これでもう悩まない!全身脱毛を快適に受けられる方法を教えます!

全身脱毛を始めるにあたりこんな悩みはないですか?

  • 「VIOの前処理方法はどうしたら良いの?」
  • 「全身脱毛は恥ずかしくないだろうか?」
  • 「痛みに弱いにけど全身脱毛を受けることはできる?」
  • 「できるだけ安く全身脱毛を受けたい」

私自身も全身脱毛を始める前は様々な悩みがありましたが、事前にきちんとした情報を得ることで安心して通うことができました。

そこで、今回は同じように全身脱毛について悩みを抱えている人の為に、これらの疑問にお答えしていきます。

この記事をお読み頂ければ、「全身脱毛の脱毛方法」「前処理方法」「恥ずかしさを和らげる方法」「痛みを軽減できる方法」「安く全身脱毛できる方法」を把握して頂けます。

これから、全身脱毛を通いたいと思っている人に是非参考にして頂けると幸いです。

1.全身脱毛にはどのような脱毛方法があるの?

 

ここでは、全身脱毛にはどのような脱毛方法があるのか4つ見ていきます。

また、その脱毛方法に向いている人もお教えするので、自分が一体どの脱毛方法を選ぶと効果的なのか参考にしてみて下さい。

  1. 光脱毛
  2. レーザー脱毛
  3. ニードル脱毛
  4. 家庭用脱毛器

1-1.光脱毛

光脱毛は脱毛サロンで受けることができます。

肌に直接光を当てていきますが、光脱毛の場合そこまで光のパワーが強くないので、痛いというよりは少し温かいと感じる人の方が圧倒的に多いです。

光脱毛にも種類があり、メラニン色素に働き掛ける「IPL脱毛」、毛根に抑毛成分を浸透させる「SSC方式脱毛」、毛の成長因子であるバルジ領域に働きかける「蓄熱式脱毛」などがあります。

光脱毛はお肌にも優しいので、肌トラブルも起こしにくいです。

ただし、光のパワーが弱い分、脱毛効果が出るまでに時間が掛ります。

全身脱毛が完了するまでに3~4年は掛ります。

光脱毛に向いている人

  • 痛みに弱い人
  • 肌が弱い人・敏感肌の人
  • 安く全身脱毛を受けたい人

1-2.レーザー脱毛

レーザー脱毛はクリニックで受けることができます。

光脱毛同様に、肌に直接光を当てていきますが、光のパワーが強く脱毛効果は実感しやすいです。

全身脱毛も早ければ1~2年で完了させることができます。

ただし、痛みも強く、肌が弱い人は腫れや赤みなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

レーザー脱毛に向いている人

  • 早く全身脱毛を完了させたい人
  • 医師がいる方が良い人
  • アトピーなどの皮膚疾患がある人

1-3.ニードル脱毛(永久脱毛)

ニードル脱毛は、クリニック、サロンですとTBCで行えます。

脱毛方法は、光脱毛やレーザー脱毛とは異なり、毛穴に直接針を刺して弱い電気を流しながら脱毛していきます。

一度毛根を破壊するとその毛穴からは二度と毛は生えてきません。

ただし皮膚に針を刺すので、かなり痛みを伴うので人によってはあまりの痛さに断念する人もいるくらいです。

また、1つ1つの毛穴を処理するので全身脱毛をするとなると、かなりの金額と時間が掛ります。

ニードル脱毛に向いている人

  • 完全に毛をなくしたい人
  • 産毛を綺麗に処理したい人

1-4.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、自宅で脱毛できる機器になります。

自宅で自分の都合の良い時間に脱毛でき、脱毛したい部位だけ施術できるのが嬉しいですね。

カートリッジを交換すれば半永久的に使用できるというのも家庭用脱毛器の魅力です。

値段も3~7万円前後と店舗で全身脱毛するよりは、かなり格安で脱毛できます。

ただし、自分で脱毛するので、背面は手が届かず脱毛するのが難しい点や使用方法を間違えると肌トラブルに繋がるのがデメリットになります。

家庭用脱毛器に向いている人

  • 忙しく店舗に通う時間のない人
  • 男性で、サロンなどに通うのに躊躇している人
  • 格安で全身脱毛したい人

このように、脱毛といっても様々な脱毛方法があります。

また脱毛方法ごとに特徴も異なるので、自分に合った方法はどれなのか検討してみて下さい。

私的には、料金は少し高額になりますが、早い期間で全身脱毛を完了できるレーザー脱毛がオススメです。

続いて、全身脱毛を行う上で欠かせない、前処理方法について見ていきます。

2.全身脱毛の前処理方法はどうしたら良いの?

