今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

脱毛は病院/おすすめな人と病院選びの注意点

『どうせ脱毛するならサロンではなく、ちゃんとした病院で脱毛したい!』

このように思う方の為に病院で脱毛する際に、事前に情報を得ておくことをオススメします。

こちらのページでは、病院での脱毛の特徴や脱毛方法の詳細、気になる永久脱毛効果についても説明していきます。

また、私がオススメする病院の情報も紹介していきます。これからきちんとした脱毛を受けたい方の失敗しない病院選びとして参考になるでしょう。

1.病院での脱毛方法

病院で脱毛!と言っても実は手法がいくつかあります。現在では、そのほとんどがレーザー脱毛ではあるのですが、他の脱毛方法についても言及していきます。

病院での脱毛方法は現在3つの手法があります。その3つとは、

  1. レーザー脱毛
  2. ニードル脱毛
  3. 光脱毛

この3つです。以下順番に説明していきます。

1-1.レーザー脱毛

病院での脱毛で最も採用されている手法です。

医療レーザーとも呼ばれる脱毛方法で広く認知されています。現在では病院での脱毛=レーザー脱毛と言っても良いくらいで、多くの病院での脱毛は、この医療レーザーしか取り扱っていないです。

毛のメラニンに反応するレーザーを照射し、毛母細胞を破壊し脱毛効果を得るという手法です。脱毛サロンに比べ脱毛効果も高く、永久脱毛と言える手法の1つです。

1-2.ニードル脱毛

現在、採用している病院は少ないですが、一部の病院でレーザー脱毛と併用して使用されています。

ニードル脱毛とは、別名で針脱毛や電気脱毛と呼ばれますが、病院でのニードル脱毛は正式名で『絶縁針脱毛』と呼ばれています。

絶縁針というのは脱毛サロンで使われている針脱毛と比べ絶縁部分を作ることで皮膚へのダメージを軽減し肌に優しい仕様になっています。

手法としては、毛の一本一本に専用の針を刺し電気を流すことによって、毛の毛母細胞を破壊していきます。これは最も脱毛効果が高い脱毛方法です。

完全な永久脱毛には1番向いている手法ですが、強い痛みを伴うのに加えて毛を1本ずつ処理していく為、時間がかかり費用が高額になってしまうというデメリットがあります。

この為、多くの病院では採用されていません。ただし、特殊な条件下では非常に有効な脱毛方法ではあります。例えば、

  • 日焼けしている肌でも脱毛可能
  • タトゥーがあっても脱毛可能
  • 乳輪やIOライン等の粘膜部分への脱毛も可能
  • 白くなったムダ毛も脱毛可能
  • 目の周り等のレーザーでは安全上処理できない部位の脱毛も可能

このような条件下でも強力な脱毛が出来るという利点があります。

1-3.光脱毛

メインは脱毛サロンで使用されている手法です。

毛のメラニンに反応する光を照射し毛母細胞を破壊するといった仕組みはレーザー脱毛と似ていますが、脱毛効果がレーザーと比べかなり弱いです。

この為、あえて病院での脱毛で光脱毛を採用している病院は少ないのが現状です。光脱毛を採用している数少ない病院は例えば高輪スキンクリニック

光脱毛の利点は、価格が安いことですから、わざわざ病院での施術を受けなくても脱毛サロンで済ませることができますね。

痛みに極端に弱い方で麻酔も使いたくない方、あえて病院で光脱毛を受けたい方等には向いているかもしれません。

7つの脱毛方法と特徴・違いとメリット・デメリットを徹底解説

2016.08.08

病院での脱毛方法について解説していきました。次の項目では病院での脱毛で最大の特徴について紹介していきます。

2.病院での脱毛、最大の特徴と効果

病院での脱毛で、やはり最大の特徴なのは脱毛効果の高さ、すなわち『永久脱毛効果』です。

ここから先は永久脱毛効果について説明していきます。

2-1.永久脱毛効果

前述の病院での脱毛方法の中での、レーザー脱毛、ニードル脱毛に限りますが、永久脱毛効果が見込めます。

脱毛サロンでの光脱毛では永久脱毛とは表現出来なく、実際にそのような強い脱毛効果を望むのは難しいです。

永久脱毛という表現が使えるのは医療機関でのレーザーとニードルの脱毛だけです。

ただし、ここで言う永久脱毛とは『処理した部位が100%生えてこなくなる!』というわけでは無いことに注意です!

