今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

妊娠したら脱毛は受けられない?知っておくべき対処法!

最近では誰もが気軽に通えるようになった脱毛ですが、脱毛は長い期間通う事になるので、女性にとっては少し不安な要素もあります。その1つに「妊娠」があります。

妊娠するのはとても嬉しいことですが、高い料金を出して契約をした脱毛もどうなってしまうのか不安に思いますよね。

妊娠をしても通えるのだろうか?通っている間に妊娠したけれど休会はできるのだろうか?と疑問に思う事も多いかと思います。せっかく脱毛に通うのであれば安心した気持ちで通いたいですよね。

そこで今回は、脱毛に通っている人が妊娠してしまった場合の対処法、これから脱毛サロンに通う予定だけど、妊娠する可能性があるので不安な人に向けての対処法について丁寧にお伝えしています。

1.妊娠したら脱毛は受けることができない

まず最初に気になるのが、妊娠しても脱毛を受ける事ができるのか?ということですが、残念ながら、脱毛サロンやクリニックでは、妊娠中に脱毛施術を受けることができません。

脱毛を始める際には、誰でも無料カウンセリングを受ける事になりますが、その時に記載するカルテ(アンケート用紙)にも、妊娠の有無を記載する項目があり、脱毛施術を行う店舗の方でもきちんとチェックをされます。

では、なぜ妊娠中に脱毛を受ける事ができないのかを見ていきたいと思います。

2.妊娠中に脱毛を受けられない理由

妊娠中に光脱毛やレーザー脱毛を受けてもお腹の中の胎児には影響がないと言われています。しかし、妊娠中の身体はとてもデリケートになっているので、脱毛を受けるとトラブルを起こしてしまう可能性があるのです。

それではここで詳しく見ていきましょう。

2-1.ホルモンバランスが崩れ効果が得られない。

毛の成長はホルモンバランスに影響を受けますが、妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく安定しません。

ですから妊娠中に脱毛をしてもあまり効果が得られず、また同じところから毛が生えてきたり、場合によっては以前よりも濃い色の毛が生えてきてしまったりもします。これでは脱毛をしても意味がなくなってしまうのです。

2-2.肌が敏感な為肌トラブルを起こしやすい

妊娠中はホルモンバランスの変化により、以前よりも肌が敏感になっています。

いつもであれば問題ないことでも、妊娠中はちょっと刺激で、赤み、腫れ、痒み、かぶれなどの肌トラブルを起こしてしまいます。

2-3.痛みによる刺激やストレス

妊娠中は肌が敏感になる為、少しの刺激で痛みやストレスを感じやすくなり、時にはその刺激で陣痛を誘発してしまう可能性もあるので注意が必要なのです。

妊娠中に光脱毛やレーザー脱毛を受けると肌トラブルなどの影響があるという事が分りましたが、では他の脱毛方法でも妊娠中に悪影響が出てしまうのか見ていきたいと思います。

3.クリームやワックス脱毛なら妊娠中も脱毛できる?

脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛などの脱毛機器を使用するものだけではありません。最近ではワックスやクリームを使用した脱毛も人気となっています。

では、妊娠中にこのワックスやクリーム脱毛をする事は可能なのか見ていきたいと思います。

3-1.ワックス脱毛

最近ではVIOをワックス脱毛するのが人気となっています。ワックス脱毛の場合は脱毛部位にワックスを塗布し、その上から専用のペーパーを乗せ一気にムダ毛を剥がすという脱毛方法ですが、剥がす時にかなり強い力でムダ毛を剥がすので、肌にダメージを与えてしまい腫れやかぶれなどを引き起こす事が良くあります。