ここでは、全身脱毛の前処理方法について紹介します。

また多くの人の悩みであるVIOの前処理方法についてもお教えするので、是非参考にしてみて下さい。

2-1.前処理方法のポイント

①電動シェーバーを3種類揃える

まず、前処理を上手くこなすコツとして、電動シェーバーを顔用、VIO用、ボディ用の3つ用意しましょう。

顔用のメリットは、コンパクトなので狭い部位でもしっかり処理することができます。

VIO用は、毛量が多いVラインを剃る時に使用すると便利です。

(ただし、IやOラインは狭いので、顔用を使用した方が処理しやすいです)

ボディ用は、広い範囲のムダ毛を処理する時に役立ちます。

②毛の流れに沿って処理する

前処理で大事なのは毛の流れに沿って処理をすることです。

毛の流れに逆らって剃ると、肌を傷つけてしまうので注意が必要です。

そして、狭い部位は必ず顔用の細いシェーバーを使用するようにしましょう。

③前処理は予約日の2~3日前にする

前処理は予約日の2~3日前にするのがベストです。

なぜなら、前処理も少なからず肌には負担が掛ります。

当日に処理をすると肌に負担が掛ったまま光を照射することになるので、肌トラブルを起こしやすくなります。

また、慌てて処理をすると剃り残しも出てきてしまうので、前もって処理をしておきましょう。

剃り残しがあるとペナルティーを取られてしまう店舗もあります。

剃り残しのペナルティー
店舗名 前処理の規定
ミュゼプラチナム 襟足、腰、ヒップ、背中はスタッフがお手伝いしてくれる それ以外は避けて照射する
シースリー 基本剃り残しはスタッフが無料でお手入れしてくれるが、 IOラインだけ衛生上電動シェーバーを持参しないと処理は不可
脱毛ラボ 剃り残しは1,000円、顔はさらに500円追加になる
キレイモ パックプランは無料で処理してもらえる 月額制は1,000円掛る
銀座カラー 襟足、ヒップ、背中などの手の届かない部位はシェーバーを持参すればスタッフがお手入れしてくれる。 それ以外の部位は避けて照射する
ディオーネ 基本剃り残しは無料で処理をしてくれる
TBC シェービングサービスはないので避けて照射する
リゼクリニック 基本剃り残しは無料で処理をしてくれる
湘南美容外科クリニック 部位ごとに500円掛る
アリシアクリニック 剃り残しの状態にもよるが少しなら無料でお手入れしてもらえる

2-2.VIOの前処理の仕方

多くの人が悩むVIOの前処理方法ですが、Oラインは比較的店舗で処理をしてくれるところが多くあるので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

(ただし、衛生上自分のシェーバーを持参する必要がある店舗もあります)

V ラインは、まずハサミで短くカットした方がシェーバーが絡みづらくなります。

そして、VIO用のシェーバーで優しく剃るようにして下さい。

Iラインは、狭い部位なので顔用のシェーバーを使用します。

もし、処理しにくい場合は、スタンド式の鏡などを使用すると良く見えやすいです。

Iラインの周りは粘膜なので傷つけないように、丁寧に処理していきましょう。

もし、Oラインを自分で処理するという人は、やはり顔用のシェーバーで、床に鏡を置いて、それを跨ぐようにしてしゃがむとOラインが見えやすくなります。

このように、前処理は3種類の電動シェーバーを部位ごとに上手く使い分けることにより、綺麗に処理できます。

また、鏡も用意しておくと更に便利です。

続いて、全身脱毛を受けるのは恥ずかしくて躊躇している人もいるのではないでしょうか。

次の章では、そのような人でも安心して脱毛を受けられるように恥ずかしさを和らげる方法を見ていきます。

3.全身脱毛の恥ずかしさを和らげる方法とは?

