今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

中学生に最適な脱方方法/オススメの脱毛方法は徹底解説

中学生くらいになると女の子にもワキ毛や体毛が目立ってきます。ですが、いざ脱毛しようと思っても自分のお小遣いだけで脱毛サロンに通える子もごく一部です。

また、年頃の子だけに『ムダ毛恥ずかしいしどうしよう死にたい・・・』と悩んでいる子も多いでしょう。 

こちらのページでは中学生でも出来る脱毛方法を紹介していきます。また、現実的に中学生にオススメできる脱毛方法も私目線で述べていきます。

それらを知ることによってムダ毛の悩み解消が出来れば良いです。

1.中学生が脱毛する際の注意点

中学生が脱毛する際の注意点は、いくつかあるのですが以下の通りです。

成長期の為、脱毛しても無駄になってしまうことも

中学生は成長期の最中ですから、まだまだムダ毛の量も太さも増えていく一方です。ですからこの時期に脱毛サロン等で本格的な脱毛をしても新たな毛が生えてくることがあります。この辺を考慮して無駄になっても良いと思えるのであれば問題ありません。

生理が始まる前の段階では脱毛するべきではない

全てのサロンではありませんが、多くの脱毛サロンで生理が始まっていない子への脱毛を断っています。

上記の成長期の為という理由と近いのですが特に生理が始まる前の子に関しては初潮を迎えてから急激にホルモンバランスが変化して体毛が生えてきます。

初潮前の子に脱毛しても無駄になってしまう可能性が高いというわけです。理想を言えば生理が数回以上来ていて安定してからが良いです。

脱毛サロン等の契約には保護者の同伴、承諾書が必要

最近では安価な脱毛サロンも増えて、部位とコースによっては中学生のお小遣いで通えるサロンも存在しますが、中学生の脱毛サロンの契約には保護者の同伴、あるいは承諾書が必要です。

お小遣いで通えるサロンは例えばミュゼなどがやっています。

ここまで中学生の脱毛についての注意点について述べていきました。次の項目では実際に中学生が出来る脱毛方法について紹介していきます。

2.中学生が出来る脱毛方法

中学生で現実的に出来る脱毛方法をいくつか取り上げていきます。基本的には大人と同じと考えて良いでしょう。取り上げた脱毛方法とは以下の通りです。

  • 脱毛サロン
  • 脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • カミソリや毛抜きによる処理

順番に特徴を説明していきます。

2-1.脱毛サロン

この中で最も脱毛効果の高い方法です。主に、光脱毛器を使い脱毛専用の光を照射し、毛のメラニンに反応し熱によって毛母細胞を破壊して脱毛効果を得るといった手法です。

続けていくことで永久脱毛に近い仕上がりが可能です。ただし、中学生の場合には一度生えてこなくなるまで脱毛が完了したとしても、時間の経過で生えてくる可能性が大人に比べると高くなります。前述の成長期であることやホルモンバランスが安定していないことが原因です。

また、サロンによって中学生でも通えるところと通えないところがあります。主な脱毛サロンの中学生への対応状況については後述していきます。

2-2.脱毛器

ここで言う脱毛器とは家庭用脱毛器のことです。代表的な商品がケノンです。

市販されている家庭用脱毛器は主に光脱毛の方式を使っている物です。この光脱毛とは脱毛サロンで使われている手法と同じ物なのですが、脱毛サロンよりは安全性を重視し、光の照射力が弱く設定されています。

この為、一回あたりの脱毛効果が弱くなるという特徴があります。ただし、一度購入してしまえば数万発打てる物なので気になるムダ毛の部位に継続して使用していくことで脱毛効果を得ることができます。

また、中学生の子が成長してムダ毛が気になった時にまた同じカ所に使用し脱毛効果を得るといった使い方も出来ます。本体価格自体は高価な部類なので保護者の方に頼んで購入してもらうのが一般的でしょう。

お小遣いやお年玉を貯めて購入できない金額でもありませんがチョット高いです。

家庭用脱毛機器ケノン/脱毛効果とおすすめな人を解説

2016.09.12

2-3.脱毛クリーム

脱毛クリームとは一般的に除毛クリームと呼ばれている物です。代表的なのがパイナップル豆乳除毛クリームです。

除毛クリームの基本的な効果としては、配合される『チオグリコール酸カルシウム』というアルカリ性の成分が毛を溶かし除毛してくれます。

脱毛サロンや脱毛器のように完全な脱毛効果はありません。使用して数日すればまた生えてきます。カミソリでの処理よりは毛を溶かしているので仕上がりがキレイだったり断面が柔らかかったりするのでチクチクしないという特徴があります。

メリットとして『気になったらすぐに処理できる』という点があります。例えば水着になる用事があったり、背中が見えたりする服を着る前日くらいに急に処理するということも簡単に出来ます。また値段が比較的安価というのも中学生が行う脱毛として選ばれる理由の1つです。

上記の除毛クリームでは、除毛効果の他に豆乳のイソフラボン効果により抑毛効果も期待できます。ただし個人差はありますが、抑毛の効果は期待以上の物は得られないと考えるのが一般的です。

2-4.カミソリや毛抜きによる処理

最も費用がかからないので中学生の方でも簡単に出来る方法です。費用もかからず、すぐに処理できるという利点があります。

ただし、当然ながら持続的な脱毛効果はありません。カミソリでの処理では除毛クリームよりもすぐに生えてきてしまいます。生えてくるとチクチクするし断面が垂直に切れているので剃ると太く見えることもあります。

また、毛抜きによる処理は抜いてすぐはキレイに見えるかもしれませんが、埋もれ毛の原因になったり炎症、肌荒れ、色素沈着を起こしたりとあまり良い方法だとは言えないでしょう。

わき・VIO(デリケートゾーン)の自宅脱毛!失敗しない方法は?

