脱毛はくすぐったく感じるの?くすぐったい部位とその対処法を解説

脱毛に通っている人の話を聞くと「くすぐったい」という意見を良く耳にします。 

確かに、他人にいろいろ触られたりすると、くすぐったくて身体がプルプルなってしまいますよね。

我慢しているけど、実際はとても苦痛という人も多いのではないでしょうか。少しでもくすぐったさを軽減して快適に脱毛を受けられたら良いでよね。

そこで、今回はなぜ脱毛はくすぐったく感じるのか?くすぐったく感じる部位や対処法なども詳しく見ていきたいと思います。 

このサイトを参考にして頂ければ、くすぐったさを軽減して脱毛を受けられる良い方法が見つかります。 

1.なぜ脱毛をくすぐったいと感じるのか?

脱毛施術をしていて、どのような時にくすぐったく感じるのか詳しく見ていきましょう。

1-1.スタッフに身体を触られた時

脱毛サロンやクリニックで脱毛を受けると、全てスタッフの人がお手入れをしてくれます。

施術をする際には、どうしても身体に触れられてしまうので、くすぐったく感じてしまう人も多いです。

特に自律神経が集中していて皮膚が敏感になっている、ワキやお腹などがくすぐったいと感じることが多いです。

1-2.冷たいジェルを塗られた時

光脱毛を受ける時は、ほとんどのサロンで冷たいジェルを照射部位に塗布します。

この冷たいジェルを塗られると、ヒヤっとして、その後は少しジワジワ冷たさを感じるのでそれがくすぐったく感じてしまう人もいます。

1-3.シェービングをされた時

施術を受ける前は、前処理をきちんと行っているかチェックされますが、剃り残しがある場合には、スタッフが電動シェーバーでお手入れしてくれる店舗もあります。

このシェービングされるのをくすぐったく感じる人がいます。

ちなみに、自分で電動シェーバーを使用して前処理を行う時も、多少のくすぐったさはあります。

1-4.光を照射された時

光脱毛やレーザー脱毛で施術を行う場合は、肌に直接光を照射しますが、その時肌に少しピリっとしたものを感じやすくなり、それがくすぐったく思う人もいます。

このように、他人に触られるだけではなく、脱毛施術の過程にもくすぐったく感じる要素がいろいろあるのです。

ただし、感じ方は個人差によって変わってきますので、全く何も感じないという人もいます。

では、次にもっと詳しく見ていく為に、くすぐったく感じる部位についても解説していきます。

2.くすぐったいと感じる部位

ここでは、どのような脱毛部位がくすぐったく感じるのか、特に感じやすい「ワキ」「背中」「お腹」「腰」について見ていきたいと思います。

2-1.ワキ

ワキは多くの人が脱毛を希望する部位になります。ワキは脱毛中に限らず、普段から他人に触られたらくすぐったい部位ですよね。

どうしても、触られるのが苦手という人は、まずスタッフの人に相談してみましょう。

そして、できるだけくすぐったさを軽減できるように、前処理などは自分できちんと行ってくるようにすると良いでしょう。

2-2.背中

背中の脱毛は範囲が広く、全面に冷たいジェルを塗られたり、光を照射する範囲も多いので、くすぐったいと感じることも増えてしまいます。

基本は我慢するしかないですが、施術を受ける前は深呼吸をして少しリラックしてみましょう。

2-3.お腹・腰

お腹や腰も他人に触れられるとくすぐったく感じてしまいますよね。

できるだけ、前処理は自分で行って、くすぐったいという旨も事前にスタッフの人に伝え早めに施術してもらうなど少し工夫してもらうと良いでしょう。

2-4.太もも

太ももも他人に触れられるとくすぐったいと感じる人が多い部位です。

あまり力を入れ過ぎてしまうと、より神経も過敏になってしまうので、リラックスすることが大切です。 

このように、くすぐったいと感じる部位には、身体をコントロールする自律神経が集中しているので、皮膚の感覚が他の部位よりも敏感になっています。

あまり力を入れ過ぎず、少しリラックすることが大切です。また、どうしてもくすぐったい部位がある人は、その部位は除いて脱毛するのも1つです。 

では、次にくすぐったいと感じる人にとって、脱毛が受けやすくなるように効果的な対処法を見ていきたいと思います。 

3.くすぐったく感じる人の対処法

施術時に少しでもくすぐったさを軽減できる対処法を5つ紹介したいと思います。

3-1.前処理をきちんとする

剃り残しがあると、スタッフの人がシェービングしてくれる店舗もあり、他人にシェービングをされるとムズムズしてくすぐったさが増してしまいます。

必ず自分でしっかり前処理してくるようにしましょう。

3-2.冷たいジェルを使用しない店舗を選ぶ

くすぐったいと感じる原因に、冷たいジェルがあります。脱毛サロンの場合は、ほとんどの店舗でこの冷たいジェルを使用して施術を行います。

何故、ジェルが必要かというと、火傷防止や痛みの軽減の為に使用されます。

ただし、店舗によっては使用する脱毛器に冷却装置が備わっているので、冷たいジェルは使用せずに脱毛できます。

もし、冷たいジェルが苦手という人は、ジェルを使用しない店舗を選ぶのも1つです。

それらのサロンでおすすめは「シースリー」、クリニックで言うと「リゼクリニック」です。後ほど詳しく説明します。

3-3.施術時間が早い脱毛サロンを選ぶ

最近は、脱毛器も進化して短い時間で施術ができるようになった店舗もあります。

全身脱毛であれば通常120分前後掛っていましたが、施術が早い店舗では、45~60分前後で完了してしまうので、施術中はくすぐったくて苦痛という人は、短い時間で施術が終えられるサロンやクリニックを選んでみても良いでしょう。 

