今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

脱毛施術前にどんな準備が必要なの?必ず必要な6つの準備すること

脱毛に通いたいけれどどのような準備をしたら良いか悩んでいる人はいませんか? 

最近は脱毛も気軽に通えるようになりましたが、いろいろな決まり事や注意事項、持ち物などもあります。

せっかく脱毛を始めるならきちんと準備をしてスムーズに進めたいですよね。

そこで今回は、脱毛に通う前に準備すべきことや、注意点、契約時の持ち物なども詳しく解説していきます。 

これから脱毛に始めようと思っている人は是非このサイトを参考にしてみて下さい。

1.脱毛を受けるために準備する6つのこと

まず最初に、脱毛を受けるにはどのような準備をしたら良いのか詳しく見ていきたいと思います。

1-1.日焼けをしない

通常良くある光脱毛やレーザー脱毛は、特殊な光を黒いメラニンに色素に反応させて毛根を破壊し抑毛していきます。

ですから、日焼けをして肌が黒くなっていると、光が肌の方に強く反応してしまい火傷をするおそれがあります。

普段日焼けをしている人は、脱毛を始めようと思ったら肌を焼かないようにしなくてはなりません。 

最近は、メラニン色素を刺激して毛根を破壊させる脱毛方法ではなく、バルジ領域という毛の成長因子を破壊する脱毛方法も出てきています。

その方法であれば、メラニン色素に光を反応させる訳ではないので、日焼けしている肌でも脱毛を受けることができます。ただし、まだ店舗数は少ないです。

例えば、ラココディオーネストラッシュなどの脱毛サロンは日焼け肌もOKです。

1-2.乾燥肌に注意する

皮膚の水分量が少なくなると、肌のバリア機能も低下し乾燥してしまいます。

そして、外からの刺激を受けやすくなるので、施術中も痛みを感じやすくなり、肌荒れの原因にもなります。

店舗によっては、肌の乾燥が酷いと施術を受けさせてもらえないところもあるので注意が必要です。

日頃から、ローションなどで肌をしっかり保湿するようにしましょう。

また、乾燥肌は秋や冬になると思っている人が多いと思いますが、夏でもクーラーなどで肌は乾燥してしまうので、夏だからといって油断しないようにしましょう。

乾燥肌は脱毛の施術後にもなりやすいです。肌に光を照射すると熱が体内にこもりやすくなり、水分を奪ってしまい乾燥肌になりやすくなります。

施術前だけ乾燥肌を防ぐのではなく、施術後もしっかり保湿してあげることが大切です。

1-3.前処理をきちんとする

施術前には、きちんと前処理(自己処理)を行わなくてはいけません。

その理由は、ムダ毛が伸びていると、照射した光は毛先の方に強く反応してしまい毛根まで熱がきちんと行き届かず、脱毛効果がしっかり出なくなってしまう場合があります。

また、照射した熱が長い毛に集まり過ぎてしまうと、肌が火傷してしまう原因にもなるので危険です。

前処理をする日にちですが、できたら予約日の2日~3日前にはお手入れするようにしましょう。

当日に処理をするのはいけないの?と思う人もいるかもしれませんが、ムダ毛をお手入れすると少なからず肌に刺激を与えてしまいます。

その刺激のある肌に、特殊な光を照射してしまうと、更に刺激が加わり肌トラブルを起こし兼ねません。

ですから、ムダ毛をお手入れしてから1日以上は肌を休めた方が良いです。

お手入れする際も、カミソリではなく、肌に負担が掛らないように電動シェーバーを使用して下さい。

1-4.前日に飲酒はしない

施術日の前日は、飲酒は控えるようにしましょう。

お酒を飲むと身体の体温が上がるので、その状態で施術を受けると肌が刺激され、痒みが出てきてしまう場合があります。

また、施術中に体調が悪くなってしまうということも考えられるので、施術日の前日はお酒を控えるようにしましょう。

また、前日だけお酒を控え、施術が終わったら飲酒をしても大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、施術後も身体の体温を上げるような行為は禁止されています。

