脱毛にはメリットが多い?光脱毛やレーザー脱毛のメリット・デメリットを徹底調査

最近は誰でも気軽に受けられるようになった脱毛。

脱毛をして「ムダ毛のお手入れがラクになった」「肌が綺麗になった」「露出の多い服も沢山着られる」と喜んでいる人も多く、メリットが沢山あるように見えます。

しかし、本当に脱毛はメリットばかりなのでしょうか?これから脱毛を始めようか考えている人には気になることですよね。

そこで、今回は脱毛のメリット・デメリットについて、また光脱毛やレーザー脱毛に関しても詳しく解説していきたいと思います。 

是非、このサイトを参考に脱毛を検討して頂けたら幸いです。

1.脱毛にはどのようなメリット・デメリットがあるのか?

では、脱毛をする上でどのようなメリット・デメリットがあるのか詳しく見てみましょう。

最初にメリットを詳しく紹介していきます。

メリット①:自己処理がラクになる

脱毛をすると、段々ムダ毛が生えにくくなるので、毎日のお手入れがとてもラクになります。

また自己処理をする回数が減るということは、肌にも負担が掛らなくなるので、肌トラブルも防げます。

メリット②:肌が綺麗になる

脱毛をしてムダ毛がなくなると肌も綺麗に見えて清潔感も増します。

また、綺麗な肌は異性からも好感を持たれます。

メリット③:老後の為

最近は、老後のことを考え介護者に迷惑を掛けないようにVIO脱毛する人も増えています。

VIOにムダ毛がない方が汚れも付着しにくいので、おむつを取り替える時など介護者もお手入れがしやすくなります。

メリット④:露出の多い服が着られる

脱毛をすると、肌が綺麗になるので、水着やホットパンツなど露出が多い洋服も楽しめるようになります。

では、次にデメリットを紹介します。

デメリット①:お金が掛かる

自宅で自己処理をする場合にはあまりお金は掛りませんが、脱毛サロンやクリニックに通うとなると、それなりにお金が掛ってきます。

特に全身脱毛となるとかなり高額になってきてしまいます。

デメリット②:肌トラブルが起きる場合もある

光脱毛やレーザー脱毛は、直接肌に光を照射する為、その時の肌の状態や、光の強さによっては、火傷や赤み、腫れなどの肌トラブルを起こしてしまう場合もあります。

デメリット③:時間を取られる

脱毛は1回で完了するものではなく、毛周期に合わせて長期間通う必要があるので、毎回店舗に通う度に時間を取られてしまいます。

このように、脱毛にはメリットも沢山ありますが、デメリットも存在します。

メリットだけではなく、きちんとデメリットも頭に入れておく必要があります。

では、次にもう少し詳しく見ていきたいと思います。

具体的には脱毛方法毎にメリット・デメリットは異なりますので、脱毛方法毎に見ていきたいと思います。

2.脱毛方法のメリット・デメリットを見てみよう

脱毛方法にもいろいろなものがあります。ここでは下記の脱毛方法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

  1.  光脱毛
  2. レーザー脱毛
  3. ニードル脱毛
  4. 除毛クリーム
  5. 脱毛ワックス
  6. 脱毛(除毛)石鹸
  7. 家庭用脱毛器

光脱毛

光脱毛は脱毛サロンで受けることができます。

光脱毛は、照射する光の出力が弱いので、肌にも負担が掛かかりにくく、火傷や腫れなどのトラブルも起こしにくいです。

またレーザー脱毛に比べて料金も安いので学生でも始めやすいです。

ただし、光の出力が弱い分脱毛効果が出るまでに時間が掛かってしまいます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛はクリニックで受けることができます。

レーザー脱毛は、照射する光の出力が強いので、早い段階で脱毛効果もしっかり実感できます。

また、クリニックなので、常にお医者さんがいる点も安心できます。

ただし、照射出力が強い分、痛みを感じやすくなったり、光脱毛に比べ料金も高くなります。

また肌が弱い人の場合は、腫れや赤みなどの肌トラブルを起こしてしまう場合もあります。

レーザー脱毛の全知識/効果やリスクを徹底解説

2016.10.08

ニードル脱毛

ニードル脱毛はクリニックやサロンの場合TBCなどで受けることができます。

ニードル脱毛は、毛穴にプローブという針を差し、微弱の電気を流して毛根を完全に破壊するので、処理をした毛穴からは二度と毛が生えてきません。

また、色素の薄い毛や産毛にも効果があるのが魅力です。

ただし、毛穴に針を差すので、かなりの痛みを伴い、腫れや赤みが出てしまう場合もあります。

除毛クリーム

除毛クリームは通販やドラッグストアなどでも簡単に手に入ります。

除毛クリームには、アルカリ性の成分が入っているので、たんぱく質の毛に作用して毛を溶かしていきます。

最後にクリームを拭きとると、毛がなくなり肌がツルツルになります。

ただし、表面に生えていた毛を取り除いたに過ぎないので、数日経つとまた毛が生えてきてしまいます。

手軽に自宅脱毛するなら脱毛クリーム。トラブルなく使用するには?

