今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

7つの脱毛方法と特徴・違いとメリット・デメリットを徹底解説

脱毛と一言で言っても様々な方法があります。こちらのページでは主要な脱毛方法として7つの手法を取り上げています。それぞれ、メリットやデメリット、脱毛したい方がどの程度脱毛したいのか?

年齢や立場、脱毛部位によって最良の脱毛方法が違っていきます。あなたに合った脱毛方法を見つけるための参考にしてください。

目次

1.7つの脱毛方法の詳細と特徴

主要な脱毛方法として考えられるのが、7つの脱毛方法です。7つの脱毛方法とは、

  1. 脱毛エステでの脱毛
  2. 脱毛クリニックでの脱毛
  3. 家庭用脱毛器による脱毛
  4. 毛抜きによる自己処理
  5. カミソリによる脱毛
  6. 自己処理でのワックス脱毛
  7. 脱毛クリームでの脱毛

以上の手法です。それぞれ特徴があるので順番に説明していきます。

1-1.脱毛エステでの脱毛詳細

現在、脱毛の方法と言うと最も想像するのが脱毛エステでしょう。以前は敷居が高い印象がありましたが、現在では価格も安価になり各社脱毛サロンが乱立しており、サービスの競争も高まっているので消費者にとっては有り難い状況ですね。

この脱毛エステでの脱毛ですが、主要な方法として大きく分けて3つの脱毛方式「光脱毛」「ニードル脱毛」「ワックス脱毛」があります。順番に説明していきますが、それぞれ特徴があるので予約の前に頭に入れておくと良いでしょう。                 

1-1-1.光脱毛の特徴

脱毛エステで最も多く採用されているのが、この『光脱毛』です。光を照射し、毛や毛根の黒い部分に熱で反応し毛根組織を破壊します。ただし、出力が後述するレーザー脱毛に比べ弱いので脱毛完了までに多くの回数と時間が“ある程度かかる”のが特徴です。

1度に当てられる範囲が広く、短時間で照射が完了する為、1回辺りの費用が安価なのがメリットです。 

1-1-2.ニードル脱毛の特徴

エステでは、古くから存在する脱毛方法です。永久脱毛効果があるのはニードル脱毛だけ!と言われてきました。別名として、針脱毛や美容電気脱毛とも呼ばれている脱毛手法です。

毛の一本一本の毛穴に、専用の針を刺し電気を流します。電気の熱のパワーで毛根を破壊する仕組みです。脱毛効果が非常に高く、永久脱毛も期待できます。

ただし、1分間辺りに処理できる毛の本数が少なく、費用が高額になりがちです。この為、現在では主流の脱毛方法とは言えなくなってきています。 

1-1-3.ワックス脱毛の特徴

ワックス脱毛とは、専用のワックスを脱毛したい部位に塗りこみ、引き剥がすことにより脱毛する手法です。全身のほとんどのムダ毛に適応できますが、主に使われている部位としては、VIOラインの脱毛です。この為、別名として『ビキニワックス』や『ブラジリアンワックス』と呼ばれています。

VIOライン脱毛専用の脱毛エステも多く存在します。完全にツルツルにしたい人や、形やデザインを整える仕上がり等にも対応できます。ワックス脱毛は、多少の痛みを伴いますが、特に仕上がりがキレイなことが特徴です。

 VIOラインに使うメリットとしては、“永久脱毛効果”が逆に無いことも挙げられます。さすがに、部位が部位なだけに、これから生やしたくなった場合に永久脱毛でツルツルになってしまっては問題があると考える人が多いからです。

1-2.脱毛クリニックでの脱毛詳細

脱毛クリニックで、主流な脱毛方法は、『医療レーザー脱毛』です。ニードル脱毛(針脱毛)も一部のクリニックでは行われているようですが、ほとんどのクリニックでは医療レーザー脱毛を主としています。ここでは医療レーザー脱毛の特徴を簡単に説明していきます。