また、使い方次第では出血を起こしてしまう事もあるので、肌がデリケートになっている妊娠中は使用を控えた方が良いでしょう。

3-2.クリーム脱毛

クリーム脱毛の場合は、チオグリコール酸カルシウムが毛のたんぱく質に作用し、毛を溶かしながら除毛していく方法です。

アルカリ性の為、肌が刺激を受けやすく、赤くなったり、炎症を起こしてしまう場合があります。特に胎児に影響があるという訳ではないですが、妊娠中は肌が敏感になっているため、使用を控えた方が良いでしょう。

3-3.妊娠中におすすめの脱毛方法

それでは、妊娠中はどのような方法でムダ毛を処理したら良いのでしょうか。妊娠中は電気シェーバーで処理をするのが身体にも負担が掛らず一番最適な方法です。

カミソリで自己処理をするという人もいるかもしれませんが、妊娠中はカミソリも肌に刺激を与えてしまうので、できたら電気シェーバーを使用しましょう。

では、次にもし脱毛サロンに通っている間に妊娠してしまった時について詳しく見ていきましょう。

4.脱毛期間中に妊娠したときの対処法

脱毛サロンに通っている最中にもし妊娠してしまったら、その後どのように対応したら良いか不安になりますよね。

ここではその時の対処法について見ていきたいと思います。

4-1.妊娠による休会制度がある場合には利用する

脱毛サロンによって規約は異なりますが、妊娠による休会制度が設けられている場合には休会制度を利用する事をオススメします。

手続きは、脱毛サロンによって異なりますが、電話を入れれば良いというところがほとんどです。

4-2.月額制プランの場合は休会又は解約する

月額制プランを契約している人は、休会もしくは解約することになります。

月額制の場合、解約手数料などは掛らないので、一度解約をしてまた再度始めたい場合には再開する事もできます。その場合は初回のキャンペーンなどは適用にならない場合が多いので注意が必要です。(場合によっては、以前よりも月々の料金が高くなっているということも考えられます)

4-3.パックプランの場合は脱毛保証期間を確認する

パックプランを契約している人が休会制度を利用する際、元々設定されている保証期間に更にプラスして2年前後保証してくれる脱毛サロンもあります。

ただし、それらの保証期間(元々の保証期間+休会の保証期間)が過ぎてしまうと、回数が消化されていなくても無効となってしまうので気をつけましょう。

また、解約するという事も可能ですが、解約手数料や違約金が発生する場合もあります。

脱毛サロンによっては、無期限&回数無制限の脱毛し放題というプランもあるので、そのようなプランの場合には、保証期間などは気にせず好きな時に休止、再開できます。

では、妊娠して脱毛を一時お休みした場合、産後はすぐに脱毛を再開しても大丈夫なのか見ていきたいと思います。

5.産後の脱毛は生理が2~3回来てからにするべき

妊娠中は脱毛できませんが、パックプランで契約した人は保証期間も限られているので、出産後早く脱毛を再開したい人も多くいるかと思います。

そこで、産後はどのくらいで脱毛を再開できるのか見ていきたいと思います。結論、脱毛サロンなどでは、脱毛を再開できる時期というのは、ホルモンバランスが安定してからと考えています。

ですから、ホルモンバランスが安定するというのを考えると授乳が完了して生理が2~3回来た頃が脱毛を再開するのにベストな時期といえそうです。

またミルクなどで育てている人も、生理が2~3回くらい来れば再開しても大丈夫でしょう。ただし、これはあくまでも目安なので、実際再開できる時が来たら店舗に連絡を入れて脱毛施術を受けることのできる状態かどうか確認してみましょう。

