミソリでのわき毛処理

カミソリは手軽にできるわき毛の処理方法となりますが、意外と肌へのダメージが大きいのが難点です。

というのは、カミソリで毛を剃る度に肌には目に見えない小さな傷をたくさん付けてしまっているからです。ですから、カミソリで剃る場合は、ダメージを最小限にするために一週間に一回程度のお手入れが望ましいのですが、太くて濃いわきの毛ですから、そんなわけにはいきません!

毎日剃らないと、すぐに黒い毛がボツボツと顔を出してしまいます。ですから、カミソリによる自宅脱毛は、肌に大きな負担となります。カミソリ負けをしてしまう人もいますが、そうでなくても目に見えない傷が重なって、肌が色素沈着を起こし黒ずんできます。

しかも、毛が太いので剃った後も毛穴部分に黒い毛が残って目立ってしまい、キレイな仕上がりになりにくいというデメリットもあります。

ですから、わき毛処理としてカミソリを使うのはオススメできません。

1-2.毛抜きでのわき毛処理

毛抜きでわき毛を抜くと、毛根部分から毛を処理することができるので、しばらくはお手入れ要らずの状態をキープできます。そのため、わき毛は毛抜きで1本ずつ抜いて処理しているという人も少なくないでしょう。

しかし、毛抜きで毛を抜くのはかなり毛穴周辺に負担を与えるお手入れ方法です。そのため、毛抜きでわき毛を抜き続けていると、抜く時に毛根周辺の皮膚が引っ張られるために毛根部分がブツブツと目立ってくるようになります。

また、毛抜きでの処理は、埋没毛の原因ともなりやすいというデメリットもあります。埋没毛というのは、毛が皮膚に埋もれてしまった状態のことです。

さらに、毛を抜くことで毛穴に細菌が入りやすくなり、毛穴部分が炎症を起こしたり、悪化すると化膿したりします。

ですから、毛抜きで抜くというのは昔からよく行われてきた方法ではありますが、肌トラブルの原因になりやすいためオススメできません。

1-3.わきの自宅脱毛は家庭用脱毛器がオススメ

このようにカミソリや毛抜きといったお手入れ方法は、肌への負担が大きく、肌トラブルの原因となるためにわきの自宅脱毛には適していません。

そこで、私自身がオススメするのは、光脱毛やレーザー脱毛でわき毛を脱毛してしまうことです。今は、ケノンやトリアなどといった自宅で光脱毛やレーザー脱毛ができる高性能の家庭用脱毛器が出ています。

このような脱毛器を使えば、毛根や肌表面に与えるダメージがほとんどないために肌トラブルが起きる心配がほとんどありません。

お手入れを続けるうちに、毛自体が細く薄くなっていきますし、だんだんと毛が生えてこなくなりますから、お手入れ要らずの状態になります。初期費用はかかりますが、他の気になる部位の脱毛にも使えますし、長い目でみたら満足のいく脱毛方法ですからオススメです!

2.ブラジリアンワックスはどう?デリケートゾーンの処理方法

最近ではお手入れするのが当たり前となってきつつあるVラインやIラインといったデリケートゾーンのムダ毛。「みんな、どうやって処理してるのかな?」と気になりつつも、部位が部位なだけに聞きにくいと感じる人も少なくないのではないでしょうか?

SNSなどで話題になるのが、ブラジリアンワックスでの脱毛ですが、「痛くないのかな?」とか「キレイに抜けるのかな?」という不安もありますよね。では、ブラジリアンワックスについて詳しく説明していきましょう。

2-1.ブラジリアンワックスについて

ブラジリアンワックスは、デリケートゾーンのワックス脱毛のことです。ワックス脱毛については、知っている人も多いと思います。脱毛用のワックスを肌に塗布して、ワックスが固まった後に剥がすことで毛を毛根部分から抜くお手入れ方法のことです。

ブラジリアンワックスは、このワックス脱毛をアンダーヘアの部分で行なうために開発されたものです。「ブラジリアン」と呼ばれているように、ブラジルで命名されたといわれています。ブラジルといえば、Tバックの発祥地として知られていますよね。

露出の多いTバックを着こなすためには、アンダーヘアの脱毛が欠かせません。ブラジリアンワックスは、自宅にいながらアンダーヘアを脱毛できるとして、欧米では広く使用されています。

カミソリだとうまく処理しにくいアンダーヘアですが、ブラジリアンワックスだとキレイに処理できるため、欧米では人気の高いお手入れ方法なのです。

2-2.ブラジリアンワックスの効果

ブラジリアンワックスは、根こそぎアンダーヘアを処理できるので、1回のお手入れで効果が2~3週間持続するというメリットがあります。ワックスで処理した後の肌はツルツルスベスベです。

しかし、「脱毛」といっても実際には毛を抜いているだけですので、お手入れは繰り返し続けていく必要があります。

気になるのが、「痛み」ですよね。アンダーヘアの部分はデリケートゾーンと呼ばれているように、身体の中でも痛みを感じやすい部分です。1本ずつ毛抜きで抜くのも、なかなか痛くて無理という人も多いのではないでしょうか?

ブラジリアンワックスは、アンダーヘアにワックスを塗って、その上にシートなどを貼ってワックスが乾いた後にビリッと一気に剥がすことでムダ毛を処理していく方法です。

一瞬のことではありますが、かなり痛いのが難点です。とくに粘膜部分に近いIラインは、Vラインと比べてかなり痛みが強いため、自宅での処理はかなり辛いものとなります。

出血することもありますから、肌への負担が大きいお手入れ方法となります。

ですから、ブラジリアンワックスには、仕上がりがキレイ、お手入れとお手入れとの間の期間がある程度おけるといったメリットはありますが、痛みが強く肌への負担も大きいお手入れ方法なため、自宅でのアンダーヘアのお手入れにはオススメできません。

2-3.デリケートゾーンの自宅脱毛―ベストな方法は?

