手軽で便利な脱毛ワックスシート。知らないとまずい使用方法と失敗の防ぎ方

気になる部分に貼って剥がすだけで簡単にムダ毛の処理ができるといわれている脱毛ワックスシート。

しかし、なかには「痛くて大変だった」という声や「痛いだけで上手く処理できなかった」という声も聞かれます。

ですから、興味があるものの利用すべきなのか迷っているという人も少なくないのではないでしょうか。

そこで、ここでは脱毛ワックスシートの正しい使用方法をご紹介します。

また脱毛ワックスシートのメリット・デメリットについてもお知らせしますので、本記事を読むことであなたが脱毛ワックスシートを使用するべきなのかどうかの判断が付くようになっています。

さらに、もし脱毛ワックスシートを使用することで肌トラブルが起きた場合に、どう対処したらいいのかという点もお伝えしますので、万が一という時にも慌てずに対処する助けになるはずですよ。

ぜひ最後までご一読いただければ幸いです。

1.脱毛ワックスシートとは?

脱毛ワックスシートは、脱毛のために粘着力のあるワックスを塗ってあるシートのことをいいます。

脱毛シート

脱毛シートのイメージ図

通常、脱毛ワックスでムダ毛の処理をする場合は、ワックスを塗って、その上にシートをのせ、その後剥がすという手間がかかります。

しかし、脱毛ワックスシートの場合は、あらかじめワックスがシートに塗ってあるので、気になる部分にシートを貼って、そのまま剥がすだけでムダ毛の処理ができるという手軽さが人気の理由となっています。

イメージとしてはガムテープを処理したい部分に貼って、その後剥がすイメージです。

市販品に「脱毛テープ」として売られているものもありますが、基本的に脱毛ワックスシートと同じものと考えてもらって問題ありません。

1‐1.脱毛ワックスシートでできるのは除毛

脱毛ワックスシートは「脱毛」と呼ばれてはいますが、処理した部分から毛は再生しますので、実際に得られるのは除毛効果になります。

しかし、毛を毛根部分から抜いて処理しますから、シェーバーで剃ったりするのとは違って頻繁にお手入れする必要はありません。

1‐2.脱毛ワックスシートのメリット・デメリット

手軽にムダ毛の処理ができる脱毛ワックスシートですが、デメリットもあります。

脱毛ワックスシートの使用を迷っているなら、メリットとデメリットを比較してみてください。

<脱毛ワックスシートのメリット>

  • 効果が持続する
  • お手入れ後の肌はスベスベ
  • 仕上がりがキレイ
  • 時間がかからない

脱毛ワックスシートを用いて処理した後は、最大で4週間程度効果が持続するとされています。

2~3日に1回の頻度でお手入れが必要になるシェーバーや脱毛クリームと違って、脱毛ワックスシートは効果が持続するのが魅力です。

また脱毛ワックスシートでは、毛を根元部分から処理するので、お手入れ後にジョリジョリすることはありません。

スベスベ肌に仕上げることができ、見た目もキレイです。貼って剥がすだけなので、短時間で広範囲のムダ毛の処理も可能です。

<脱毛ワックスシートのデメリット>

  • 痛みをともなう
  • 繰り返し使い続ける必要がある
  • 肌荒れの原因となることがある

脱毛ワックスシートは、シートを剥がす時に痛みをともないます。

慣れてくると痛みもあまり気にならなくなるものですが、初めて使用する人にとっては痛いのが難点です。

また脱毛ワックスシートでのお手入れで肌トラブルが起こる人もいます。

肌に赤みが出たり、処理した部分が内出血したりすることはありますので、特に肌が敏感な人は注意が必要です。

さらに、脱毛ワックスシートは、効果が最大4週間持続しますが、それでも継続してお手入れを続けなければならないというデメリットもあります。

1‐3.脱毛ワックスシートをオススメする人、しない人

脱毛ワックスシートにはメリットとデメリットとがありますので、脱毛ワックスシートでのお手入れが向いている人もいれば向いていない人もいます。

ここでは脱毛ワックスシートをオススメする人とオススメしない人に分けてみますので、あなたはどちらに当てはまるのかチェックしてみてくださいね。

<脱毛ワックスシートをオススメする人>

  • 自宅で手軽な方法でムダ毛の処理をしたい人
  • 比較的、肌トラブルが起きにくい人
  • 頻繁にムダ毛の処理をするのが面倒な人
  • 剃った後のジョリジョリ感が苦手な人

