今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

埋没毛があると脱毛効果はないの?埋没毛の予防と改善法

ムダ毛を自己処理している時に、ふと皮膚の中に埋もれている毛を発見したことはありませんか?

実はそれ「埋没毛」と言います。

引っ張ったら出てきそうな感じもしますが、なかなか出てこなくてイライラしてしまうなんていうこともあるかと思います。

埋没毛があると、肌に黒くポツポツしたものが目立ち、他人の視線も気になり、残念な気持ちになりますよね。 

また、埋没毛は、脱毛する時の脱毛効果に影響を及ぼす可能性もあるので、きちんとお手入れしないとトラブルの元になります。 

そこで、今回は埋没毛について詳しく解説していきます。

この記事を最後まで読んで頂ければ、脱毛施術に埋没毛があるとどのような影響があるのか、また埋没毛にならない為の予防法や改善法が分るかと思います。 

埋没毛に悩んでいるという人や、予防を心掛けたいという人は是非参考にしてみて下さい。

1.埋没毛は何故できてしまうのか?

まずここでは、埋没毛ができてしまう原因について2つ解説していきます。

  1. 自己処理による肌荒れ
  2. 肌の乾燥

の2つです。

それでは、それぞれの原因を詳しく見てみましょう。

1-1.自己処理による肌荒れ

普段は何でムダ毛を自己処理していますか?

カミソリ、電動シェーバー、毛抜き、脱毛クリームなど、いろいろな処理方法があるかと思います。

埋没毛は、これらの方法で自己処理を行い、毛を剃ったり、引っ張ったりした時に皮膚が傷つき毛穴が塞がってしまうことで起こりやすくなります。

毛穴が塞がってしまうと、毛も出て来られなくなるので、そのまま皮膚の中に埋もれたままになります。

1-2.肌の乾燥

埋没毛が起こる原因として、皮膚が傷つくということだけではなく、肌の乾燥により起こる場合もあります。

肌が乾燥してしまうと、角質が分厚くなってしまい皮膚が硬くなるので、毛も出てくるのが難しくなってしまいます。

そして、皮膚の中に毛が残ったままになってしまうのです。 

このように、皮膚が傷ついたり、角質が分厚くなると、毛穴が塞がってしまい埋没毛が起こりやすくなってしまうのですね。

自己処理する時は肌を傷つけないようにしなくてはなりません。

脱毛の自己処理特集/自己処理の方法やサロンに行く場合の対処等

2016.12.09

では、次の章では埋没毛が原因でどのような肌トラブルが起こり得るか見ていきます。

2.埋没毛が原因で起こる肌トラブルとは?

ここでは、埋没毛が原因で起きてしまう肌トラブル

  1. 毛のう炎
  2. 色素沈着

の2つ紹介します。 

2-1.毛のう炎

皮膚の中で毛が埋もれていると、毛穴の周りを傷つけ細菌が感染し毛のう炎を起こしてしまう場合があります。

軽いものであれば自然に治癒しますが、酷くなり膿を持つと切開しなくてはいけにこともあります。

また、埋没毛を無理やり肌の表面に出そうとしても皮膚が傷つき、毛のう炎に繋がりやすくなるので、埋没毛をほじくり出すのは止めましょう。

2-2.色素沈着

埋没毛が原因で皮膚が傷つき炎症を起こすと、肌を守ろうとメラニンが生成されやすくなり、その部分が黒くなり色素沈着を起こす場合もあります。 

このように、埋没毛が原因で、毛のう炎や色素沈着が起こりやすくなるので、注意しなくてはなりません。 

では、ここまでは埋没毛ができる原因や肌トラブルについて見てきましたが、次の章からは埋没毛の改善法や予防法について見ていきたいと思います。

3.埋没毛は光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛で改善できるの? 

ここでは、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3つの脱毛方法は埋没毛を改善できるのか見ていきたいと思います。 

3-1.光脱毛の場合

光脱毛は、黒いメラニン色素に特殊な光を照射して、毛根に熱を届けることで脱毛していきます。

光脱毛の特徴は、肌に優しく、敏感肌な人でも脱毛しやすいですが、光の出力が弱い為、皮膚の中にある埋もれ毛に照射をしても、熱が毛根まで届きにくいので脱毛効果は薄く改善するのは難しくなります。 

3-2.レーザー脱毛の場合

レーザー脱毛は、光脱毛と同じく、特殊な光を照射して、毛根に刺激を与え脱毛していきます。

レーザー脱毛の特徴は、光の出力が強い分、黒い毛に反応しやすく脱毛効果も出やすいです。

また、皮膚の中に埋もれている毛でも、レーザーが皮膚を通過するので、毛根まで熱をしっかり届けられるので、レーザー脱毛の場合は埋没毛にも効果があります。

医療脱毛ガイド/回数やレーザーの種類・デメリットを全解説

2016.11.12

レーザー脱毛の全知識/効果やリスクを徹底解説

2016.10.08

3-3.ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛とは全く違う脱毛方法になります。

プローブという針を毛穴に差して弱い電気を流すことで、毛根を破壊し脱毛していきます。

ニードル脱毛の場合は、まずピンセットで摘まめる2~3mmの毛が生えていないと施術をすることができません。

ですから、皮膚の中に毛が埋もれている部分については施術じたいができないので埋没毛を改善するのは難しいです。

このように、3つの脱毛方法を見てきましたが、結論からいうとレーザー脱毛のみが埋没毛を改善できる可能性があります。

ただし、1回施術をしたから改善できるという訳ではなく、何回か照射を重ねる必要が出てくる場合もあります。

また、脱毛効果があったとしても毛穴が塞がっていては、毛が抜け落ちないので、肌のケアも同時に進行していき、毛穴から毛が出やすい状態にしなければ、最終的には改善されたとは言えません。 