デリケートゾーンを自宅で処理するベストな方法をご紹介しましょう。デリケートゾーンの中でも、VラインとIラインとではお手入れ方法が若干異なります。

<Vライン>
Vラインをお手入れする場合は、まずはどんな形に残すか決めてください。そして、長い毛をハサミで短く切った上で、不要な部分を電気シェーバーで剃りましょう。これだけでもいいのですが、完璧を目指したいという人にオススメなのが、家庭用脱毛器で剃った後の部分を処理することです。

大抵の家庭用脱毛器はVラインの脱毛はOKとなっていますので、脱毛器で処理してしまえば、毛が伸びてきてチクチクすることもありませんし、毛根部分からきれいに処理することができます。お手入れを継続すれば、そのうち毛が目立たなくなって自己処理が必要のない状態にまですることができますから、完璧を目指す人には家庭用脱毛器でのお手入れがオススメです。

<Iライン>
Iラインは粘膜部分に近いので、自宅でのお手入れは難しいと感じている人が少なくないと思います。Vラインと違って脱毛のために家庭用脱毛器を使用することはできませんので注意してください。

Iラインのお手入れは、ヒートカッターと電気シェーバーを使って行いましょう。Iラインの場合も、まずは毛の長さを調節します。ハサミで切ってもいいのですが、粘膜部分に近いと毛先がチクチクしてしまうことがあるため、毛先を丸くしてくれるヒートカッターで処理するのがオススメです。

できるだけ短く処理してしまえば、アンダーヘアが下着や水着からはみ出るという心配も少なくなります。

もし、Iラインの面積を狭くしたい場合は、電気シェーバーで処理しましょう。電気シェーバーはボディ用のものだと使いにくいので、デリケートゾーン用かフェイス用のものを使うといいですよ。シェーバーで剃った後は、必ず保湿してくださいね。

3.家庭用脱毛器を徹底比較!購入するならコレ!

最近は高性能の家庭用脱毛器が次々と出てきたおかげで、脱毛エステやクリニックに行かずとも自宅で脱毛ができるようになりました。わきやVラインなど自己処理によるトラブルが起きやすい部分も、家庭用脱毛器なら根本から処理することが可能です。

ただ、家庭用脱毛器にもいくつか種類がありますので、どれを買ったらいいか分からないという人も少なくないと思います。本体価格もそれなりにしますので、買った後に後悔するようなことは避けたいですよね。

では、どの家庭用脱毛器がいいのか、代表的な家庭用脱毛器2製品を比較してみましょう。

3-1.人気の高い家庭用脱毛器2製品を徹底比較

家庭用脱毛器の中でも人気が高いのが、レーザー脱毛器トリアと光脱毛器ケノンです。それぞれの特徴を比較してみます。

製品名 トリア ケノン
 方式 レーザー脱毛 光(フラッシュ)脱毛
1回の照射範囲 狭い 広い
痛み 痛みがある  痛みはない
 保証  30日間返金保証
1年間無償修理保証
 返金保証はなし
1年間無償修理保証
 本体価格  54,800円(税込)
キャンペーン時は5万円位での購入が可能
 メーカー希望価格98,000円(税込)
キャンペーン時は7万円代で購入可能
 消耗品  約500回の充電でバッテリー交換が必要
約20,000円
 カートリッジの交換が必要7,700~9,800円(税込)
本体と同時購入で3,700~5,600円

本体価格だけで比較すると、トリアの方が2万円~3万円安いということが分かります。ただ、500回充電につきバッテリー交換が必要で、その価格が20,000円となっていますから、なかなか高いですよね。

ただ、ケノンについてもカートリッジの交換が必要になります。カートリッジの交換は、どの出力レベルで使用するかなどによっても異なりますので一概にはいえませんが、2週間に1回の頻度でしっかり使用しても1年くらいは持つという声が多く聞かれます。また、本体購入時にカートリッジが2~3個ついてくることも少なくありません。

3-2.家庭用脱毛器を購入するならケノン

トリアとケノンでは本体価格と維持費で考えると、ケノンの方が若干高いかなという印象は受けますが、トータル的に考えると私のオススメはケノンです。

というのは、トリアは1回の照射範囲が狭く、また痛みが強いからです。

照射範囲が狭い=脱毛処理に時間がかかるということになります。そのため、トリアはわきやVラインといった狭い範囲の脱毛にはいいけど、足や腕といった広い範囲の脱毛には根気がいるという声が多く聞かれます。また意外と重たいため、長時間お手入れするのは難しいと感じる人も少なくありません。

さらに、レーザー脱毛なので痛みがあるというデメリットもあります。せっかく購入しても、痛みが我慢できず使用しなくなってしまっては元も子もありません。

ですから、トータル的に考えると、1回の照射範囲が広く、痛みがほとんどないケノンの方が自宅での脱毛には適しているといえます。

4.まとめ

脱毛サロンやクリニックに通わず、自宅で脱毛したいという人のためにオススメの脱毛方法をご紹介いたしました。毛がしっかりとしたわきやVラインは家庭用脱毛器でのお手入れがオススメです。

Iラインについては、抜く処理よりも毛をカットする、また電気シェーバーで剃るといった肌に負担の少ないお手入れをするようにしましょう。また、家庭用脱毛器を購入するなら、全身の脱毛が手軽にでき、痛みも少ない光脱毛器ケノンがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です