例えば、入浴や激し運動、もちろん飲酒もNGとなるので覚えておきましょう。

1-5.薬を服用しない

施術日の前後に薬を服用することを禁止している店舗もあります。

その理由は、施術中に気分が悪くなってしまう恐れがあることや、薬の種類によっては脱毛効果に影響を与える場合もあるからです。

もし常に飲んでいる薬がある場合には、きちんとカウンセリングの際にスタッフの人に伝えましょう。

店舗によっては、漢方なら飲んでも大丈夫というところもありますし、医師の許可書が必要なところもあります。

1-6.体調を整える

最近は脱毛も気軽に受けられるようになりましたが、きちんと体調を整えておかないと施術中に体調が悪くなってしまったり、肌トラブルを起こしてしまうといったこともあります。

脱毛だからといって甘くみないで、普段から規則正しい生活を心掛けましょう。

このように、脱毛を受ける前は、体調が悪くなったり、肌トラブルを起こさない為にもいろいろ準備することがあります。

また、脱毛効果にも影響を与えるのでしっかり注意事項を守る必要があります。

では、次にVIO脱毛をする時にはどのような準備が必要か見ていきたいと思います。

VIOはとてもデリケートな部分である為、その他の部位の脱毛よりも神経質になる必要があります。

今回、考えている脱毛がVIO以外の方は次の章は読み飛ばしてください。

2.VIO脱毛するにはどのような準備をする必要があるか?

ここでは、VIO脱毛する際にどのような準備が必要か見ていきましょう。

2-1.VIOの前処理をきちんと行う

VIO脱毛をする際は、他の部位と同様にしっかり前処理をする必要があります。

また、お手入れする際は、カミソリ型の電動シェーバーを使用すると処理しやすいです。

では、それぞれのパーツのお手入れ方法を紹介します。

2-1-1.Vライン

Vラインは、毛が長いので、まずは小さいハサミで毛を短くカットしていきましょう。

そして、全体的に毛が短くなったら、電動シェーバーを使い毛の流れに向かって剃っていきます。

このやり方のほうが、シェーバーに毛が絡まずにスムーズに処理することができます。

2-1-2.Iライン

IラインもVライン同様、最初は長い毛をハサミで短くカットしていきます。

その後電動シェーバーで剃っていきます。Iラインは自分では見えにくい部分でもあるので、スタンドミラーを使用しながら処理すると安全です。

また粘膜に近い部位でもあるので、電動シェーバーは、内側から外側に向かって動かすようにして下さい。

2-1-3.Oライン

Oラインは自分では全く見えないのでお手入れをするのも大変ですが、鏡を床に置いてそれをまたぐような感じにするとOラインが見え、少しお手入れもしやすくなります。

ただし、肌を傷つけてしまっては大変なので、自分で処理するのが難しい場合には店舗のスタッフにお願いしましょう。

Oラインの場合は、無料で処理をしてくれる店舗も多くあります。

店舗名 Oラインの処理方法
シースリー 自分で電動シェーバーを持参無料で処理してくれる
ミュゼプラチナム 剃り残しがある場合は無料でお手入れしてくれる
銀座カラー 自分で電動シェーバーを持参すれば無料で処理してくれる
キレイモ パックプラン:Oラインは無料でお手入れしてくれる 月額制:1,000円掛る
脱毛ラボ VIOの処理は1,500円掛る
TBC シェービングサービスはないので避けて照射する
ディオーネ 無料でスタッフがお手入れしてくれる

VIOや髭脱毛は後悔するの?後悔しない為のポイントを解説

2016.12.25

人気のvio脱毛!気になる痛み・デメリットは大丈夫?

2016.09.27

2-2.Vラインのかたちを決める

VIO脱毛する場合に、悩んでしまうのがVラインのかたちです。全部ツルツルにしてしまう人もいれば、綺麗に整えるという人もいます。

このVラインをどうしたいのかきちんと決めておかないと後で後悔することになります。

全部ツルツルにする場合は、今は良いかもしれませんが年齢を重ねた時に恥ずかしく思う人もいます。

また、整えたかたちが気に入らなかったという意見もあるので、Vラインのかたちはきちんとスタッフの人と相談し後悔のないようにしましょう。

このように、VIO脱毛も事前にきちんと準備をしておかなくてはいけません。

VIOは後悔する人も多い脱毛部位になるので、きちんと考えてから行いましょう。

初めてのvライン脱毛!彼氏からも受け入れられる理想の形はコレ!