脱毛ワックスシートは、「とにかく自宅でムダ毛を処理したい」しかも「手軽な方法で処理したい」という人にはオススメです。

またシェーバーで剃った後の「ジョリジョリ感が苦手」という人や、「頻繁にムダ毛の処理をしたくない」という人にもオススメになります。

ただし、肌にはやさしいムダ毛の処理方法ではありませんので、比較的肌が丈夫で肌トラブルが起きにくい人が向いているお手入れ方法といえます。

<脱毛ワックスシートをオススメしない人>

  • 肌が敏感な人
  • 痛いのが苦手な人
  • 除毛効果ではなく脱毛効果を得たい人

最近では敏感肌用の脱毛ワックスシートも出ていますから、そういうものを選べば問題はないかもしれませんが、それでも脱毛ワックスシートは肌への負担が大きいお手入れ方法ですから、肌が敏感な人にはオススメできません。

肌が敏感な人は、電気シェーバーで剃るか、家庭用脱毛器、もしくは専門機関での脱毛がオススメになります。

また、毛を根元から抜きますので痛みをともないます。ですから「痛いのが苦手」という人にも脱毛ワックスシートはオススメできません。

さらに、脱毛ワックスシートで得られるのは除毛効果ですから、脱毛効果を得たいという人にも向いていません。

脱毛効果を得たいという人は、高性能の家庭用脱毛器か、脱毛サロンやクリニックでのお手入れを受けるのがオススメです。

ここまでで、脱毛ワックスシートの基本情報について、また、どんな人に脱毛ワックスシートがオススメかという点についてお話してきました。

では、「私は脱毛ワックスシートを試してみたい」という人のために、ここからは脱毛ワックスシートの正しい使用方法についてお話していきたいと思います。

2.脱毛ワックスシートの正しい使用方法

脱毛ワックスシートを使ったものの「ムダ毛が抜けなかった」という声は数多く聞かれます。

その多くは脱毛ワックスシートに効果がないというよりも、正しい使用方法を守っていないことに原因があります。

ここでは脱毛ワックスシートの正しい使用方法を説明しますので、これまでに使用しても効果が得られなかったという人は使用方法を見直してみてくださいね。

<脱毛ワックスシートの使用方法>

  • 使用する脱毛ワックスシートを両手に挟んで軽くこするようにして温める。
  • シートをゆっくりと剥がし、脱毛したい部分に毛の流れに沿って貼る。
  • 貼ったシートが毛に密着するように軽く押さえて馴染ませる。
  • 毛の流れとは逆方向に一気に剥がす。
脱毛シート

脱毛シートのイメージ図

ポイントは、脱毛ワックスシートはクリームなどの油分のない清潔な乾いた肌に使用するということ、またシートを貼った後に置く時間は数秒程度で長く時間を置かないということです。

また、痛いのが怖くてゆっくりと剥がしたいという気持ちになるかもしれませんが、毛の流れと逆方向に一気に剥がすのが成功させるコツです。

2‐1.それでも上手く毛が処理できない場合

上記の方法でやってみたものの、それでも上手く脱毛ワックスシートが使えないという場合は、次の点を確認してみてください。

  • ムダ毛の長さが短過ぎ、もしくは長過ぎないか?

脱毛ワックスシートによって多少の違いはありますが、毛の長さは2mm~5mm程度が抜けやすい長さです。それよりも短いと毛が抜けませんし、長過ぎると毛が根元から密着しにくいために抜けにくくなります。

  • ワックスシートを貼る時に空気が入っていないか?