多少がっかりさせてしまいますが、病院での永久脱毛も完璧ではないということです。しかし、脱毛完了後『ほぼ生えてこなくなった』程度の感想は得られると思って良いです。

同じ箇所の処理をレーザー脱毛なりニードル脱毛なりを最低5回程度おこなう事で永久脱毛と言えるくらいの効果を得られるということです。

1回あたりの施術で、より脱毛効果が高いのは、ニードル脱毛>レーザー脱毛です。

その分レーザーの処理回数を増やせば良いだけなので、総額の費用を考えるとやはりレーザー脱毛での永久脱毛効果を狙った方が賢い選択だと言えます。

病院での永久脱毛効果について説明していきました。次の項目では、病院での脱毛が向いている人と向いていない人について紹介していきます。

3.病院での脱毛が向いている人、向いていない人

前述のように脱毛効果が高い“病院での脱毛”ですが、人によっては向いていない人もいます。

ここでは病院での脱毛が向いている人と向いていない人をわかりやすく紹介していきます。あてはまる人は要チェックして下さい。

3-1.向いている人

  • 短い期間で脱毛を完了させたい。
  • 強い脱毛効果を求めている。永久脱毛がしたい。
  • 回数が少なくて済むので忙しい人に向いている。
  • 脱毛サロンで満足いく効果を得られなかった人。

3-2.向いていない人

  • 痛みに弱い。
  • 痛み対策に麻酔も使いたくない人。
  • 一度にまとまった費用を出せない。
  • 休みを全く取れない人

向いていない人に関して言えば、痛みに弱く麻酔も使えない方、まとまった費用を出せない人は、脱毛サロンがオススメ。

休みを全く取れない人は、家庭用脱毛器での脱毛がオススメです。

家庭用脱毛機器ケノン/脱毛効果とおすすめな人を解説

2016.09.12

病院での脱毛が向いている人と向いていない人について説明していきました。

次の項目では、病院での脱毛と脱毛サロン、どちらがオススメなのかについても私の考えとして述べていきます。

4.病院での脱毛と脱毛サロンでは「病院」がおすすめ

こちらは、よく聞かれる悩みですね。結論から申し上げると、病院での脱毛がオススメです。

ただし、いくつか条件がありますね。前述の病院での脱毛が向いている人でもお伝えした通り、

  • 強い脱毛効果を望んでいる人
  • 痛みに強い、または麻酔使用も可能な方
  • 最低5回分の費用を出せる方

以上の方には、特に病院での脱毛をオススメしています。

逆に言うと、そこまで強い脱毛効果を望んでいなく薄くなれば良い程度に考えている人や、長く時間をかけて安価な脱毛の方が良いという方、痛みに弱く麻酔も嫌いな方は脱毛サロンが向いていると言えます。