1-2-1.医療レーザー脱毛

エステサロンで一般的な光脱毛と同じく、照射するレーザーによって、毛や毛根の黒い部分に反応し熱により毛根細胞を破壊し毛を生えなくするという手法です。 

光脱毛との違いは、『光の波長が単一である』という専門的な事の他に、『照射のパワーが強い』という大きな特徴があります。この為、脱毛効果が非常に高いのです。

エステサロンの光脱毛に比べると脱毛完了までの回数や期間が短くて済むという大きなメリットがあります。デメリットとしては、1回辺りの費用がある程度することや効果がある分、多少の痛みを伴うことです。

1-3.家庭用脱毛器による脱毛詳細

自宅にいながら出来る脱毛方法として、人気なのが家庭用脱毛器です。実は、家庭用脱毛器にも種類があって、脱毛効果や効果の持続性等が異なってきます。ここでは4つの脱毛器の種類について取り上げていきます。

1-3-1.光脱毛器の特徴

脱毛エステで使われている光脱毛と同じタイプの物です。ただし、一般的に脱毛エステの光脱毛器よりも安全性を加味し光の出力を抑えるように設計されています。商品によっては、連射式の物だったり出力の強弱を調整できたりする物もあります。

 一般に本体価格は、ある程度高いですが、使っていく内に1回辺りのコストが安くなっていくのが特徴です。

脱毛効果は強いとは言えませんが、自宅にいながらじっくりと毛が生えなくなる脱毛をしたい方には最適な手法です。家庭用の光脱毛器で人気なのが、「ケノン」です。

 

カートリッジに種類が豊富な事や、カートリッジの寿命の長さ、照射範囲の広さ等が選ばれる理由のようです。 

1-3-2.レーザー脱毛器

前述のクリニックでの医療レーザー脱毛と方式としては同じ手法です。ただし、医療レーザーと比べて安全性を重視し出力が弱く設定されています。この為、『家庭用脱毛器の光脱毛器よりは効果が高い』程度に考えるべきです。

光脱毛器よりは効果が高いのですが、家庭用のレーザー脱毛器は照射範囲が狭いので、髭や細かい部位には向いているのですが、範囲が広い部位は時間と手間がかかるのが難点です。また、光脱毛器に比べると市場に出ている物が少ないのも特徴です。

代表的な商品は、「トリア」という脱毛器です。より効果が高く、家にいながらじっくりと脱毛できる人にオススメ。             

1-3-3.サーミコン式脱毛器の特徴

サーミコン式脱毛器、別名は熱線式とも呼ばれるように、脱毛器と言えば脱毛器なのですが、カミソリに近いような仕組みです。肌に触れないような設計になっていますが、脱毛器の熱線部分で毛を焼いて溶かして脱毛していきます。

この手法は痛みもありませんし、手軽に脱毛することができます。また、カミソリのように直接肌に触れるわけではないので、肌に傷も付けません。脱毛器によって焼かれた毛の断面図は溶けているのでチクチクしないというメリットもあります。

ただし、剃るのと同じような仕上がりになるので

  • 永久脱毛効果は無く、すぐに生えてきてしまうこと
  • カミソリほど深く剃れない

以上のデメリットもあります。人気の商品は、ヤーマンというメーカーから出ている「ノーノ―ヘア スマートプロ」です。

1-3-4.抜くタイプの脱毛器の特徴

古くからある家庭用脱毛器のタイプがこちらです。抜くタイプの脱毛器として昔、人気商品だった代表的なのがパナソニックから出ている「ソイエ」です。

『きれいなおねえさんは、好きですか?』というCMが流れていたのが記憶にある人もいるでしょう。こちらはお風呂で泡をつけながら優しく抜くというタイプで人気商品でした。

現在でも発売されており使用している人も多いようです。ただし、抜くタイプですから、どうしても痛みは伴いますし、剃るよりは仕上がりがキレイですが、永久脱毛効果も当然無くてすぐに生えてきてしまうという特徴があります。現在では特にメリットが大きい商品とは言えませんね。

1-4.毛抜きによる自己処理

簡単で手軽、とりあえずキレイに見える分には最適な方法かもしれません。ただし、広い部分のムダ毛を全て抜いていくとなると非常に手間がかかります。

また、何度も同じ箇所を抜いているとかさぶたになり、新しく生えてきた毛が皮膚の内側を移動する埋もれ毛になってしまう恐れがあります。埋もれ毛になってしまうと皮膚に炎症を起こしやすいので注意が必要。