では、次に脱毛を受けたいけれど妊娠をする可能性もある場合に、どのような事に気をつけておくべきか見ておきましょう。

7.妊娠する可能性がある人必見!脱毛サロンを通う場合の注意点

脱毛を始めたいけれど、この先妊娠する可能性があるという人はどのような通い方をすれば良いか迷ってしまいますよね。

そこで、ここではもし妊娠する可能性がある人はどういうサロンを選ぶべきなのか、どういうところを注意しておくべきなのかを説明します。

7-1.休会制度や返金制度がある脱毛サロンを選ぶ

もし妊娠する可能性がある時には、必ず通いたい脱毛サロンに休会制度や解約した時の返金制度があるか確認しておきましょう。

解約する場合には、解約手数料などが発生する場合が多いので頭に入れておきましょう。

7-2.無期限&回数無制限のコースを選ぶ

休会制度があっても何年間と期間が定められている脱毛サロンも多くあります。そのような場合、早く脱毛を再開しようと焦ってしまい落ち着かないですよね。

そんな時には、今人気となっている無期限で回数無制限のコースを契約すると休止や再開が自由に行えて追加の料金も掛らないので安心できます。

自分で探すのが面倒という人は、私として「キレイモ」をおすすめしています。

キレイモの魅力
キレイモといえば、全身脱毛が有名な脱毛サロンですが2016年6月から「全身脱毛通いホーダイ」というプランがスタートしました。このプランは無期限&回数無制限なので自分の納得のいくまで脱毛ができます。

またこのプランの魅力は、休止や再開が自由なので、もしこの先妊娠して休止をしても、また産後に脱毛を再開できるので便利です。また無期限なので再開するタイミングも焦らず安心できます。

料金の方も「全身脱毛通いホーダイプラン:350.000(税込)」となっていて、施術期間の定められている「全身パック18回プラン(保証5年):313.956(税込)」と比べても、そこまで料金に差がないので、通いホーダイプランはかなりお得ですね。

また、キレイモではスリムアップ脱毛というものを導入していますが、この脱毛は、施術後に「グロブラリアコルジホリアカルス培養エキス」「ハナショウガエキス」「カフェイン」などが配合された鎮静と引き締め効果のあるローションを肌に塗布してくれます。

このローションが肌をスリムしてくれると評判を得ています。産後はお肌のたるみで悩む人も多いので、脱毛しながら身体のスリムにしていけるので一石二鳥ですね。

7-3.施術回数の多いパックプランはおすすめしない

逆に施術保証期間がついているパックプランを契約してしまうと、その期間に施術を行わなければ無効となってしまいます。保証期間も回数により違いがありますが、長いもので5年前後あり、短いものですと2年前後くらいになります。

休会制度を利用した場合でも、再開するとその保証期間内に施術を終えなくてはなりません。小さい子供がいると、突然熱を出したり、預け先を探すなど、以前のようには自由に思い通りに行動するのは難しくなります。

そして、回数を消化できないまま期間が過ぎてしまうといった事も考えられるので、期間が定められているパックプランを契約は正直あまりおすすめしません。

どうしてもパックプランが良い場合には、契約回数をもう一度しっかりと考えて、保証期間も頭に入れてプランを選びましょう。

7-4.体調をしっかりチェックする

前にも少し触れましたが、妊娠中に脱毛施術を受けると肌トラブルを起こしてしまう場合があります。

妊娠しているのを知らないで脱毛を受けていたら大変なことなので、最近体調がおかしくないか、生理は来ているか、基礎体温計をつけてみるなど、日頃から体調管理をきちんとしておくことが大切です。

7-5.脱毛を諦めるという選択肢もあり

強く妊娠を希望している場合には、脱毛を諦めるといったことも1つの選択肢として考えても良いかもしれません。産後にゆっくり脱毛を始めるのも良いでしょう。

 

 

8.まとめ

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、どこの脱毛サロンやクリニックでも施術を続ける事はできません。しかし、出産後は授乳が完了し生理が2回前後来るとホルモンバランスも安定し、また脱毛が再開できます。

もし、脱毛期間中に妊娠する可能性がある人は、必ず休会制度がある脱毛サロンを選ぶ事や契約する脱毛プランの保証期間などを頭に入れて契約をしましょう。

また、脱毛に通っている間に妊娠する可能性があるので、きちんと普段から体調管理をしっかりして身体に変化があった場合には様子をみるようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です