今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

自宅で出来る手軽な脱毛方法を検証。最もオススメは?

特に温かい季節や肌の露出が多くなる時期に気になるのがムダ毛ですね。脱毛しようと思っても、

  • いざ脱毛サロンに行くのは面倒・・・
  • 仕事が不定期で脱毛エステには通えない・・・
  • そもそも人にムダ毛を処理されるのが嫌だ。

という方って多いのです。こちらのページではそんな方に”手軽な脱毛方法”を提案していきます。それぞれメリットやデメリット等あります。総合的に判断して自分に合ったムダ毛の脱毛をしていきましょう。

また、脱毛効果の高くオススメの方法についても提案していきます。

1.自宅で出来る6つの手軽な脱毛方法をチェック

手軽に自宅で出来る脱毛方法として6つの方法をピックアップしました。

6つの方法とは、

  1. 脱毛クリーム
  2. カミソリ
  3. 毛抜き
  4. ワックス脱毛
  5. 抑毛ローション
  6. 家庭用脱毛器

以上の通りです。それぞれ、メリット、デメリットがあります。あなたの嗜好にあった方法で選んでいくと良いでしょう。

ここではこの6つの方法について簡単に説明していくと共にオススメな方!やデメリットについても紹介していきます。

1-1.脱毛クリームの詳細

脱毛クリームは一般的に除毛クリームとも呼ばれている物です。脱毛と言うよりも、毛を溶かして処理していく表現の方が近いでしょう。

成分には、『チオグリコール酸カルシウム』と呼ばれる物を主に使っており、このチオグリコール酸カルシウムは、アルカリ性の成分で毛のタンパク質を溶かして除毛していきます。

カミソリよりも深い部分の毛まで処理できるので、次に表面に生えてくる毛のスピードが遅くなることと、処理した毛の断面図が柔らかく、触ってもチクチクしないというメリットがあります。

脱毛クリームがオススメな方とデメリットについて説明していきます。

<脱毛クリームはこんな方にオススメ>

  • すぐに処理をしたい人、脱毛サロンに行くのが面倒な人。
  • 安くて手軽な処理をしたい人
  • カミソリよりもキレイな仕上がりにしたい人

<脱毛クリームのデメリット>

  • 特有の鼻にツンとする匂いの商品が多い。
  • 体質によっては肌トラブルになる可能性がある。
  • 剃毛よりはマシだが割りとすぐに生えてくる。
  • 永久脱毛効果は100%無い。

オススメの脱毛クリームを1つ紹介するとパイナップル豆乳除毛クリームです。

オススメの理由としては、

  • 匂いが優しいこと。
  • 豆乳の大豆エキスで抑毛の期待も出来ること。
  • 肌に優しい美容成分が配合している。
  • 30日以内の返金保証が付いていること。

以上の点です。

1-2.カミソリの詳細

最も手軽で一般的な方法です。ただし、カミソリでの処理は皮膚を傷つけることが多いので、シェービングクリーム等を使ってなるべく優しく剃るようにしましょう。

古いカミソリも錆びて肌を傷付けやすいので、できるだけ新しい物を選びましょう!

<カミソリはこんな方にオススメ>                 

  • 水着になる前日や当日に急遽処理がしたい人。
  • 最も手間と時間をかけないで処理したい人。

<カミソリのデメリット>

  • 肌を傷付ける。失敗すると傷跡が付くことも多い。
  • すぐに新しい毛が生えてしまう。
  • 皮膚の表面部分に出ている毛しか処理できないので、
  • 薄っすらと皮膚の中の毛が青く見えてしまう。
  • 永久脱毛効果は100%無い。

カミソリのタイプはT字とI字の物がありますね。これはどちらが良いというわけでは無く、処理したいムダ毛の部位に応じて使いわけましょう。簡単な考え方としては、

  • T字のカミソリは、身体の凹凸が少ない部分。
  • I字のカミソリは顔等の凹凸があり細かく処理をしたい部位に向いています。

また、カミソリには安全ガードが付いている物と付いていない物があります。切れ味が多少ガードの付いていない物の方が良い場合があるかと思いますが、やはり、安全面を考えると安全ガードが付いている物を選ぶのがベターです。