埋もれ毛だけじゃなく毛を抜くことにより皮膚に炎症を起こすことも多々あるので、あまりオススメの方法ではありません。もしも毛抜きによる脱毛を優先!というのであれば、毛抜き自体と毛を抜く前後の肌をきちんと消毒して清潔な状態を保ってから行いましょう。炎症のリスクを少しは軽減できるはずです。

1-5.カミソリによる脱毛詳細

こちらも手軽な一般的な手法。カミソリにはI字型とT字型の2種類があります。また、I字型のカミソリにはガード付きの物と付いていない物があります。

簡単な特徴としては、I字型は細かい部分に適しています。顔や眉毛処理等ですね。T字型はボディー等の広い部分に適しています。

市販されているカミソリではガード付きの物が一般的です。ガード無しのカミソリは、誤って使用すると傷が深くなってしまうというデメリットがありますが、キレイに深剃りできるというメリットもあります。

これらをふまえて選んでいきましょう。ただしカミソリの処理自体、どうしても肌を傷付けてしまいますし、部位によっては毛が皮膚の中に青く透けて見えてしまうので見栄えがあまりよくありません。

また、すぐに生えてきてしまうというのもデメリットです。出来ることならあまり多用したくはありませんね。

1-6.自己処理でのワックス脱毛

脱毛エステでのワックス脱毛と原理としては同じです。人気の商品としては、「アンジェリカワックス」です。

自分で脱毛できるように、安全に簡単に取り扱えるように開発されています。全身にも使うことができますが、やはり主にVIOラインの脱毛に使っている方が多数のようです。

永久脱毛効果はありませんが、仕上がりがキレイなことや、想像よりも処理に痛みが少ないのがメリットです。※痛みに関しては個人差があります。

1-7.脱毛クリームでの脱毛詳細

アルカリ性の溶剤で脱毛というよりも除毛していくタイプの手法です。除毛クリームとも呼ばれていますね。人気の商品は「エピプレミアムクリームDX」です。

特徴としては、『除毛の手間がラク!』という点です。除毛したい部分にクリームを塗り、所定の時間を置いてから洗い流すだけなので、最も簡単で手間いらずの手法かもしれません。

デメリットを挙げていくと

  • 永久脱毛効果は無い
  • クリームが肌に合わない可能性がある
  • デリケートな部分の脱毛はオススメ出来ない

以上の点があります。

これまで7つの脱毛方法について簡単に説明していきました。次の項目では、若い人には特に主流の「脱毛エステ」による具体的なお店で採用されている脱毛方法についてお伝えします。

2.人気脱毛エステでの脱毛方法

脱毛エステでの脱毛手法は前述の通り、『光脱毛』『ニードル脱毛』『ワックス脱毛』と説明していきましたが、具体的にどの店舗がどの方法を採用しているのか?紹介していきます。

ここでは、人気の脱毛エステ7店での脱毛方法をリサーチしてみました。7つの店舗とは、

  1. ミュゼプラチナム
  2. TBC
  3. キレイモ                                      
  4. エタラビ                                      
  5. ジェイエステ                               
  6. エピレ                                         
  7. 銀座カラー

以上の店舗になります。

2-1.ミュゼプラチナムの脱毛方法

S.S.C.方式と呼ばれる光脱毛の一種の脱毛方法を採用しています。ジェルを肌に塗りライトをあてます。

ミュゼプラチナムはコチラ

2-2.TBCの脱毛方法

老舗エステであるTBCでは2つの脱毛方法を採用。好みや目的の仕上がりに応じて使い分けや組み合わせをしています。2つの脱毛方法とは、

  1. スーパー脱毛
  2. ライト脱毛

です。スーパー脱毛とは美容電気脱毛(ニードル脱毛)のことで前述の通り非常に脱毛効果の高い手法です。ライト脱毛とは美容ライト脱毛と命名していますが一般的な光脱毛のこと。スピィーディーに手軽に脱毛ができるのが特徴です。

