今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

生理中の脱毛で注意すべき点とトラブル事例・対処法

毛の処理が面倒になってきて、脱毛サロンを検討しているものの「脱毛をしたいけど生理が近づいてきている」「生理だけど脱毛予約してしまったし、そのまま脱毛サロンに行こうか迷っている」など不安に思っているのではないでしょうか。結論から言うと生理中でも状況により、脱毛を受けられることは可能です。

本記事では、生理中の脱毛に関するあらゆる疑問を解消し、最終的にあなたが脱毛をすべきなのかどうかの判断材料を提供しています。ぜひ最後までご覧いただけると幸いです。

1.生理中で特に注意すべきはVIO脱毛

最初に生理中で注意すべき点についてお伝えします。結論をお伝えすると特に注意なのがVIOライン脱毛です。他の部位は大丈夫なケースでもVIOラインの脱毛だけは生理中に受けられないケースが多いのです。

その理由としては、『衛生面』です。血液による

  • 汚れ
  • 感染症

この2つが脱毛エステや脱毛クリニック側としては問題に感じるわけです。何か問題が大きく発展してしまう可能性もあるので、この辺は正当な理由とも言えるでしょう。

生理中のVIO脱毛が衛生面を加味してNGなケースが多いことを説明していきましたが、実はそのような“簡単な理由だけ”では無いのです。

次の項目ではVIO以外の脱毛も何故ダメなのか?について説明していきます。

2.VIO以外も脱毛できない?その理由とは

生理中はVIO以外の脱毛もダメなケースがあります。生理中だとVIO脱毛がNGなケースの理由はわかりましたが、何故ワキやその他の部位もダメなケースがあるのか?その疑問に答えていきます。

2-1.衛生面と肌トラブルの原因にも

生理中だと経血が漏れる可能性もあります。その為、VIO以外の施術でも衛生面を考慮しNGとなるケースや、生理中の体調不良や肌トラブルに考慮してNGとするケースがあるのです。

生理中はホルモンバランスが通常の状態とは変わってきます。普段の状態であれば問題無いことでも、ホルモンバランスが崩れた状態であれば下記のようなトラブルが起きやすいのです。

2-1-1.痛みを感じやすい

肌が敏感になります。この状態では痛みを感じやすく、ただでさえ痛みを伴う、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、更に痛みを感じやすいのです。

また、痛みを感じやすい為、通常時の脱毛の施術よりも出力を弱めて照射することも多く、間接的に脱毛の効果も半減してしまう可能性もあります。

2-1-2.肌の炎症

生理中は肌が乾燥しやすく、炎症を起こしやすい状態です。そんな時に脱毛器の光をあててしまうと、肌の炎症を起こすことがあります。

2-1-3.光アレルギー

こちらも肌が敏感になっていることから、普段は問題無いのに光のアレルギー反応が生じることがあります。

2-1-4.感染症

皮膚が乾燥し弱くなりやすく、細菌の繁殖を促し感染症も起こりやすくなってしまいます。

ここまで生理中の脱毛時でどのようなトラブルが起こる可能性があるのかについて説明していきました。次の項目では実際の脱毛サロンでの生理中の対応状況について紹介していきます。

3.脱毛サロンでの対応状況|生理中の脱毛施術

各脱毛サロンでの生理中の脱毛の対応状況を紹介していきます。おおむね、VIO脱毛に関してはNGなケースがほとんどです。細かい部位やどこまでOKなのかは、各サロンによって様々です。

脱毛サロンでは、トラブルが起こってしまうと営業停止処分になる可能性もあり、多少神経質に対応している事もあるようです。

以下は人気の各サロンの状況をお伝えして次にクリニックの対応状況を説明します。公式サイトに掲載があるものに関しては、公式サイトを参考にしています。掲載がないものに関して、各サロンに直接ヒアリングしています。