1-3.毛抜きの詳細

毛抜きによる処理も一般的な方法です。顔の細かい処理をするのに向いていますが、全身を毛抜きで処理するのはかなり大変。皮膚の表面に出ている部分だけでなく、毛そのものを抜いてしまうので仕上がりがキレイに見えます。

カミソリの処理のように青く見えないのが特徴。炎症を起こしやすいので肌と毛抜き自体も消毒して行いましょう。

<毛抜きはこんな方にオススメ>

  • 顔の毛、眉毛の処理等の細かい部位の脱毛に最適。
  • すぐに処理をしたい。
  • カミソリよりも見た目をキレイに処理したい。

<毛抜きのデメリット>                    

  • 皮膚を傷付けることがある。
  • 皮膚に炎症を起こしその結果、色素沈着が起きることがある。
  • 毛が皮膚の中に埋まる埋没毛の原因になる。
  • 場所によっては強い痛みを伴う。
  • 永久脱毛効果は100%無い。

1-4.ワックス脱毛の詳細

最近流行りの脱毛方法で、ビキニワックスやブラジリアンワックスという名称で、主に陰部のVIOライン脱毛に用いられることが多い。

ただしVIOだけじゃなく、全身にも使えます。結局は抜いて処理するのと同じ効果ですが、抜くよりも痛みが少ないという特徴があります。

脱毛エステでもワックス脱毛専門のエステサロンもあります。また、自宅用のワックス脱毛キットも現在様々な種類の物が販売されているので、好みに応じて選んでいくと良いでしょう。

<ワックス脱毛はこんな方にオススメ>

  • VIOラインの脱毛がしたい人。
  • 永久脱毛よりもその時キレイな処理をしたい人。
  • 手軽に脱毛したい人。
  • 仕上がりをキレイにしたい人。

<ワックス脱毛のデメリット>

  • 正しく行わないと皮膚を傷付ける。
  • 多少の痛みを伴う。
  • 永久脱毛効果は100%無い。

ワックス脱毛で使うオススメの物を1つピックアップすると、アンジェリカワックスという人気商品です。

アンジェリカワックスがなぜ人気の商品なのか?についての理由は、

  • ワックス脱毛の専門サロンが開発したこと。
  • 無添加&100%天然素材のワックスで肌に優しいこと。
  • 初めての人でも安心のスターターキットの存在があること

以上のことが挙げられます。

1-5.抑毛ローションの詳細                                        

抑毛ローションとして使われている成分の多くが豆乳の成分です。豆乳には大豆イソフラボンが多く含まれており、この大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをします。

ムダ毛自体が男性ホルモンの影響を強く受け、濃くなっていると考えられるので、豆乳の大豆イソフラボンの作用で毛を薄く、出来れば無くしていくように作られたのが抑毛ローションです。使い方は皮膚から毛穴に浸透するようにたっぷりと付けてあげることです。

1回塗ったからといってすぐに毛が薄くなってくるといった商品ではありません。長く時間をかけて使用することにより、抑毛していくという考えです。

<抑毛ローションはこんな方にオススメ>                    

  • 毎日続けられる人。
  • ムダ毛が多少薄くなれば良いと思っている人。
  • 手軽に抑毛したい人。

<抑毛ローションのデメリット>                    

  • 効果が確定的では無く、ほとんど変化が無い可能性も。
  • 即効性が無い。
  • 永久脱毛効果は不透明。

<オススメの抑毛ローションはコチラ>

パイナップル豆乳ローションです。オススメの理由は、

  • 肌の奥へ成分が浸透する工夫がされていること。
  • イソフラボンに加え、ザクロエキスも配合されていること。
  • 気にいらない場合の30日間返金保証制度があること。

1-6.家庭用脱毛器の詳細                             

手軽に自宅で処理できる方法で人気なのが、この家庭用脱毛器です。他の方法に比べ、手軽さという点では優位性は正直少ないですが、脱毛エステに通うことと比較すると圧倒的な手軽さがあります。