脱毛ワックスシートを貼る時に空気が入ってしまうと、ムダ毛がワックスシートに密着しません。ですから、ワックスシートを貼る時には、毛の流れに沿ってシートの端から徐々に全体に密着させるようにして貼ってください。

もし狭い範囲の部位のムダ毛を処理したい時は、シートを小さめに切って使うと空気が入りにくくなります。

  • ワックスシートを貼ってから時間を置き過ぎていないか?

脱毛ワックスシートはワックスの粘着力によってムダ毛を処理するので、時間を置いたからといって粘着力を高めるわけでも、ワックスが固まるわけでもありません。

時間を置き過ぎると体温でワックスが温まって、逆に粘着力が弱まってしまうこともありますから注意しましょう。

  • シートを真上に向かって剥がしていないか?

脱毛ワックスシートを剥がす時に、シートの端を握って上に向かって剥がすとムダ毛は上手く抜けません。毛の流れと逆方向にシートを折り曲げるようにして一気に剥がしてください。

ここまでで脱毛ワックスシートの正しい使用方法について解説してきました。

脱毛ワックスシートを使用する際には、ぜひこちらを再確認の上、使用してみてくださいね。

続いては脱毛ワックスシートを使用したことで、もし「肌トラブルが起きた」という場合にはどうしたらいいのか、対処方法をお知らせしていきたいと思います。

3.どうしたらいい?トラブルが発生した場合

脱毛ワックスシートを使用したら、「肌が赤くなった」とか「肌に痒くなってきた」という経験を持つ人もいます。そのような場合、どうしたらいいのか、症状別に対処方法をみていきましょう。

3‐1.肌が赤くなった

肌に赤みが出ること自体は、よく起こることですので特に心配は要りません。

時間の経過とともに赤みは引いていきますから、保湿用のクリームなどを塗って肌をケアした上で様子をみましょう。

ただし、お手入れから数時間経った後も赤みが引かないという場合は、皮膚科に行くのがオススメです。

その際には使用した脱毛ワックスシートを箱ごと持参の上、受診するようにしましょう。

3‐2.ワックスが付いた部分の肌がヒリヒリする

脱毛ワックスシートを肌に貼ってすぐに肌がヒリヒリしてきたという場合は、すぐにシートを剥がし、ワックスを取り除いてください。

そのまま洗ってもなかなか落ちませんから、ベビーオイルなどをワックスに馴染ませた上で、コットンなどで拭き取ってください。

その後、水で洗い流し、症状が治まらないようであれば、脱毛ワックスシートを持参の上皮膚科を受診しましょう。

3‐3.肌に痒み・ブツブツなどの症状がみられる

脱毛ワックスシートを使用した後に、肌に痒みが出たり、ブツブツなどの症状がみられたりするようであれば、すぐに皮膚科を受診してください。その際には、使用した脱毛ワックスシートを持参しましょう。

3‐4.肌トラブルを防ぐためにはパッチテストを!

脱毛ワックスシートによる肌トラブルを防ぐために、使用する前日に必ずパッチテストを行うようにしてください。

パッチテストを行う際には、ワックスシートを適当な大きさに切り、使用方法の手順にしたがって使用します。

その後、24時間以上経っても肌に何の変化がない場合は、本格的にお手入れをスタートさせましょう。

また、脱毛ワックスシートで上手くムダ毛を処理できなかったという場合でも、使用してから次のお手入れまでは必ず3日は空けるようにしましょう。そうすることで、肌トラブルを防ぐことができます。

4.まとめ

いかがでしたか?脱毛ワックスシートは、上手に使えばムダ毛をキレイに処理できる便利アイテムになります。

しかし、肌に負担がかかるお手入れ方法ではありますので、敏感肌の人や肌にトラブルが起きやすい人にはオススメできません。

また使用する際には、肌への負担を減らすために正しい使用方法を守るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です