3-1.ミュゼプラチナム

公式サイトより生理中のデリケートゾーンの脱毛はNG、デリケートゾーン以外の施術は可能です。デリケートゾーンとは具体的に、

  • Vライン
  • Iライン
  • ヒップ奥(Oライン)
  • トライアングル上、下

になりますので、コレ以外であれば脱毛が可能です。

3-2.ジェイエステ

公式サイトによると生理中のデリケートゾーンの脱毛はNG、それ以外であればOKです。ただし、肌が敏感になる方や体調が優れない場合は、なるべくお避け下さいと明記。

3-3.脱毛ラボ

生理中の脱毛は全面禁止です。後述する予約のキャンセルについても注意が必要です。

3-4.キレイモ

生理中のVIOラインとヒップの脱毛以外は行えます。ただしキレイモでは全身脱毛月額定額プランが上半身、下半身と分けて行われるので生理中に下半身の施術を受けた場合にはVIOとヒップが除外されての1回になります。

3-5.銀座カラー

公式サイトより生理中はVライン(上部、サイド、Iライン)やヒップ、ヒップ奥(Oライン)の施術は出来ません。それ以外の脱毛施術はOKです。

これまで脱毛サロンの対応状況を説明してきましたが、次の項目では脱毛クリニックでの生理中の対応状況について説明していきます。

4.脱毛クリニックでの対応状況|生理中の脱毛施術

脱毛クリニックでの生理中の脱毛の対応状況を紹介していきます。脱毛サロンに比べVIO脱毛まで対応しているところが多いです。

コレは医師による病院での脱毛なので、感染症への対策や衛生面での対処。トラブル発生時の対応、治療等で優位性があるからだと考えられます。

各脱毛クリニックにおける対応状況は下記のとおりです。公式サイトに掲載がないので、全てクリニックにヒアリングをして状況を確認しています。

4-1.湘南美容外科

湘南美容外科では、生理中の脱毛でVIOを含む全ての箇所の脱毛をすることが出来ます。VIO脱毛の際はタンポンの使用が義務となります。

4-2.渋谷美容外科

タンポンを使用した状態であればVIOを含む全身の脱毛が可能です。

4-3.アリシアクリニック

生理中のVIO脱毛はNG。それ以外の箇所の脱毛はOKです。

ここまで脱毛クリニックでの対応状況を説明していきました。更に前章の脱毛サロンでの対応状況についても含んでのことですが、こうやって細かく説明していくと、

  • やはり生理中の脱毛はNGなのか・・・
  • 厄介者扱いされるのかな・・・

等のようにマイナスに考えてしまいがちですね。しかし基本的に脱毛の施術者は同じ女性なのでそこまで神経質に考える必要も無いかもしれません。

生理中の脱毛のデメリットは確かにありますが、自身の体質や体調について充分に気をつけていれば各脱毛エステ、クリニックのルールに従って行う脱毛はほとんど問題無いとも言えます。

次の項目では生理中の脱毛を受けるようと思った方向けに、気をつけるべきことについて紹介していきます。

5.生理中に脱毛を受ける際に気をつけること

生理中の脱毛は、自分だけではなくサロンやクリニック、施術者にも迷惑をかけることがあります。

  • 予約していた当日生理になってしまった
  • 生理中でも施術OKのサロンやクリニック

というような条件化であれば、自身の体調との兼ね合いにもよりますが、そこまで神経質になる必要もありません。

ここでは生理中の脱毛を受ける際に気をつけることをいくつか紹介していきます。その気をつける事とは、

  • 前もって施術者に生理中であることをきちんと伝える。
  • 経血が漏れないようにタンポン等の着用に注意する。
  • 自身で体調が悪かったり異変を感じたりする場合にはキャンセルをする。
  • 無理をして脱毛を受けるような事はしない。

以上の事に特に気をつけて下さい。

6.生理中の脱毛で気になる疑問をチェック

生理中の脱毛で不安に思う方からのよくある疑問をまとめてみました。予約前にぜひご覧下さい。

Q.痛みが増すの?麻酔はかけられる?