2016.11.13

Vゾーン脱毛/おすすめの方法や具体的な失敗例を紹介

2016.10.07

では、次に脱毛に通う準備はいつ頃から始めるのがベストなのか見ていきたいと思います。

3.いつ頃から脱毛に通う準備を始めたら良いか?

脱毛を始めたいけれど、いつ頃から通う準備をした方が良いのか悩む人も少なくないと思います。

ここでは、いつ頃から準備をすれば良いのか詳しく見ていきましょう。

3-1.脱毛は秋・冬に始めよう

脱毛に通い始めるのにベストな時期は実は秋冬になります。ですから夏の終わり頃になったら通いたい店舗を決めたり、無料カウンセリングに行く準備を始めましょう。

なぜ、秋冬が脱毛を始めるのにベストな時期なのか、その理由は2つあります。

3-1-1.肌の露出が多くなる夏に間に合う

ムダ毛が特に気になる季節は、肌の露出が増える夏になります。

しかし、毛には毛周期というものがあるので、夏にムダ毛が気になり、急いで脱毛を始めたかたらといって、すぐにムダ毛がなくなる訳ではありません。

少し毛が減ったかなと感じるまでには6回前後の施術が必要となります。

ですから、肌の露出が増える夏に少しでも毛を減らしていたいと考えると、秋冬から脱毛に通い始める必要があります。

3-1-2.いつもよりお得なキャンペーンが行われる

脱毛は、肌の露出が増える春夏に通い出す人が多くなります。

逆に秋冬になると、肌を露出する機会も減ってくるので、そこまでムダ毛の処理に関心がなくなり、脱毛サロンやクリニックも閑散期になります。

しかし、そのような時期にもお客さんに来てもらわないと、脱毛サロンやクリニックは経営が成り立たなくなってしまいます。

ですから、沢山のお客さんを呼び込む為に、通常よりもお得なキャンペーンを行う店舗が多くなります。

このように、脱毛は秋冬に始めるとお得なキャンペーンなども多く、夏頃には少し毛も減ってくるので、この時期に通い始めるのがオススメです。

では、次に脱毛の契約を行う際に準備する持ち物について見ていきたいと思います。

4.脱毛契約する際に準備する物とは?

脱毛契約する際に、どのような持ち物が必要か見ていきましょう。

また、店舗や契約する内容によっても持ち物が異なるので事前に確認をして準備をして下さい。

4-1.印鑑

契約の際には印鑑が必要な店舗もあります。(ミュゼなど、印鑑不要な店舗もあります)

店舗によってはシャチハタでも可というところもありますが、不可な店舗もあるので事前に確認をしましょう。

4-2.口座が分る通帳やカード

銀行の引き落としを希望する場合には、口座が分る通帳やキャッシュカードを持参しましょう。

また、店舗によっては、銀行引き落としではなく、クレジットカードでお支払いをするところもあるので、その場合にはクレジットカードを持っていくようにして下さい。

4-3.身分証

契約する際は本人確認の為、身分証の提示を求められます。身分証には保険証や運転免許証を持っていくと良いでしょう。

4-4.親権者同意書(未成年)

未成年が契約する場合には、契約時に保護者に付き添ってもらうか、保護者が契約するのを同意したということで親権者同意書を店舗に提出する必要があります。

親権者同意書はサロンやクリニックのHPからダウンロードをして印刷したものを使用できます。

4-5.所得証明書(ローン契約)

高額な脱毛プランを契約する場合には、ローンを組む人も多いかと思います。その場合に、所得証明書が必要な場合も出てきます。

特に収入のない専業主婦がローンを組む場合は、夫の所得証明書も求められることは多いので覚えておきましょう。

5.まとめ

脱毛に通う前に準備すべきことを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

思っているよりも準備すべきことや注意点も多いので、きちんと頭に入れおくようにしましょう。

また、脱毛契約をする際には、店舗ごとに持ち物もあるので、きちんと調べて忘れ物がないようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です