具体的なサロンを言うと「シースリー」がおすすめです。後ほど詳しく説明します。

3-4.家庭用脱毛器を使用する

他人に身体を触れられるとくすぐったいという人も多いですよね。

そのような人は、サロンやクリニックには通わずに、家庭用脱毛器を購入し自分で施術をすると少しくすぐったさも軽減できます。

他人から触られるとくすぐったい部位でも、自分で触るとそこまで何も感じなかったりするので、サロンやクリニックに通う自信がないという人には、家庭用脱毛器がオススメです。

私のオススメはケノンです。

家庭用脱毛機器ケノン/脱毛効果とおすすめな人を解説

2016.09.12

3-5.事前にスタッフに相談する

どうしても、くすぐったい部位がある時は、無料カウンセリングの時に事前にスタッフに相談しておきましょう。

何か工夫をしながら施術をしてくれる場合もありますし、どうしても苦手な場合はその部位を除いて脱毛することも可能なので、無理をしないことが大切です。

このように、施術時にくすぐったく感じてしまう人は、脱毛サロンやクリニックの選び方を考えてみたり、場合によっては家庭用脱毛器を使用するという方法を選んでも良いと思います。

では、次にくすぐったいと感じる人でも通いやすい、私がオススメする脱毛サロンやクリニックを紹介したいと思います。 

4.くすぐったいと感じる人でも通いやすい私がオススメするサロンやクリニック

上記でも少し解説しましたが、施術時にくすぐったいと感じる人は、少しでもその状態が軽減できる脱毛方法を選んで見るのも良いと思います。

ここでは、私がオススメする脱毛サロンやクリニックを見ていきましょう。

4-1.冷たいジェルを使用せず脱毛するなら「キレイモ」

キレイモ

キレイモ公式サイト

キレイモは、新宿、池袋、渋谷などをはじめ全国に40店舗以上を展開している脱毛サロンになります。

キレイモは脱毛サロンの中でも比較的新しいサロンですが、毎年店舗数も増え成長し続けています。

キレイモがオススメな理由は、冷たいジェルを使用しないところです。この冷たいジェルを使用しないだけで、くすぐったさも軽減できます。

なぜ、キレイモではジェルを使用しなくても大丈夫かというと、元々脱毛器に冷却装置が備わっているので、照射した熱を瞬時に冷ましてくれるので、痛みも軽減でき、火傷など肌トラブルも起こしにくいです。

冷たいジェルでくすぐったくなってしまう人は、このようにジェルを使用しないサロンを選んでみても良いでしょう。

4-2.超高速脱毛が魅了の「シースリー」

シースリー

シースリー公式サイト

シースリーは、新宿、渋谷、銀座、池袋などをはじめ50店舗以上を展開する脱毛サロンになります。

シースリーの人気は脱毛だけでなく、まるでエステサロンのように豪華な店内も評判を集めています。

シースリーをオススメする理由は、超高速脱毛です。

通常全身脱毛であれば120~150分くらい時間が掛ってしまっていましたが、シースリーの超高速脱毛であれば最短45分前後で脱毛が完了してしまいます。

これくらいの時間であれば、施術時にくすぐったいと感じる人でも、我慢して受けられますね。

短い時間で脱毛したいという人には、このようなサロンを選んでみるのも良いと思います。

4-3.脱毛器も豊富に揃っている「リゼクリニック」

リゼクリニック

リゼクリニック公式サイト

リゼクリニックは、新宿、渋谷、横浜、大阪梅田などをはじめ全国に15院を展開する美容皮膚科になります。

リゼクリニックをオススメする理由は、冷たいジェルは使用せず、脱毛器もその人に合ったものをセレクトしてくれるところです。

リゼクリニックでは「ライトシェアデュエット」「メディオスター XEXT PRO」「ジェントルYAG」という3種類の脱毛器を使用しています。

どれも、冷たいジェルは使用せずに安全に脱毛でき、ライトシェアデュエットに関しては照射間口が広い為、他のレーザー脱毛器よりも短い時間で施術が完了できます。

冷たいジェルも使用せず、短時間で脱毛できるのは嬉しいですね。

今回は3つの店舗を紹介しましたが、冷たいジェルを使用したくないという人は「キレイモ」や「リゼクリニック」が向いています。

短時間で施術をしたいという人は「シースリー」が良いでしょう。

5.まとめ

今回は、施術時の「くすぐったい」にスポットを当てて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

くすぐったいと感じる原因には、「他人に触られる」「冷たいジェルを使用する」「シェービングをする」などが原因になっていることが多いので、自分はどのような時にくすぐったいと一番感じやすいかを考えてみて、脱毛サロンやクリニックを選んでみても良いかと思います。

また、どうしても他人に触られるのは苦痛という人は、家庭用脱毛器を購入して自分で脱毛してみるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です