A.生理中は痛みを強く感じる場合があります。麻酔については、通常の時にも脱毛クリニックで使われるような麻酔クリーム、笑気ガスのような物で対応することができます。脱毛エステサロンでは麻酔の対応はありません。

Q.脱毛効果が弱くなるの?

A.生理中だからと言って直接脱毛効果が弱くなることはありません。ただし、痛みを感じやすくなるのでレーザー、光脱毛の照射出力を弱める事があります。その際は脱毛効果が弱まると考えて良いでしょう。

Q.生理が来なくなる(遅れる)のは本当?

A.生理時に脱毛をしたからと言って、次の生理が来なくなる、遅れる等の事はありえません。

Q.脱毛で生理周期が変わる?

こちらも生理中の脱毛により、生理周期が変わるということもありえません。

7.急に生理になった場合のキャンセル|主要サロン、クリニックの対応状況

予約日当日に生理になってしまった・・・という事は結構な頻度でありえますよね。この場合は生理中でも脱毛の対応をしている場合であれば、生理中が始まったことを告げてそのまま施術。

もし対応していない場合であれば、キャンセル扱いとなってしまいます。当日キャンセルが1回消化になってしまうかどうかは、各脱毛サロン、クリニックにより対応がマチマチです。

以下はキャンセル対応について、各脱毛サロン、クリニックの情報をまとめてみました。

7-1.ミュゼプラチナム

当日でもキャンセル対応可能。キャンセル料の設定もありません。急に生理が始まった場合にとても良心的なシステムですね。ただし、なるべく早めのキャンセル連絡が良いでしょう。

7-2.ジェイエステ

3日前までのキャンセル連絡で1回分の消化もキャンセル料もなしです。2日前~当日のキャンセルは、キャンセル料はかかりませんが1回分の消化になるので注意が必要。

7-3.脱毛ラボ

2日前の夜21時半までの予約キャンルの連絡でペナルティー無し。前日と当日の予約キャンセルは、キャンセル料1000円。当日のキャンセルは更に1回分の消化も加えられます。

ここで少しややこしいのですが、当日キャンセルの場合でもその日の内に店舗にキャンセル料を払いにいけば、1回分の消化にはならないようです。

脱毛ラボの場合は、生理中全ての部位の脱毛が出来ませんから注意が必要。もし生理が来た場合には早めの連絡、適切な対応をしましょう。

7-4.キレイモ

予約のキャンセルでキャンセル料はかかりません。回数プランの場合は前日までの連絡で予約日の変更が可能。月額制プランの場合には予約日の変更は出来なく、1回分が消化されてしまうので注意が必要。

7-5.銀座カラー

キャンセルは前日の19時までの連絡が必須。回数無制限コースの場合に前日19時までに連絡しなかった場合には2000円のキャンセル料が発生。回数指定コースの場合には前日19時までに連絡しなかった場合には1回分が消化されてしまいます。

7-6.湘南美容外科

キャンセルは予約日の前々日、23時までの連絡でキャンセル料がかかりません。それ以後のキャンセルは3000円かかってしまいます。脱毛回数が減らされる等のペナルティーはなしです。

ただし、生理に関しては湘南美容外科の場合にはタンポンを付けた状態であれば、全ての部位の脱毛が出来ます。肌の調子や体調が悪くなければ問題無いとも言えます。

7-7.渋谷美容外科

全身脱毛の場合は、

  • 当日キャンセル5400円
  • 前日キャンセル2700円

その他の脱毛は、当日キャンセル2160円かかります。

7-8.アリシアクリニック

キャンセル料は当日を含めて全て無料。

8.まとめ

生理中の脱毛について説明してきましたが、簡単にまとめてみると。

  • 生理中の脱毛は、ホルモンバランスの崩れでいくつかのデメリットがある。
  • 脱毛エステでは生理中の脱毛対応が様々。VIOライン脱毛は、ほぼNG。
  • 脱毛クリニックでは生理中でもOK。タンポンを付けていればVIOラインの脱毛も可能なクリニックも。
  • キャンセル料や対応に注意

あなたの状況や体に合わせて、脱毛をご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です