今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

脱毛期間中・脱毛後に日焼けした!どうするのがベスト?

脱毛期間中は日焼けをすることができません。でも、気を付けていたはずなのに「うっかりと日焼けしてしまった!」ということもあるでしょう。そのような場合はどうすればいいのでしょうか?

ここでは、脱毛期間中に日焼けをしてはいけない理由と、もし万が一日焼けをしてしまったという場合にはどう対処すればいいのかをお伝えします。また、うっかり日焼けを防ぐために効果的な日焼け対策についてもお話しますので、参考にしてくださいね。

1.脱毛期間中に日焼けがNGな理由

そもそもどうして脱毛期間中に日焼けがNGとされているか知っていますか?それは色素の濃いものに反応するという脱毛マシンのつくりが関係しています。

脱毛エステで使用されている光脱毛マシン、クリニックで使用されている医療レーザー脱毛マシン、どちらもメラニンなどの色素の濃いものに反応して脱毛処理をするようになっています。

通常、脱毛の施術を受ける時は、施術部分の毛を剃る事前処理が必要です。毛を剃ると、剃った後の毛の断面だけが肌から黒く見えますよね。

そこに光やレーザーを照射すると、その黒い部分に光やレーザーが反応し、高熱によって毛母細胞(毛をつくる部分)を破壊することができます。そして、毛母細胞が破壊されるために、毛が生えてこなくなるのです。

脱毛マシンは色素の濃いものだけに反応しますから、日焼けしていない白い肌にレーザーや光を照射しても肌表面が火傷することはありません。しかし、肌が日焼けしている場合は、レーザーや光が日焼けした肌にも反応してしまいますから、肌が火傷してしまう可能性があります。

ですから、脱毛期間中の日焼けはNGとされているのです。

1-1.どの程度の日焼けは許される?

日焼けはNGとはいっても、日常生活を送る中で腕や足が焼けてしまうということはありますよね。「どの程度の日焼けだと脱毛してもらえるんだろう?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

代表的な脱毛サロンやクリニックの公式サイトを確認しましたので、参考にしてみてください。

<ミュゼプラチナム>
日常的な軽い日焼けでも脱毛できないケースがある。理由は、日焼けしていると肌に炎症が起きている状態にあるから。

(参考:ミュゼ公式サイト

<銀座カラー>
日焼けして肌が黒い場合、または日焼け後の肌が赤みを帯びている場合は脱毛できない場合がある。

(参考:銀座カラー公式サイト

<エピレ>
日焼けした肌は炎症が起きているため、日常的な軽い日焼けでも脱毛できない場合がある。

(参考:エピレ公式サイト

<キレイモ>
日焼け後の肌はトラブルの元となるため、原則として日焼けした肌の脱毛は受けていない。

(参考:キレイモ公式サイト

<アリシアクリニック>
極端な日焼けをしている人、もともと肌が黒いという人は、火傷の可能性があるためスタッフに相談が必要。

(参考:アリシアクリニック公式サイト

<湘南美容外科>
日焼けしている人は脱毛を受けることができない。

(参考:湘南美容外科公式サイト

このように見ると、日常的な軽い日焼けでも脱毛できないケースがあることが分かります。ですから、脱毛を受ける側でどの程度の日焼けならOKという判断はできません。できるだけ日焼けしないようにする必要があります。

もし、気を付けていたのに日常生活を送る中で日焼けしてしまったという場合は、まずは行きつけの脱毛サロンやクリニックに相談してみるようにしましょう。最終的な判断は脱毛サロンやクリニックのスタッフによって行われますから、直接行って見てもらうのが一番です。

2.脱毛期間中・脱毛後に日焼けした場合にやること

脱毛期間中だったけど、「海に行って肌を焼いてしまった」とか、日焼けしないようにと気を付けていたつもりなのに、「小麦色に日焼けしてしまった」ということもありますよね。また、施術の数日後に日焼けしてしまったということもあるかもしれません。

そのような場合は、どうすると良いのでしょうか?脱毛期間中・脱毛後に日焼けしてしまった場合の対処法をお知らせします。

2-1.脱毛期間中に日焼けしてしまった場合

脱毛期間中に日焼けをしてしまったという場合は、肌の炎症が治まり、肌が元の色に戻るまでは脱毛エステやクリニックでの施術を受けることができません。

肌の色が元に戻るまでの期間は個人差がありますから、一概にどれくらいの期間をおくべきということはありませんが、だいたい1ヶ月くらいはおく必要があるでしょう。

また、夏のシーズンは焼けた肌が元の色に戻りにくいため、1ヶ月おいても元の色に戻らないかもしれません。その場合は、秋に入るまで待つ必要があります。

ですから、脱毛期間中に日焼けしてしまって次のお手入れまでに肌の色が元に戻りそうにないという場合は、次の予約を変更してもらいましょう。

2-2.脱毛お手入れ後に日焼けしてしまった場合

脱毛後は肌が乾燥し、ダメージを受けやすい状態になっています。ですから通常、脱毛エステでのお手入れなら2週間程度、クリニックでのお手入れなら1ヶ月程度は日焼けしないようにといわれます。