TBCはコチラ

2-3.キレイモの脱毛方法

一般的な光脱毛の方法を採用しています。ジェルは使いません。

キレイモはコチラ

2-4.エタラビの脱毛方法

コラーゲンジェルを使用した後の光脱毛です。

エタラビはコチラ

2-5.ジェイエステティックの脱毛方法

一般的な光脱毛の方法です。ヒアルロン酸トリートメント有り。

ジェイエステティックはコチラ

2-6.エピレの脱毛方法

一般的な光脱毛です。照射前には、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸の入ったジェルを塗布します。

エピレはコチラ

2-7.銀座カラーの脱毛方法

IPL脱毛という光脱毛の一種の方式を採用しています。脱毛前後のケアも充実。

銀座カラーはコチラ

ここまで主要な脱毛エステでの脱毛方法をお伝えしてきました。次の章では人気脱毛クリニックで実際に行われている脱毛方法についてお伝えします。

3.人気脱毛クリニックでの脱毛方法

ここでは脱毛クリニックの脱毛方法についてお伝えします。人気の高い脱毛クリニックを3つピックアップしています。基本はどこも医療レーザー脱毛を主に採用しているというのは変わりません。                    

3-1.湘南美容外科の脱毛方法

脱毛は医療レーザー脱毛の方式を採用。脱毛器の種類は「アレキサンドライト」「メディオスターNext Pro」の2種類を用意しています。それぞれ簡単に説明していきます。

<アレキサンドライト>
定番の脱毛器の機種です。特徴はレーザーのビームがより深部まで到達すること。これにより深い毛根にまで届くというメリットがあります。また、より広範囲の施術が可能なので効率よく脱毛することができます。

<メディオスターNext Pro>
ダイオードレーザーで肌の上を滑らすように脱毛します。特徴は、肌質や毛の質を問わず効果が期待できること。産毛にもしっかり照射できるというメリットがあります。色黒の人でも効果が高いように設計されており、痛みも少ないのが特徴です。

3-2.アリシアクリニックの脱毛方法

医療レーザー脱毛を採用。脱毛器の種類は、Lightsheer DUET(ライトシェア デュエット)という機種で痛みの少ないとされるダイオードレーザー方式です。ジェル不要で、痛みも少なく脱毛時間も短くて済むという特徴があります。

3-3.渋谷美容外科クリニックの脱毛方法

医療レーザー脱毛採用で脱毛器の種類が、アレキサンドライト・レーザーです。

ここまで脱毛クリニックや脱毛エステ、その他の脱毛方法について述べてきました。ただ、結局どれがおすすめなのか判断が付かないの人もいるのではないでしょうか。

そこで次の章では7つの脱毛方法を、様々な点から見て比較していきます。

4.脱毛方法比較|効果の強さや価格、脱毛にかかる期間で比較!

ここまで大きく分けると7つの脱毛方法について述べてきましたが、それぞれの方法で表を使って比較してみました。5点が最高評価で0点が最低評価です。

脱毛方法 仕上がり 即効性 手軽さ 永久脱毛効果 費用 コストパフォーマンス
脱毛エステ
(光脱毛)
5 3 4 4 3 4
脱毛エステ
(ニードル脱毛)
5 4 3 5 2 3.5
脱毛エステ
(ワックス)
5 5 4 0 3 3
脱毛クリーム
(医療レーザー)
5 4 3 5 2 4
家庭用脱毛器
(光脱毛)
5 3 4 3 3 4
家庭用脱毛器
(レーザー)
5 3 3.5 3.5 3 4
家庭用脱毛器
(サーミコン)
3 5 4 0 4 3
家庭用脱毛器
(抜きタイプ)
4 5 4 0 4 2
毛抜き 4 5 5 0 5 3
カミソリ 3 5 5 0 5 2
自己処理でのワックス 4 5 5 0 4.5 2
脱毛クリーム
(除毛クリーム)
3 5 5 0 4.5 2

比較表は自分に合った脱毛方法を選ぶのに参考にしてください。上記を見てもどれを選んでいいのか分からない人は、次の章にて私がオススメする脱毛方法について述べていきます。