埋没毛を改善するには肌のケアもとても重要だということが分りましたが、次の章では埋没毛ができた時の肌のケアや改善法なども解説していきます。 

4.埋没毛ができた時に自分でできる改善法

ここでは、埋没毛ができてしまった時に、自分でできる改善方法

  1. 角質を取り除く
  2. 肌を柔らかくする

の2つ紹介していきます。

もし、埋没毛ができてしまった人は是非実践してみて下さい。

4-1.角質を取り除く

埋没毛ができる原因として、肌が傷つくことで角質が厚くなり毛穴を塞いでしまうことなどがあります。

ですから、まず塞がっている毛穴を改善しないことには埋没毛も治りません。

塞がっている毛穴の改善をするには、古くなった角質を取り除いてあげる必要があります。

しかし、ゴシゴシタオルで擦るなど、無理に角質を取り除いてはまた肌が傷つき逆効果になってしまいます。 

ですから、角質を取り除く時にはピーリングジェルなどを使用すると良いでしょう。

ピーリングジェルはドラッグストアや通販などで簡単に手に入ります。

使い方は、手のひらにジェルを少し取り、埋没毛がある部分の肌に塗布して、優しく擦って角質を落としていきます。 

この時のポイントは、沢山角質を落としたいからとゴシゴシ擦り過ぎないことです。

強く擦ると肌を傷つけるだけでなく、角質を取り過ぎてしまい乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌になると、また埋没毛ができやすくなり悪循環になってしまうからです。

週1~2くらいのペースで行うと良いでしょう。 

4-2.肌を柔らかくする

埋没毛ができてしまった時は、なるべく毛が外に出やすい状態を作ってあげることが大事です。

その状態にするには、まず肌を蒸しタオルなどで柔らかくしてあげましょう。

そしてその後に、保湿クリームなどを塗って肌に潤いを与えていきます。

これを毎日繰り返していると、毛穴から毛が出てきやすくなり、埋没毛も改善されてきます。

また、クリームは、尿素配合のクリームを使用すると、硬い角質を柔らかくしてくれるので埋没毛のケアとしてはオススメです。

しかし、角質があまりない部分に使用すると逆に肌荒れを起こしてしまう場合もあるので使用する時は注意して下さい。

ここまでは、埋没毛ができた時の改善法について解説してきましたが、次の章では埋没毛ができないように予防法を紹介していきます。 

5.埋没毛ができない為の予防法

ここでは、埋没毛ができないようする為の予防法

  1. 毛抜きやカミソリを使用しない
  2. 肌の保湿
  3. 肌を傷つけない

の3つ紹介していきます。

1日だけ注意すれば良いというものではなく、継続していくことで埋没毛も予防できるので常に心掛けておくことが大切です。 

5-1.毛抜きやカミソリを使用しない

埋没毛の原因として、毛抜きやカミソリで肌を傷つけてしまうことが挙げられます。

カミソリの場合は、皮膚の必要な角質まで剥ぎ取ってしまうので、皮膚が傷つき、乾燥もしやすくなるので埋没毛ができやすくなります。 

毛抜きの場合は、毛を無理やり引っ張ることで、毛穴が傷つき炎症を起こしたり、場合によってはそこから出血して瘡蓋などができることでも埋没毛が起こりやすくなります。

ですから、自己処理する時カミソリや毛抜きの使用は止め、脱毛サロンなどでも推奨されている電動シェーバーを使用することをオススメします。

電動シェーバーであれば、カミソリに比べお肌にも負担が掛らず、必要な角質まで剥ぎ取ってしまうということもありません。

電動シェーバーはネットや家電量販店で安く手に入るので、金額的にも負担になりません。

5-2.肌の保湿

埋没毛は、肌が乾燥してもできやすくなります。

ですから、常に美容液や乳液で肌を保湿し、潤いを与えてあげることが大切です。

また、乾燥は冬の季節だけ注意すれば良いと思っている人が多いですが、実は夏の季節もクーラーが掛っている部屋にずっといると肌も乾燥しやすくなります。

夏だから肌は乾燥しないなどと安心せずに、季節を問わずきちんとお肌のケアを怠らないようにしましょう。 

5-3.肌を傷つけない

肌を傷つけてしまうのは、自己処理をする時だけではありません。

例えば、セーターなどを着用していて痒くなり掻いてしまう、半袖を着用していて、何かに引っ掛けてしまうなど、私達の生活の中では肌を傷つけてしまうことは良くあり得ることです。

しかし、肌を傷つけてしまうと、毛穴に瘡蓋ができて埋没毛も起こりやすくなるので、できるだけ普段の生活でも肌を傷つけないように心掛けることが大切です。

5.まとめ

今回は埋没毛ができる原因や改善、予防法などを詳しく紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。 

埋没毛があると肌もザラザラして汚く見えてしまうので残念な気持ちになりますが、自分自身で普段から、自己処理方法、肌の保湿、肌を傷つけないなどを意識していれば防げることも多いので、是非これからは心掛けるようにして下さい。 

また、埋没毛が沢山ある場合に、脱毛サロンやクリニックによっては、施術を断られてしまうこともあります。

その理由は、埋もれている毛に光を照射すると、皮膚の中で火傷をしてしまう恐れがありからです。

埋没毛による規定は各店舗で異なってくるので、心配な人や普段から埋没毛になりやすい人は無料カウンセリングの際にスタッフの人に確認しておくと安心でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です