病院での脱毛と脱毛サロン、どちらがオススメなのか私の考えを述べていきました。次の項目では、脱毛の病院選びに注意する大事なことを紹介していきます。

5.脱毛の病院選びに注意する3つのポイント

脱毛ができる病院は数多くあります。ただし、病院の医師の技術力や設備の充実さ等で同じ病院であっても優劣がつきますよね。

ここでは、脱毛をする際の病院選びで注意する事について以下3つを提案していきます。

レーザー脱毛の施術数の実績が多いこと

レーザー脱毛の症例が多いほど、技術力があると判断しても良いでしょう。

痛み対策の充実さ

痛み対策には病院ならではの麻酔が使えます。脱毛で使う麻酔は、笑気麻酔や麻酔クリーム等が主です。

料金を比較

こちらは、自分がしたい部位の施術に対して、できるだけ安価な病院を選んでいくと良いでしょう。部位によって値段に違いが生じますので、事前に確認しておくのが大事です。

脱毛の病院選びで注意することについて述べていきました。次の項目では、この3つの注意することをふまえてオススメの病院を紹介していきます。

6.脱毛でオススメの病院BEST3

前述の脱毛を病院でする際の病院選びとして注意する3つの事。

  1. レーザー脱毛の施術数の実績が多いこと。
  2. 痛み対策の充実さ。
  3. 料金を比較。

これらを総合的に判断してオススメの病院を3つピックアップしてみました。

1位:湘南美容外科

湘南美容外科クリニック

http://www.s-b-c.net/

  • 脱毛だけで157万件以上の症例数。
  • 笑気麻酔で痛み対策。
  • 格安なワキ脱毛回数無制限コースあり。

全国に50院の展開をしている湘南美容外科クリニック。レーザー脱毛でも圧倒的な実績が評価されるポイントです。

病院では珍しいワキ脱毛回数無制限コースが3,400円と安価で提供されています。

その他の価格としては、全身脱毛で比較していくと。パーフェクト全身コース(VIO含む)6回 435,370円(1回あたり72,561円)で提供。

2位:渋谷美容外科クリニック

渋谷美容外科クリニック

http://shibu-cli.com/

  • 症例実績25万件の安心クリニック。
  • 痛み止めシールで痛み対策。
  • 安価な月額プランあり。

東京都内と横浜に計4院の展開をしているこちらも実績充分の病院です。

  • 特徴は安価な月額プランの提供や平日23時まで営業している点(新宿院と渋谷院のみ)
  • 価格はワキ脱毛5回 8,000円 8回12,800円 (共に初回限定価格)
  • 全身脱毛は、5回250,000円 8回400,000円 (1回あたり50,000円)
    (顔、うなじ、首、胸部、腹部、V上部、Iライン、Oラインは除く)

となっています。湘南美容外科に比べ全身脱毛の価格が安いですが、除外部位も多いので注意が必要。

3位:アリシアクリニック

アリシアクリニック

http://www.aletheia-clinic.com/

  • 首都圏を中心に10院の展開。
  • 麻酔使用に関しては記載無し。脱毛器が痛みの弱いタイプなので必要無いという声も。
  • 脱毛し放題コースが充実

上位2つに比べ院としての歴史は浅いのですが、首都圏を中心に10の院を開院。

価格は、ワキ脱毛5回 13,750円 8回19,800円 脱毛し放題26,400円。

全身脱毛スムース通常プランで5回347,140円 8回517,520円 脱毛し放題666,600円になっています。

回数の限定がしてあるのが不安な方は、全ての部位とコースで脱毛し放題プランがあるのでそちらを選んでいくと良いでしょう。

脱毛でオススメの病院について紹介していきました。次の章では、実際に脱毛で病院に行く際の注意点について述べていきます。

7.脱毛で病院に行く際の注意点

ここでは脱毛で病院に行く際に、よくある失敗や勘違いについて紹介していきます。わかっている事も多いかもしれませんが事前に目を通しておきましょう。

健康保険は使えません

こちらは、随分認知されている事とは思いますが、脱毛の場合は確実に自由診療になります。ですから健康保険が使えない状態になります。これはどこの病院に行ってもそうです。

事前に剃毛しておく

脱毛サロンでの処理ではシェービングというのは法律で出来ないことになっているので自己処理が必須です。

病院の場合には、医療行為が出来るので必ずしも自分で剃毛していかなくても良いのですが、その場合にはシェービング代というのがかかります。

ですから可能な限り自分で剃毛してから行きましょう。費用の面もそうですが、前日に処理しておくことで肌への負担を減らすというメリットもあります。

また、事前に処理しておくといっても、脱毛ワックスや毛抜きでの処理は絶対にNGです。

危険性はありませんが、これらの“抜くような処理”をしていると、レーザー脱毛での処理の効果が半減してしまいます。

脱毛サロンとの併用は基本的にNG

こちらも脱毛サロンで中途半端に処理していると、せっかくレーザーを照射しても脱毛効果が半減してしまいます。ですから脱毛サロンとの併用は基本的にNGです。

ただし、部位がかぶらないようにまで計算して処理していくのであれば、それはご本人の希望次第ということになります。特に強烈なデメリットというのも存在しません。

大事なのは同じ部位の処理を同時期にサロンとの併用はNGということです。

8.まとめ

病院で脱毛したいという方向けに、病院での脱毛の基礎知識を紹介していきました。病院での脱毛が優れている点を理解できたでしょう。

また、これらの事を頭に入れておくと、失敗しない病院選びの参考になるはずです。ぜひ病院での脱毛で永久脱毛を目指して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です