今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

脱毛の副作用はあるの?脱毛方法別に徹底的に調べてみました

これから脱毛をしたいけど副作用が気になるというあなたへ。気になる脱毛の副作用の関係性と実際に起こる副作用の具体例について紹介していきます。

副作用の程度についても脱毛の手法別に取り上げてみました。

この記事を読むことによって、脱毛の副作用をどの程度気にすれば良いのか理解することができます。

また、脱毛の副作用がどういう場所に特に起こりやすいのかも説明していきますので事前に対応することで程度も軽くすることが期待できます。脱毛の副作用が気になる方はぜひご覧下さい。

また、今回の記事では脱毛の副作用について述べていきますが『薬の副作用等も含む病気での毛が抜ける脱毛症』については対象としていませんのでご注意下さい。

1.脱毛の副作用の具体例

脱毛後の副作用について具体的な例をいくつか挙げていきます。ここで挙げていく例は下記の6つです。

  • 炎症
  • 火傷
  • かぶれ
  • 水ぶくれ
  • 色素沈着
  • アレルギー

これら6つの考えられる副作用を順番に説明していきます。

尚、ここでいう脱毛とはメジャーな脱毛方法として脱毛サロンでの『光脱毛』や脱毛クリニックでの『医療レーザー脱毛』での施術を想定しています。

1-1.炎症

レーザーや光の脱毛器で照射することにより毛のメラニンに反応しその熱で毛母細胞を破壊し脱毛していく手法ですが、そこで発生した熱が周りの皮膚の部分にも反応し炎症を起こします。

