今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

脱毛と肌荒れの関係性/ケアや対策方法をシンプルに解説

  • 脱毛でどの程度肌荒れがおこるのか心配・・・
  • 肌荒れしていても脱毛できるの???

このような疑問や不安を持っている方向けに脱毛と肌荒れの関係性について説明していきます。

また、脱毛後の肌荒れを極力抑える為のケア方法についても紹介していきます。

できる事なら肌荒れしないで脱毛したいものです。肌に負担をかけずに脱毛したい方はぜひご覧下さい。

1.肌荒れとは具体的にどんな事か?

まず肌荒れとは具体的にどんな状態を指すのか?

症状についてはいくつか考えられますが代表的な物を挙げていくと、

  • 皮膚の表皮が目に見えるように一部めくれあがっている。
  • 小さな傷があり触るとザラザラとする。
  • 明らかにキメが荒くなっている。
  • 傷がついて一部に血が出ている。

一般的には、上記のような状態を指しますね。これらは1つ、または複数の症状が重なることもあります。 

肌荒れとは、どんな症状を指すのかについて簡単に紹介していきました。

次の項目では、この肌荒れが脱毛するとナゼ起こるのかについて原因を説明していきます。

2.脱毛すると肌荒れが起こる原因

ここで言う脱毛とは、生えてこなくなる脱毛の事を指します。

具体的には脱毛サロンや脱毛クリニックでの半永久的な脱毛効果が期待できる手法によるものです。

それをふまえて、脱毛によって肌荒れが起こる主な原因を3つにまとめてみました。その3つとは、

  • 乾燥による肌荒れ
  • 火傷による肌荒れ
  • 炎症による肌荒れ

以上の事が挙げられます。これらを順番に説明していきます。

2-1.乾燥

まず前提として、光脱毛やレーザー脱毛での脱毛は照射する光が毛の黒い部分(メラニン)に反応し、その際に発生する熱により毛母細胞を破壊、または休眠させて脱毛していく方式です。

実はこれにより、毛穴が収縮してしまい皮脂腺や汗腺の働きが弱まる事があるのです。

この為、脱毛後に乾燥しやすくなるというわけです。

皮膚の潤いは外気からのダメージを守るバリアーのような働きをしますから、そのバリアーの働きが乾燥によって弱まると傷が出来たり肌のターンオーバーが正常に働かなったりして肌荒れがしやすくなります。

2-2.火傷

光脱毛やレーザー脱毛での処理で、100%完全に避けられないのが火傷のリスクです。

多くの脱毛の施術では大丈夫なのですが稀に起こってしまいます。火傷状態になってしまうと、皮膚の機能が正常に働かなくなるので当然、肌荒れ状態になります。

また、火傷の程度が酷いと肌荒れよりも更に深刻な色素沈着が起こってしまう事もあります。いわゆる火傷跡ですね。

脱毛サロンやクリニックでの脱毛では脱毛器を使いますから、その脱毛器の跡がそのまま残ってしまうことも。

2-3.炎症

こちらは、火傷と症状としては似ているのですが、程度が軽い状態を指します。光脱毛やレーザー脱毛では軽い炎症は避けられません。

毛母細胞にダメージを与える時にどうしても軽い炎症は起こってしまいます。

炎症の状態が続くと肌の正常な機能を損なっているということになりますから、こちらも肌荒れの原因になっていきます。

脱毛で肌荒れが起きる原因について説明していきました。

次の項目では脱毛後に肌荒れを起こしやすい箇所について説明していきます。

3.脱毛後に肌荒れを起こしやすい箇所

脱毛後の肌荒れが起こってしまうとしても、全身均一に起こるわけではありません。

脱毛で肌荒れを起こしやすい箇所、起こしづらい箇所というのがあります。

考え方としては、皮膚が薄いところやデリケートなところ、色素沈着があるところ、乾燥しやすい箇所が脱毛による肌荒れが起こりやすいです。具体的な箇所を挙げていくと以下の通り。

背中

背中は元々乾燥しやすい箇所です。脱毛により皮脂腺の働きが弱まると更にカサカサになり肌荒れを起こすことも。

顔も皮膚が薄くデリケートな部位です。敏感は部位であると共に、少しの肌荒れでも非常に目立つ部分でもありますね。

顔に関しては特に慎重に処理していくべきです。肌が弱いと自負している方は顔の脱毛はあえてする必要が無いかもしれません。

VIO

VIOは肌がデリケートなのと毛が比較的太くて濃い部分なので、光脱毛やレーザー脱毛でダメージを受けやすい部位です。

この為、肌荒れのリスクが高いです。また、粘膜部分に近いところでは色素沈着が起こっている場合が多いので、これも脱毛器の照射によるダメージを受けやすい環境になっています。

脱毛後に肌荒れを起こしやすい箇所について述べていきました。

次の項目では脱毛後の肌荒れケアの方法について紹介していきました。

4.脱毛後の肌荒れケアの方法

2.~3.の項目で脱毛によって肌荒れが起こる原因と起こしやすい部位について説明していきましたが、ここでは肌荒れが起こってしまった場合のケアについて紹介していきます。