効果としては、脱毛エステに通う方が効率は良いのですが、家庭用脱毛器には、エステに通うよりも大きなメリットもあります。

また、使い続けることにより家庭用脱毛器の脱毛方式によっては永久脱毛効果も期待できるのです。

<家庭用脱毛器はこんな方にオススメ>                        

  • 永久脱毛効果を求めたい人。
  • 毛の処理をなるべく少なくしたい。
  • 脱毛エステやクリニックに通う時間が無い。予定が合わない。
  • 脱毛エステに行くのが恥ずかしい人。

<家庭用脱毛器のデメリット>                        

  • 脱毛エステやクリニックに比べ効果は弱い。
  • ある程度の時間をかけて使う必要がある。
  • 自分で処理する為、手軽で簡単という点では△。

ここまでが、自宅で手軽にできる脱毛方法を紹介しました。正直なところ、どうしても自分で行うと上手にできなかったり時間が掛かったりします。

お金に多少余裕がある人や自分でするのが得意ではない人は私としては「脱毛サロンや脱毛クリニック」で施術してもらうことをおすすめします。

ただし、自宅でできる脱毛も進化してきているので、上手に行えばサロンに通うのと遜色ないぐらいの効果は期待できます。次の章で詳しく解説します。

2.私がオススメのより効果の高い方法はコレ   

自宅で手軽に脱毛処理が出来る方法の中でより効果を求めるならば、やはり『家庭用脱毛器』が最もオススメです。

家庭用脱毛器によっては、使い続けることによって、毛が生えて来なくなる。脱毛の処理をしなくて済むようになるという大きなメリットがあります。

コレらの効果は脱毛器の種類によっても異なってきます。次の項目では脱毛器の種類と効果についても簡単に説明していきます。

2-1.家庭用脱毛器の種類をチェック

手軽に使える家庭用脱毛器の種類は大きくわけて3つあります。

ここでは、

  1. フラッシュ脱毛器
  2. レーザー脱毛器
  3. 熱線式脱毛器

以上の3種類の脱毛器の特徴を説明していきます。

3-1-1.フラッシュ(光)脱毛器

家庭用脱毛器としては最もポピュラーな種類の脱毛器です。光が黒い色に反応し毛穴の奥の毛乳頭を破壊するという仕組みです。1回辺りの照射範囲が広いのと痛みが少ないのが特徴です。

多くの脱毛サロンでも同じ手法を用いられています。ただし、脱毛サロンの脱毛器に比べると家庭用のフラッシュ脱毛器は安全性を考えて最大出力が弱く設定されています。この為、脱毛サロンよりも効果が弱くなります。

ただし、現在発売されているフラッシュ脱毛器の中には高出力や連射機能が付いている物もあり、脱毛効果も高くなるように工夫されています。

また、家庭用脱毛器の最大のメリットである、

  • 自分の好きな時に自分の好きなだけ処理できる。
  • 全身や処理したい部位を重点的に処理できる。

というメリットがあるので、続けていくことで永久脱毛効果も期待できます。

3-1-2..レーザー脱毛器                                    

脱毛クリニックで主に使われる医療レーザーの家庭用版です。種類は少ないですが家庭用脱毛器の一部が対応しています。脱毛クリニックの脱毛器に比べると出力が弱いので同じ効果は見込めません。

単純に家庭用のフラッシュ脱毛器と比較すると、こちらの方が出力は高く脱毛効果も高いと言えるのですが、レーザー脱毛器はフラシュに比べ脱毛の出力が高い反面、1回辺の照射範囲が狭いというデメリットもあります。

手軽さという点でも照射範囲が狭いことで、より回数や時間がかかることも否めません。顔や細かい部位での処理ではレーザー脱毛器に優位性があります。

こちらも使い続けることで永久脱毛効果を期待出来ます。注意点としては、フラッシュ脱毛器よりも痛みを伴います。

3-1-3.熱線式脱毛器

熱線でムダ毛を焼くタイプの脱毛器です。別名サーコミン式とも呼ばれており、仕上がりとしてはカミソリに近い感覚です。

ただし、毛を熱で焼き切るので毛の断面がカミソリに比べ鋭角に切られていないのでジョリジョリ感は感じません。

肌もカミソリのように傷付ける心配はありません。すぐに処理したい方や、手軽に脱毛器を使いたい方向けの方式です。尚、こちらの方式では永久脱毛効果は100%ありません。