5.私が選ぶオススメの脱毛方法

7つの脱毛方法とその比較をしてきましたが、ここでは私がオススメの脱毛方法をお伝えしていきます。

結論から言うと『脱毛クリニックでの医療レーザー脱毛』です。費用がある程度かかることや、手軽さという点では他の方法に劣る部分もありますが、やはり効果の高さ、特に永久脱毛効果で優位性があります。

また費用に関してもその他の方法よりも短期間で済んでしまうことや、一度生えてこなくなると消耗品等の費用や脱毛の手間もかからないことからコスパの面で優位性があると考えられるからです。

ここでは私の考えとして脱毛クリニックがオススメである理由を簡単に説明していきました。ただし、部位別に関してはこの限りでは無い場合があります。

次の項目では部位別の脱毛で私がオススメする方法を紹介していきます。

6.私が選ぶ部位別のオススメ脱毛方法

部位別に私がオススメする脱毛方法を紹介していきます。

6-1.ワキ

ワキのムダ毛は脱毛をしようとする時に1番に注目する箇所です。ワキ脱毛の場合も医療レーザー脱毛は最も有効的ではありますが、私のオススメとしては、初めての脱毛でワキだけを脱毛したい場合には、脱毛エステです。

理由はワキ脱毛に関しては、脱毛エステ各社が注力しているからです。サロンによりますが、ワキ脱毛のみ回数無制限で格安で行えるプランがあるからです。

期間限定の可能性もありますが、例えばミュゼプラチナムでは、ワキ脱毛完了コースとしてかなりの安価で回数無制限で行えます。

6-2.背中

背中に関しては、特に太い毛というよりも産毛から中間の太さのような毛質の方が多いので医療レーザー脱毛でしっかり脱毛していくのをオススメします。

6-3.ウデ

ウデの場合も特に太い毛でもありませんが、しっかり医療レーザー脱毛で永久脱毛を目指すのがオススメ。

6-4.眉毛

眉毛は顔の印象を変える部分なので、しっかり丁寧に脱毛したいところ。ただし、今はキレイに完璧に整えたつもりでも流行というのが存在します。ですので、明らかに要らない!という部分以外は、自身の手で処理していくのをオススメします。

手法としては、毛抜きかカミソリが良いでしょう。明らかに要らない!という部分であれば、脱毛エステによるニードル脱毛がしっかり脱毛も出来て丁寧に1本ずつ処理できるのでオススメ。

6-5.胸毛

胸毛も特に要らない箇所なのでしっかり脱毛できる医療レーザー脱毛がオススメです。

6-6.VIO

VIO脱毛に関しては意見が分かれるところです。今は完全にツルツル状態にしたくても後々生やしたくなったら困るという意見が多いので、私のオススメとしては、脱毛エステによるワックス脱毛や、通販で購入できるワックス脱毛での処理がオススメです。

特に脱毛エステでのワックス脱毛では、全てツルツルにする以外にもデザインで残すところと処理するところを自由に設定できるのでオススメ。

6-7.顔の産毛

顔の産毛に関しては毛が細いこともあり、光やレーザーが反応しない可能性があります。ここでオススメなのが脱毛クリニックの中でも脱毛器の種類に、ダイオードレーザーを使用しているクリニックです。

ダイオードレーザーは産毛にも反応して処理できるからです。また、顔という特に失敗できない箇所なので病院での施術で安全性が高いというメリットがあります。

部位別にオススメの脱毛方法を紹介してきましたが、次の章では脱毛したい方の目的や立場、条件等で脱毛方法を選んでいくさいのオススメ脱毛方法を紹介します。

7.目的や条件で選ぶオススメ脱毛方法

ここでは年齢や目的等の条件で選ぶ最適な脱毛方法をお伝えします。

7-1.未成年(小学生、中学生、高校生、大学生を含む)の脱毛方法

未成年の脱毛ですが、各脱毛サロンやクリニックで少しずつ対応が異なっています。例えば、生理が始まる前の女性はNGであったり、16歳以上からが対象であったり、年齢制限無しであったり様々です。

しかし、ほぼ全ての脱毛サロンやクリニックで、未成年の場合は『親の同伴、又は同意書が必要』になってきます。未成年の方は脱毛を受ける場合にオススメなのは、やはり脱毛クリニックでの脱毛です。