2016.11.13

脱毛ワックス

脱毛ワックスは通販やドラッグストアで購入できます。また、最近では脱毛ワックス専門のサロンも多くなってきました。

使用方法は、ムダ毛にワックスを塗布して、その上に専用ペーパーを乗せて一気に剥がしていくというものです。

毛根から一気に毛を引き抜くので、一度処理をすると個人差にもよりますが、2~6週間前後は毛が生えてきません。

ただし、強い力で毛根から毛を引き抜く為、肌が腫れてしまったり、毛のう炎になってしまう場合もあるので注意が必要です。

手軽で便利な脱毛ワックスシート。知らないとまずい使用方法と失敗の防ぎ方

2016.12.13

脱毛ワックスの全特集/注意点とオススメ商品を紹介

2016.10.08

脱毛(除毛)石鹸

脱毛石鹸は通販などで購入できます。

脱毛石鹸には、毛の成長を促す毛母細胞の働きを弱らせる成分が含まれているので、使用していくと、毛が生えるスピードが遅くなったり、薄くなる場合もあります。

ただし、個人差によるので使用してもあまり効果が出ないという人も中にはいます。

脱毛石鹸は本当に効果がある?口コミで「今」人気の脱毛石鹸はこれ

2016.11.20

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は主に通販で購入できます。自宅にいながら脱毛できるので、自分の好きな時に使用できるのが良いです。

また、他人に脱毛部位を見られたくないという人にとっても画期的な脱毛方法です。

ただし、使用方法を間違えてしまうと、肌トラブルなども起こし兼ねないので、使用する際は慎重に取り扱わなくてはいけません。

家庭用脱毛機器ケノン/脱毛効果とおすすめな人を解説

2016.09.12

このように、脱毛といってもこんなにも沢山の種類があります。

この中でも、安全にきちんとムダ毛をなくしたいという人には、私は光脱毛やレーザー脱毛をオススメします。

特にレーザー脱毛に関しては、クリニックで行う為医師も常駐しているので安心です。

医療脱毛ガイド/回数やレーザーの種類・デメリットを全解説

2016.11.12

脱毛人気ランキング/エステサロン、クリニック、脱毛器を徹底調査

2016.09.03

では、次に部分脱毛のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

3.脱毛部位のメリット・デメリットを見てみよう

脱毛部位にもいろいろなメリット・デメリットがあります。

ここでは下記の部位を見てみましょう。

  • ワキ
  • VIO

ワキ脱毛

脱毛といえば、まず最初にワキを処理したいという人が圧倒的に多いです。

ワキは自分では見えにくく、自己処理の仕方によっては黒いブツブツが残ってしまいますが、脱毛をすると毛根から毛が抜けるので綺麗なワキになります。

ただし、ワキ毛がなくなることで、ワキ汗がダイレクトに流れてくるので気になるようになったという人もいます。

気になる脇脱毛/本当にキレイになる?それともトラブル増加?

2016.09.27

VIO脱毛

ワキに続いて人気の脱毛部位といえば、VIOです。

VIOを脱毛すると、生理の時に経血がムダ毛に絡まなくなるので衛生的ですし、蒸れも少なくなるので不快な臭いも軽減されます。

ただし、ムダ毛がなくなることで、経血が毛に絡まずに流れてくるので、横漏れするようになったという意見も多く聞かれます。

VIOや髭脱毛は後悔するの?後悔しない為のポイントを解説

2016.12.25

人気のvio脱毛!気になる痛み・デメリットは大丈夫?

2016.09.27

髭脱毛

男性の脱毛で人気部位といえば髭です。

髭の生え方には個人差がありますが、濃い毛が顔いっぱいに生えていると清潔感に欠けてしまいます。

しかし、髭脱毛をして少し薄くするだけでも、爽やかなイメージになり、異性からも好感が持たれます。

ただし、髭は皮膚の薄い部分にあるので、痛みがかなり出やすくなり、人によっては赤みなども出てきてしまいます。

ひげの脱毛/おすすめの方法と選び方を徹底解説

2016.09.03

顔脱毛

最近は、身体だけではなく、顔を脱毛する人も多くなっています。

顔を脱毛することで、ムダ毛がなくなり、化粧ノリも良くなるので時間短縮にもなります。

ただし、顔に生えている毛は、産毛や色素の薄い毛が多いので、脱毛効果が出にくいというデメリットもあります。

顔脱毛をする前に!おすすめの方法と注意点を徹底解説

2016.09.19

このように、脱毛部位にもそれぞれメリットやデメリットがあるので、上記のような部位を脱毛したいと思っている人は、良く考えてから脱毛した方が良いでしょう。

では、次に全身脱毛のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

4.全身脱毛のメリット・デメリット見てみよう

全身脱毛にはどのようなメリット・デメリットがあるのか詳しく見てみましょう。

全身脱毛をすると、身体全体の毛が生えにくくなるので、お手入れする回数が減りとてもラクになります。

仕事で忙しい人や子育て中の人は、自己処理に時間を取られないので良いですよね。

ただし、全身を脱毛するので、光脱毛で3~4年、レーザー脱毛では1年半~2年近く脱毛期間が掛ってしまいます。

また、光脱毛の場合は、全身に冷たいジェルを塗布していくので、身体が冷えるので苦手という人も多くいます。

※キレイモは冷たいジェルは使用しません。ディオーネではホットジェルを使用します。

そして、部分脱毛などに比べ、脱毛料金も高額になり、脱毛サロンで300,000~350,000円、クリニックでは500,000~600,000円くらいに掛ってきます。

全身脱毛は、デメリットも多いのできちんと考えてから契約するようにしましょう。

脱毛料金を総額で比較!全身脱毛・髭脱毛にかかる総額はいくら?

2016.11.13

全身脱毛ブック/全身脱毛にまつわる全ての疑問に答えます。

2016.09.27

5.まとめ

今回は、脱毛のメリット・デメリットについて詳しく見てきましたがいかがだったでしょうか?

脱毛には、「お手入れがラクになる」「肌が綺麗になる」などのメリットも多くありますが、「料金が高い」「肌トラブルを起こす場合もある」などデメリットも存在します。

その両方をきちんと理解して納得してから始める必要があります。

脱毛を始めてみて、こんなはずではなかったとならないように、上記に記載した注意点なども頭に入れておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です