これは程度問題にはなりますが、脱毛の効果を望む上で多少の炎症を起こすのは止むを得ないのです。

止むを得ないと言う程度としては、“毛穴が軽く赤く見える”という程度の話です。

あまりにも酷い場合はやはり、施術の内容か体質に問題があると考えられます。後述する酷い火傷等はその例になりますね。

炎症についての対策ですが、多くの場合脱毛器に冷却機能が付いていたりして炎症を抑える機能があります。

また脱毛前後に冷却ジェル等を塗ったりすることにより炎症をなるべく抑えるように対策をしているので特に個人が何かするといったことはありません。

炎症がどうしても気になる場合には脱毛の施術後に自分で氷で冷やす等のケアをするのも方法の1つです。

1-2.火傷

こちらも炎症と原理は同じです。炎症が起こる程度がより酷くなった場合が火傷になります。

脱毛器の出力が強かったり同じカ所を何度も照射したりすると火傷になりやすいです。

最も強力なレーザー脱毛でリスクがより高くなります。特に地黒の方や日焼け気味の方に起こりやすいです。

対策方法としては、炎症とほとんど同じになります。

ただし、こちらの方が程度としては重いので気になる方は早めに医師に相談、診察を受けましょう。

1-3.かぶれ

かぶれの原因はいくつかありますが、脱毛器による低温火傷だったり、光が合わなかったりと様々。

冷却ジェルやアフターケアの保湿ジェルやクリームが肌に合わなかったということも考えられます。

原因を特定するのは難しいかもしれませんが、もしかぶれが起こった場合には速やかにスタッフや医師に相談してみることが大事です。

1-4.水ぶくれ

こちらは火傷の症状になりますね。火傷の程度としては比較的強い方です。脱毛器の出力がかなり強くなってしまったか、体質的に肌が弱い人がなりやすいです。

1-5.色素沈着

こちらも炎症が原因で起こる副作用です。脱毛器の出力が肌に合わないくらいに強かった場合に炎症後に色素沈着が起こってしまうことがあります。

特に日焼けをしていたり元々肌の色が黒かったりする方は色素沈着がしやすい傾向にあります。

こちらも脱毛器の出力を事前に適切な数値にするのと、脱毛後の炎症をなるべく抑える為に冷却や保湿ジェル等のケアが重要になってきます。

1-6.アレルギー

まれに日光過敏症という方がいます。いわゆる光アレルギーと呼ばれる症状です。

このような方は脱毛サロンの光脱毛、脱毛クリニックの医療レーザーと共にアレルギー症状が起こってしまう可能性があります。

より出力が高いレーザー脱毛の方がアレルギーの度合いが強いと考えられますので注意が必要です。

特に普段日光湿疹等が出やすい方は事前にサロンスタッフや医師のカウンセリングで相談してみましょう。

カウンセリング時のテスト照射はそのサロンやクリニックに申し込むかどうかの指標になってきます。

また、脱毛後にアレルギー症状が起こってしまった場合にはすぐに医師の相談、診察を受けることをオススメします。

脱毛後のトラブルは何があるの?事例と対処法について徹底解説

2016.10.09

以上、脱毛後の副作用の代表例を説明していきました。次の項目では脱毛方法と副作用の関係性について述べていきます。

2.脱毛方法と副作用の関係性

ここでは脱毛方法と副作用の関係性について述べていきます。

簡単に副作用の強弱を説明していきますと、一般に脱毛効果が高いほど副作用が強く出やすいです。

以下は副作用が出やすい順に並べてみたので説明と一緒にご覧下さい。

2-1.レーザー脱毛

クリニックによる医療レーザーですが、やはり脱毛効果が高いだけあって副作用が最も出やすい手法と言えます。

主な副作用は火傷リスクや炎症、色素沈着等の上記で説明した6つの事の全てがありえます。

ただし、病院での処置になるので細心の注意をはらって施術を行いますし、トラブル後にはすぐに医師による診断や治療を受けられるのは利点になります。

2-2.ニードル脱毛

最近では一部の脱毛サロンのみで行われている手法ですが、こちらは脱毛効果が非常に高いので当然副作用のリスクもあります。

毛の1本1本の毛穴に針を差し込み電気を流す事で脱毛していくので、1-6のような光アレルギーというのは存在しません。

しかし、電気の熱により毛の毛母細胞を破壊していくので、炎症は起こる可能性が高いです。色素沈着についてはあまり気にする必要はありません。

2-3.光脱毛

レーザー脱毛やニードル脱毛に比べると脱毛効果は弱い為、副作用が出る頻度や度合いも低いと考えられますが無いとまでは言えません。

こちらも程度と場合によっては起こる可能性があります。特に注意なのが光アレルギーの方の副作用ですね。

2-4.S.S.C脱毛

光脱毛の一種ではありますが、脱毛というよりも抑毛作用を狙った脱毛方法です。抑毛成分の入ったジェルを塗りこみ、光を照射させることにより抑毛効果を狙うといった手法です。

この為、一般的な光脱毛よりも肌に優しく痛みも少ないのが特徴です。気になる脱毛の副作用もこちらで紹介した4つの手法の中で最も少ないでしょう。

4つの脱毛方法と副作用の関係性について述べていきました。

次の項目では脱毛の副作用が起こりやすいカ所や条件について説明していきます。

3.脱毛の副作用が起こりやすい箇所

脱毛の副作用が起こりやすいカ所について説明していきます。簡単な考え方として、副作用が起こりやすい条件と共に説明していきます。

太い毛が密集しているところ

太い毛はそれだけレーザーや光脱毛での反応がしやすいのでより多くの熱を受けやすいです。

また、毛の数だけ密集したところに熱によるダメージを受けるので炎症が起こりやすいということがあります。

具体的なカ所としては

  • ワキ
  • Vゾーン

になります。これらの箇所は脱毛効果が高くなりがちなので、じっくりムダ毛を無くしていきましょう。

Vゾーン脱毛/おすすめの方法や具体的な失敗例を紹介

2016.10.07

気になる脇脱毛/本当にキレイになる?それともトラブル増加?

2016.09.27

皮膚が薄く弱いところ

こちらは説明の必要が要らないかもしれませんが皮膚が薄く弱いところです。皮膚が薄いとそれだけダメージを受けやすく火傷や炎症リスクが高まります。

また、皮膚が薄いところで薄いムダ毛を強力に脱毛しようと思うと、より出力の高い脱毛が必要になってくるので調整を誤ると皮膚にダメージが起こりやすいです。具体的なカ所としては、

  • 背中
  • Iライン
  • Oライン

になります。

VIOや髭脱毛は後悔するの?後悔しない為のポイントを解説

2016.12.25

背中の脱毛/効果の高い脱毛方法や注意点を全解説

2016.10.28

色素沈着が起きているところ

色素沈着が起きているところは、肌が弱っている場合もありますし、脱毛器の光やレーザーによる照射でダメージを受けやすい傾向にあります。具体的なカ所としては、

  • Iライン
  • Oライン
  • 乳首周り

になります。また、色素沈着に近い状態として余談ですがタトゥーがある方や、アザやほくろのあるカ所も当然、脱毛の副作用が起こりやすいカ所になるので注意が必要です。

人気のvio脱毛!気になる痛み・デメリットは大丈夫?

2016.09.27

脱毛の副作用が起こりやすいカ所について説明していきました。

次の項目では、脱毛の副作用はどの程度注意すれば良いのか?について述べていきます。

4.脱毛の副作用はどの程度注意すれば良いのか?

私の考えとして、実際にどの程度脱毛の副作用は注意すべきなのか?について紹介していきます。

脱毛の副作用については、アレルギーのある方については意識しておいた方が良いでしょう。

ただし、それ以外の考えられる副作用については、あまり神経質になる必要は無いと考えます。

脱毛サロンもクリニックもそんなに危険を犯すとは考えられないからです。

もちろん人為的なミスや体質が明らかに合わない等の偶発的な事は起こる可能性はありますが、確率としてはかなり低いです。

基本的に肌質や毛質に合わせ脱毛器の調整はしていきますし、安全を確かめる為に試し打ちもしていくのでトラブルの可能性は低いです。

それでも脱毛の副作用が心配な方は、医師による対処がすぐに出来る脱毛クリニックでの脱毛か、クリニックと提携しているサロンを選んでいくと、もしもの副作用が酷くなった場合に迅速な処置を受けることができます。

脱毛クリニックのオススメは「医療脱毛ガイド/回数やレーザーの種類・デメリットを全解説」をご確認ください。

また、クリニック提携で代表的な脱毛サロンを下記一覧にしました。

 

5.まとめ

脱毛の副作用について具体例や副作用が起こりやすい脱毛方法、副作用が起こりやすいカ所等の説明をしていきました。

私の考えでも述べていきましたが、あまり神経質になることはありません。

もちろん事前に副作用が起こるような体質や状況というのはなるべく回避するべきです。

ただし、ほとんどの場合では副作用の心配が要らないことが多いです。

もちろん軽く炎症を起こす程度であれば、もっと頻繁にあることではありますが、酷い状態というのはなかなかありません。

それでも心配な方は、やはり医師が診察や治療が可能な脱毛クリニック。

医師と提携している脱毛サロン(ドクターサポート)を選んでいくのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です