これらのケアをすることによって肌荒れを回避することや、ダメージを最小限に抑えることが期待できます。

4-1.冷やす

冷やす事は、炎症や火傷を抑える為にとても有効です。

特に脱毛直後の当日は火照っていることが多いので冷水や保冷剤を使って冷やしましょう。

保冷剤の場合には肌に直接付けると低温火傷の恐れもありますからタオル等で遮って直接肌に付けないように注意しましょう。

4-2.保湿

脱毛後の肌は前述した通り、皮膚の水分が失われ乾燥しがちです。

乾燥は肌荒れにつながっていきますから、外部から水分を補給してあげることが重要です。

具体的な保湿の方法には化粧水や乳液、クリーム、美容液等を使いましょう。

特に脱毛用というものは必要ありませんので普段使っている物でも構いません。

サロンやクリニックでオススメの物があればソレを使っても良いです。大事な事は普段よりも念入りにいたわってあげましょう。

4-3.紫外線を避ける

脱毛後の肌は紫外線に弱くなっています。この時期に太陽の直射日光を浴びると日焼けや色素沈着をしやすく肌荒れの原因になってしまうことも。

脱毛当日や、脱毛後数日はなるべく太陽が出ている昼の外出を避けるのがベストですが、そういうわけにもいかないのが現実ですね。

出かける時は肌を隠すような衣服や帽子等を着用しましょう。日焼け止めクリームも有効です。

4-4.飲酒を控える

脱毛した当日は特に飲酒を控えるべきです。アルコールを摂取すると血行が良くなり、身体の体温も上昇していきます。

脱毛後に冷やすのと真逆の状態になってしまうわけです。

血行が良くなると赤みや痒みが発生したり、炎症が悪化したりする恐れがあります。

飲酒は肌の火照りが治まるまで控えた方が無難です。多くの場合は翌日、あるいは2~3日後には火照りが治まるのでそれまで我慢しましょう。

4-5.入浴を控える

入浴には血行がよくなる作用があるので肌に赤みや痒みが起こる事があります。

特に脱毛当日は、脱毛した部位がまだ火照っている事が多いので炎症を悪化させない為にも入浴は控えた方が無難です。

当日はなるべく入浴を避けて、どうしても身体の汚れや臭いが気になる、洗い流したい場合には、シャワーを使いましょう。

その際、普段よりも肌をいたわってあげて下さい。顔の脱毛をした場合には強い洗顔料、例えばスクラブ入りの物は避けて下さい。

身体の脱毛をした場合も脱毛した部位をゴシゴシ擦ったりするのは絶対にNGです。

脱毛後の肌荒れケアの方法について紹介していきました。次の項目では、肌荒れしていても脱毛できるのか?私の考えについて述べていきます。

5.肌荒れしていても脱毛できるのか?

ここでは視点を変えて、現在肌荒れが起きているが脱毛サロンやクリニックで処理することができるのか?私の考えを述べていきます。 

結論から申し上げると、『肌荒れが酷い状態の時は脱毛するべきではない!』と考えます。

ただし、『既に脱毛サロンの予約をしてしまった、脱毛に通えるタイミングはこの時期しかない!』等と色々と事情もあるでしょう。

こればかりは肌荒れの程度問題にもよりますが、そこまで肌荒れが酷くない場合には脱毛サロンに通うのも完全にNGというわけではありません。

そういう方については、肌に優しい敏感肌用の脱毛サロンが良いでしょう。

脱毛サロンの中には、肌に優しい脱毛方法を採用しているサロンがあります。

例えばこちらディオーネです。

脱毛方法は、光脱毛の一種なのですが『ハイパースキン脱毛』と呼ばれる高熱を必要としない脱毛方法を採用している点に特徴があります。

アトピーやニキビのある方、敏感肌の方向けに最適な脱毛方法と言えます。

肌トラブルのリスクが少ないので安心して通うことができます。軽度の肌荒れであれば問題無く脱毛できるでしょう。

ただし、程度が重度だと脱毛の施術を断られる場合がありますので注意が必要です。

肌荒れに関しては、程度が重度と軽度という見方の他に、突発的な物と持続的な物がありますね。

持続して肌荒れ状態が続いている方は、まずは美容皮膚科や皮膚科等で治療をしてから脱毛の事を考えた方が良いかもしれません。 

6.まとめ

ここまで脱毛と肌荒れの関係性について述べていきました。

上記で述べた事を簡単にまとめてみると

脱毛で肌荒れが起こる原因

  • 乾燥
  • 火傷
  • 炎症

脱毛後に肌荒れを起こしやすい箇所

  • 背中
  • VIO

脱毛後の肌荒れケア

  • 冷やす
  • 保湿
  • 紫外線を避ける
  • 飲酒を控える
  • 入浴を控える

肌荒れ状態でも脱毛できる?

程度によります。重度ならば治療を最優先にしましょう。

程度が軽ければ敏感肌用の脱毛サロンがオススメです。

ディオーネの脱毛方法は特殊でアトピーや敏感肌、肌荒れの方でも安心して受けることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です