2016.08.31

ここまで4つの脱毛方法について中学生が行う際の視点で述べていきました。それぞれの特徴を簡単にまとめたのが次の表です。

1~5点で評価し高い数字の方が良いと判断しています。

脱毛の方法 持続的な効果 費用 安全性 手軽さ 痛み
脱毛サロン 5 2 5 2 2
脱毛器 4 2 4 4 3
脱毛クリーム 1 4 3 5 5
カミソリ 1 5 2 5 5
毛抜き 1 5 2 5 2

次の項目では、主な脱毛サロンでの中学生への対応がどうなっているのか?リサーチした結果をまとめていきます。

3.主な脱毛サロンの中学生への対応状況

ここでは、主な脱毛サロンで中学生との契約をどのように扱っているのかについてまとめてみました。

ミュゼプラチナム

カウンセリングは単独可。契約時に親権者の同席又は親権者の自筆での署名、捺印の同意書が必要。

同意書はホームページよりダウンロード出来ます。

銀座カラー

16歳以上で2回以上生理がきた方でなければ脱毛できない為、中学生は不可。

エピレ

7歳から利用可能。中学生は無料カウンセリング当日に、親権者の同席が必要。

エステティックTBC

TBCスーパー脱毛(美容電気脱毛)は不可でTBCライト脱毛のみ7歳から利用可能。中学生は無料カウンセリング当日に、親権者の同席が必要。

レイビス

初潮を迎えてホルモンバランスが安定してきたら脱毛可能です。高校生以下の方はカウンセリング時に親権者と来店が必要。

キレイモ

特に年齢制限がありません。カウンセリング時に親権者の同席が望ましいが、必須ではありません。

同席が難しい場合には親権者の同意書が必要です。同意書はホームページよりダウンロードできます。

主な脱毛サロンでの中学生への対応状況をお伝えしていきました。次の項目では中学生が脱毛する際の方法で私が考えるオススメ方法について述べていきます。

4.中学生の脱毛で私オススメの方法は脱毛器

まだ中学生だがムダ毛が気になり脱毛したい・・・・そんな方へ。ここで思い切って脱毛サロンをすすめる方も多いかもしれせん。

しかし、私が中学生にオススメする脱毛方法は『家庭用脱毛器』です。理由としては以下の通り。

  • 脱毛サロンだと後々ムダ毛が濃くなり無駄になる可能性が高い。
  • 中学生の子供に脱毛サロンに通わせるのは教育上問題がある。
  • 後々ムダ毛が濃くなってきても脱毛器であればその都度処理できる。
  • 脱毛器であれば手軽に使え効果も高い。

家庭用脱毛機器ケノン/脱毛効果とおすすめな人を解説

2016.09.12

私オススメの脱毛方法について紹介していきました。次の項目では実際にサロンや脱毛器を購入する際に大事な事について述べていきます。

5.親(親権者)との話し合いが重要

脱毛サロンや家庭用脱毛器では、継続していくことで永久脱毛に近い効果も期待できますが、やはり費用がそれなりにします。

前の項目で私オススメの方法として家庭用脱毛器を紹介しましたが、家庭用の脱毛器は物によって値段はマチマチですが、良い物を購入しようと思うと数万円はします。

とても中学生がお小遣いで気軽に買える物ではありませんね。

脱毛サロンであれば親権者の同意が無いと100%通うことはできません。脱毛器の費用がそれなりにするという点も考えると、脱毛サロンも脱毛器の購入もやはり親(親権者)との話し合いが重要になってきます。

時代は変わってきていますから、『中学生でもムダ毛が気になり脱毛したい・・・』そう思うのもごくごく自然な事です。ムダ毛が濃いとイジメの対象になってしまうこともありますからね。

これらの悩みを正直に親権者に打ち明けて理解してもらうのが大事です。

VIOラインの脱毛等は親権者に理解されづらいと思うので、最初は理解されやすいワキや脚のムダ毛が気になり脱毛したいと伝えてみると良いでしょう。

また、私オススメの家庭用脱毛器であればお母さんと一緒に使用できるという点で両者にとってメリットもあります。

『一緒に使おうよ~』なんてライトにお願いしてみるのも良いかもしれませんね。

6.まとめ

こちらのページでは中学生の脱毛全般について説明していきました。

より脱毛効果が高いのは確かに脱毛サロンですが、中学生が通うには教育上の問題も含めあまりオススメできる事ではありません。もちろん全然問題無いと考える親権者の方もいるでしょう。

そこで、私オススメの脱毛方法でも述べた通り家庭用脱毛器が最適だと思うのです。脱毛効果も高く長く全身にも使えるので上手に使っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です