以上3つの脱毛器の種類について説明していきました。

それぞれ特徴があるのですが、手軽さと脱毛効果(永久脱毛)の両方を兼ね備えた脱毛器はドレがより優れているのか?について説明していきます。

3-2.より手軽で永久脱毛的な効果を求めるならフラッシュ脱毛器

より手軽で効果の強い脱毛器は、家庭用の脱毛器ではやはり『フラッシュ脱毛器』です。照射範囲が広いことで光を当てる回数が少なくて済む、時間軽減等の手軽さがあります。

また、商品によっては連射機能で出力の弱さを補い高い脱毛効果が期待できます。光を当てられる数が数十万発と全身のムダ毛に数十回分当てられる物も販売されています。

言葉は悪いですが、質や強さよりも数で勝負といったところでしょうか。

フラッシュ脱毛器で現在オススメなのは、ケノンです。

ケノンがオススメな理由は、

  • 部位に応じてカートリッジが選べる。
  • カートリッジ寿命が非常に長い。
  • 高い出力と広い照射範囲

コチラの3点が特に他の脱毛器に比べ優位性があります。

以上が手軽にできる脱毛方法です。最後に一覧表でまとめてみたいと思います。

4.手軽な脱毛方法のまとめ

最後に紹介した手軽にできる脱毛方法を一覧表でまとめてみました。

脱毛方法 コスパの高さ 手軽さ 脱毛後の
キレイサ
期待できる
永久脱毛効果
脱毛クリーム 4 4 3 1
カミソリ 5 5 1 0
毛抜き 5 5 2 0
ワックス脱毛 4 4 4 0
抑毛ローション 3 4 1
家庭用脱毛器 1 3 2 5

家庭用脱毛器は費用がそれなりにしますが、“ほぼ唯一”永久脱毛効果が期待できる手法なのでコスパが高いと評価しました。

また、脱毛後のキレイさに関して言えば、抑毛ローションについては、使っていく内に毛が生えてこなくなるようにするのが目的なので、効果があっても非常に時間がかかる物です。ですから、ここでは評価無しとしました。

5.手軽な脱毛方法|よくある疑問をチェック

ここでは、手軽な脱毛方法を実践する上でよくある疑問や悩みをピックアップして紹介しています。実際に脱毛する前にチェックしてみて下さい。

Q.脱毛器とクリニックによるレーザー治療はどちらが効果あるの?                                      

A.これはさすがに、脱毛クリニックによるレーザー治療の方が明らかな効果があります。ただしコレは1回辺りの効果の比較です。

脱毛器を使えば、同じ箇所を10回20回と自分が好きな回数分使うことができます。その時の効果の比較は、脱毛器に軍配も上がる可能性はあります。

また、脱毛器は使い続けても費用が本体代だけというメリットもありますね。※一部の消耗品を除く。

Q.フラッシュ脱毛器は、どのくらいで毛が無くなるの?                                         

こちらは、フラッシュ脱毛器を使う方がどの程度までの事を望んでいるのか?体質、部位、毛質によって答えが変わってきます。

濃い毛は薄い毛よりも光が反応しやすく、脱毛効果を見込むことができます。また、肌が白い人は黒い人よりも毛の黒色とのコントラストがはっきりしているので、より脱毛効果が期待できます。

フラッシュ脱毛器のメーカーや製品にもよりますが、目安としては同じ箇所を10回程度行うと、ある程度の脱毛効果を感じられる方が多いようです。人によっては、2~3回くらいで効果を感じる人。効果を感じるまで20回はかかったという場合もあります。

6.まとめ                                          

手軽な脱毛方法について説明してきましたが、これらの事を簡単にまとめてみると。

  • 自宅で出来る6つの手軽な脱毛方法から自分に合った方法を選ぶ。
  • 手軽でより強い効果を求めるならば家庭用脱毛器を使う。
  • 家庭用脱毛器ではフラッシュ脱毛器に優位性がある。

です。脱毛する上で参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です