もし、脱毛後まもなくして日焼けしてしまうと、肌に火傷の症状がみられるようになったり、日焼けした後の肌にシミができやすくなったりしてしまうからです。

しかし、施術を受けて日が経っていないのに日焼けしてしまったということもあるかもしれません。その場合はどうすればいいのでしょうか?

脱毛後の肌が日焼けしてしまった場合は、肌の炎症を鎮めるために濡れたタオルなどでよく冷やしてください。赤みが治まるまで根気よく冷やし続けましょう。2~3日して炎症が治まった場合は、その後は少なくとも2週間は肌をローションや乳液などを使って保湿するようにしてください。

もし、肌を冷やしたにも関わらず、水ぶくれができてしまったりした場合は、火傷している状態ですので皮膚科を受診しましょう。放っておくと、火傷の痕が残ってしまう可能性があります。

ここまでで、脱毛期間中に日焼けすることがダメな理由と、脱毛期間中や脱毛後に日焼けしてしまった場合はどう対処するべきなのかという点についてお話しました。

しかし、なかには日焼けしないようにと細心の注意を払っているつもりなのに、日焼けしてしまうという人もいます。その場合は、日焼けの対策方法を見直す必要があります。

3.効果的な日焼け防止対策

皆さんは脱毛期間中の日焼け防止のために、どんな対策を行っていますか?日焼け防止のためには、次の点を心がけてください。

  • 季節を問わず、日焼け止めを使用する
  • 日焼け止めはこまめに塗り直す
  • 外出時は帽子やサングラス、日傘で紫外線対策を行う
  • 可能であれば日中は外出しない
  • 室内でも遮光カーテンなどを利用する
  • 車に乗っている時の日焼け対策を徹底する

日焼け止めは夏のシーズンだけしか使わないという人もいますが、年中紫外線は降り注いでいます。また、冬や曇りの日でもかなりの量の紫外線を浴びているのは事実です。

ですから、日焼け止めは季節・天気を問わず使用するようにしましょう。また、日焼け止めを朝塗って午後までそのままという人もいますが、日焼け止めは皮脂や汗で取れてしまいます。ですから、こまめに塗り直すことが大切です。

外出時は日焼け止めを塗っていれば大丈夫と勘違いしている人もいますが、日焼け止めは日焼けするのを遅らせる効果があるとされているだけで、日焼け止めを塗っていれば日焼けしないというわけではありません。

つまり、日焼け止めを塗るだけでは日焼け防止の対策としては不十分ということを思いに留めておいてください。外出時は帽子や日傘、サングラス、また長袖などを利用して日光を直接肌に浴びないように注意しましょう。

仕事や用事で外出する必要がある場合は仕方がありませんが、日中の日差しがキツイ時間帯には外出しないのが一番です。

気を付けたいのが、車に乗っている時や室内です。頭上から日光を浴びないために、紫外線対策がおろそかになりがちですが、車内にいる時も肌は焼けやすいので必ず長袖などで肌を覆うようにしましょう。

また、室内も窓ガラスを通して紫外線は浴びますから、遮光カーテンなどで紫外線をカットするのがオススメです。

3-1.お手入れ当日の日焼け止めはNG

脱毛エステやクリニックでの脱毛当日は、施術箇所に日焼け止めを塗るのはNGとされています。その理由は、日焼け止めで毛穴が白くなってしまって光やレーザーが毛根部分に反応しにくくなってしまうからです。

つまり、日焼け止めは脱毛効果を弱める恐れがあるため、お手入れ当日は使用しないようにといわれているわけです。

ですから、お手入れ当日の日焼け対策は、帽子や肌を覆う服装などを利用するようにし、日焼け止めは使用しないようにしましょう。

4.まとめ

脱毛エステで脱毛を受けるとしても、クリニックでの脱毛を受けるにしても、脱毛期間中の日焼けはNGです。ここで紹介したような方法で、脱毛期間中は日焼けを防止するための対策をしっかりと行いましょう。

万が一、脱毛期間中に日焼けしてしまった場合は、肌の色が元に戻るまで脱毛は受けることができませんので注意してください。また、脱毛後に日焼けをしてしまったという場合は、すぐに冷やして炎症を鎮めることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です