全身脱毛を受ける上で、「身体を見られるのが恥ずかしい」「デリケートゾーンを他人に見せる勇気がない」などの意見が多く聞かれます。

確かに、他人に自分の身体を見せるのは抵抗があるという人もいるでしょう。

ここでは、少しでも恥ずかしさを和らげて安心して全身脱毛が受けられる方法を4つお教えします。

  1. デリケートゾーンは紙パンツを履く店舗を選ぶ
  2. ネットの体験談を熟読する
  3. 完全個室の施術室の方が安心
  4. 家庭用脱毛器を購入する

3-1.VIO は紙パンツを履く店舗を選ぶ

VIO は全身脱毛で一番受けるのに抵抗がある部位といっても良いのではないでしょうか。

他人に自分のデリケートな部位を見られるのは恥ずかしく感じる人も多いです。

そのような場合は、紙パンツを履きながら施術を行ってくれる店舗を選ぶと良いでしょう。

紙パンツを履き、少しずつずらしながら照射をしてくれます。

全く何も履かないよりは抵抗感がなくなります。

VIO脱毛で紙パンツが用意されている店舗

(ミュゼプラチナム、シースリー、銀座カラー、脱毛ラボ、キレイモ、ディオーネなど)

3-2.ネットの体験談を熟読する

今はネットでいろいろな情報を手に入れることができるので、自分が気になっている店舗の全身脱毛はどのような感じなのか、自分の思っている感じで脱毛ができるのか、体験談を読んでみるとだいぶ恥ずかしさや不安も取り除けます。

3-3.完全個室の施術の方が安心

店舗によって施術室は違い、カーテンで仕切られているだけの部屋、完全個室の部屋など様々です。

正直カーテンで仕切られただけの部屋では、隣の人の声や施術時の音など全て聞こえてきます。

また、自分の声も相手に聞こえていることでしょう。

もし、施術時にスタッフとの会話など聞かれたくない人は、完全個室の部屋で施術できる店舗を選ぶと安心して脱毛できるでしょう。

完全個室の店舗(シースリー、キレイモ、ミュゼプラチナムと脱毛ラボは完全個室の店舗もあります)

3-4.家庭用脱毛器を購入する

どうしても全身脱毛を受けるのは恥ずかしいという人は、自宅で脱毛できる家庭用脱毛器を購入しても良いでしょう。

家庭用脱毛器は自分で施術をするので他人に見られる心配はありません。

このように、全身脱毛の恥ずかしさを和らげる方法はいくつかあります。

そして、全身脱毛を受けた人の口コミで多いのが、「最初は恥ずかしかったけど、何回か脱毛したら慣れた」という意見です。

最初は多少抵抗があるかもしれませんが、受けているうちに慣れてくる人が圧倒的に多いので、そこまで心配する必要はありません。

続いて、全身脱毛を受ける際の痛みが気になるという人も多いと思います。

次の章ではその痛みを軽減する方法を見ていきます。

4.全身脱毛の痛みを軽減する方法とは?

全身脱毛を受ける際に、痛みに抵抗を感じている人もいるでしょう。

ここでは、その痛みを少しでも軽減して脱毛を受けられる方法を4つお教えします。

  1. 肌を乾燥させない
  2. 生理前後の脱毛は避ける
  3. 光の出力を下げてもらう
  4. 麻酔を使用する(レーザー脱毛)

4-1.肌を乾燥させない

肌が乾燥すると、外からの刺激にも敏感になり痛みを感じやすくなります。

ですから、脱毛期間中は常に肌の保湿を怠らないようにしましょう。

4-2.生理前後の脱毛は避ける

生理前後は、ホルモンのバランスが乱れて肌も敏感になります。

そのような時に脱毛をするといつもより痛みを感じやすくなる場合もあります。

できれば、生理1週間後に施術をするとホルモンバランスも整うので痛みも軽減できます。

4-3.光の出力を下げてもらう

光脱毛やレーザー脱毛には、光の出力があり、最初の頃は弱い出力で照射をし、慣れてくると出力を上げていきます。

もし痛みを感じたら、出力を下げてもらうようにお願いしても良いでしょう。

4-4.麻酔を使用する(レーザー脱毛)