理由は年齢にもよりますが、成長期である場合には脱毛による負担を与える可能性もあるからです。個別のケースで様々な事があると思いますが、やはりそのような時には、医師に相談してみるのが安全性という点で最良な選択です。

7-2.永久脱毛をしたい方向け脱毛方法

毛がもう生えてこなくなる『永久脱毛』ですが、実は方法をいくつかしか存在しません。ここでは100%永久脱毛出来る!という表現では無くて、続けていくことで永久脱毛に近づけるという方法をピックアップしていきます。

順番に永久脱毛効果が高い順に並べていくと、

医療レーザー脱毛>脱毛エステでのニードル脱毛>脱毛エステでの光脱毛>家庭用脱毛器でのレーザー脱毛>家庭用脱毛器での光脱毛

以上の5つの方法でしか、現時点では永久脱毛効果は望めません。ここでも、やはり永久脱毛効果は医療レーザー脱毛に優位性がありオススメです。

7-3.できるだけ安く生えてこなくなる脱毛方法

永久脱毛効果にもつながる事ではありますが、できるだけ安く生えて来なくなる脱毛方法と言うと、定義が難しいのとその人の体質、毛質にもよるので完全な答えというのも存在しません。

  • できるだけ安く脱毛したい。
  • 永久脱毛効果を期待できる。
  • 全身の毛を処理したい。

この3つを踏まえると、いくら時間がかかっても良いというのを前提にすると、この条件では、『家庭用脱毛器の光脱毛』をオススメします。

理由は全身に脱毛器を当ててもコストがかなり安く済むことです。時間はかかりますが、安いという点においては、とても有効。

全身の毛の処理ではなく、一部分の処理であれば回数が少なくて済む医療レーザー脱毛が安価に済む事も多いです。

7-4.メンズ脱毛でオススメの方法

ここではメンズ脱毛のオススメ方法を紹介していきます。メンズの場合は女性と比べ毛が太くて多いことから脱毛が困難な場合があります。部位毎に提案しているので参考にして下さい。

7-4-1.髭

髭に関して言えば、範囲が狭いのと、デザインが可能で効果が強い脱毛方法である、ニードル脱毛をオススメします。

7-4-2.すね毛

男性のすね毛は太くて量も多いのでレーザー脱毛でも反応しやすいのが特徴です。ただし女性と違って、仕上がりに条件が付きやすいです。例えば、完全にキレイにツルツルになりたい人や“ある程度薄くなれば良い”という人まで様々ですね。

完全にツルツルになりたい人はレーザー脱毛5回~6回コースを申し込んでみるのが良いでしょう。ただし、それでも完全にツルツルにならない場合もあります・・・

全体的に薄くしたい程度であれば、自分で処理のできる家庭用脱毛器のチョイスも良いですね。特に脱毛クリニックや脱毛エステに行くのに抵抗がある人が男性にはまだまだ多いです。家庭用脱毛器は人に見られないで自分で好きな時に処理できるので男性にもニーズが高いのです。

7-4-3.ケツ毛や陰毛部分

これも恥ずかしい箇所なので家庭用脱毛器での処理をオススメします。ただし、キレイに完全に処理したい場合には、脱毛エステや脱毛クリニックでの処理をオススメします。

専用のケツ毛や陰毛部分である男性用VIOライン脱毛というコースを取り扱っているエステやクリニックもあります。主要なところでいくと「メディエススキンクリニック」や「湘南美容外科クリニック」です。

8.まとめ

大きく分けて7つの脱毛方法について紹介してきました。それぞれメリットやデメリットがありますし、「脱毛したい方がどの程度脱毛したいのか?」「どこの部位を脱毛したいのか?」によってオススメの脱毛方法は異なってきます。

私としては、基本的に『脱毛クリニック』での脱毛をオススメしています。

  • 安全性が高いこと
  • 脱毛効果が最も高く永久脱毛効果もあること
  • 脱毛完了までの費用がトータルで見ると安いこと

等が理由です。最終的に何にするのかはあなた自身が選択することになりますが、本記事を見て頂き判断が付けば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です