レーザー脱毛の場合はクリニックで施術をしますが、痛みが強い場合に麻酔クリームや笑気麻酔を使用できるところもあります。

麻酔クリームは肌に塗布して痛みを和らげ、笑気麻酔は少し意識をぼんやりさせて気持ちをリラックスさせる効果があります。

気になる人は、クリニックで相談してみて下さい。

このように、痛みに弱いからといって全身脱毛を諦める必要はありません。

痛みを軽減させる方法もいくつかあるので是非実践してみて下さい。

続いて、全身脱毛を受けたいけれど高額な脱毛料金が気になるという人に、少しでもお得に全身脱毛が受けられるような方法を紹介します。

5.全身脱毛を安く受けられるお得な方法とは?

ここでは、少しでも全身脱毛が受けられるようにお得な方法を3つお教えします。

  1. 期間限定のお得なキャンペーンを利用する
  2. お得な割引制度を利用する
  3. 学割を利用する

5-1.期間限定のお得なキャンペーンを利用する

全身脱毛を行っている店舗では、月額制○カ月無料、○%オフなど良く見てみると通常の料金よりも安く脱毛できるキャンペーンを行っています。

ただし、期間限定なのでキャンペーン内容を見逃さないようにして下さい。

5-2.お得な割引制度を利用する

脱毛サロンやクリニックでは、「のり換え割」「紹介割」を行っている店舗が多くあります。

また、脱毛ラボでは、「交通費キャッシュバック」「脱毛下取り」などの独自のキャンペーンを行っているが魅力です。

各店舗紹介割引キャンペーン

店舗名 紹介割キャンペーン
シースリー 5,000円キャッシュバック
銀座カラー   契約金額から最大25,000円オフ(お友達には15,000円ギフトカード)
ミュゼプラチナム 紹介者、契約者共に9,000円分ミュゼで使用できるチケットプレゼント
ラヴォーグ 紹介者15,000円もらえ、お友達も12,000円割引
湘南美容外科クリニック 家族からの紹介で脱毛が5%オフになる
アリシアクリニック お友達と契約者にJCBギフトカードを10,000円ずつプレゼント  

各店舗のり換え割キャンペーン

店舗 のりかえ割キャンペーン
シースリー 他の店舗でワキ脱毛を終えた人が対象で10,000円割引
銀座カラー 他の店舗からののりかえで20,000円オフ
キレイモ 最大50,000円オフ
ラヴォーグ 最大50,000円キャッシュバック
脱毛ラボ 他の店舗から脱毛ラボにのりかえると最大30,000円オフ 脱毛下取り最大10万円

5-3.学割を利用する

店舗によっては、学割制度が利用できるところもあります。

学生はこの制度を利用できれば通常の全身脱毛料金よりもかなりお得な料金で脱毛できます。

契約する場合には学生手帳や通学証明書などが必要になります。

キレイモの学割

回数 通常料金 学割料金 差額
6回 114,000円 106,300円 7,700円
12回 228,000円 202,900円 25,100円
18回 342,000円 274,100円 67,900円

各店舗の学割

店舗名 学  割
銀座カラー コース料金が最大10%オフ
脱毛ラボ 学生証を提示で10%オフ
湘南美容外科クリニック 学生証提示で5%オフ

このように、全身脱毛もキャンペーンや割引を上手く利用することで、通常の脱毛料金も格安で契約できるので、自分の通いたい店舗のお得な情報を見逃さないで下さい。

6.まとめ

今回は、全身脱毛に関しての様々なお悩みにお答えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

全身脱毛を始める前は正直不安も一杯ありますが、上記のように必ずいろいろな対処法もあるので、自分には無理だなと最初から諦めずに、前向きに全身脱毛を行ってみて下さい。

そして、気になる店舗がある時は、キャンペーンや割引制度を見逃さないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です