初めてのvライン脱毛!彼氏からも受け入れられる理想の形はコレ!

水着やさまざまなシーンでやっておくのが必須とされているvライン脱毛。

今では脱毛サロンやクリニックでも比較的安くvラインの脱毛ができるので、利用する人は増えてきました。

ただ、vライン脱毛を始めるにあたり、「vライン脱毛ってどこからどこまでのことを言うの?」とか「どんな形に整えるのがベストなの?」などと疑問に思う人は少なくありません。

そこで本記事では、vライン脱毛についての基本情報をお伝えしていきたいと思います。

この記事を読むことでvラインとはどこからどこまでの範囲のことをいうのか、またどんな形に整えることができるのかといった疑問の答えを得ることができるようになっています。

そして、vライン脱毛をスタートさせるにあたり、どんな形を選ぶのがあなたにとってベストなのかの判断が付くようにもなっています。

ぜひ最後まで読んで参考にしていただければと思います。

1.vライン脱毛とは

vライン脱毛とは、ビキニラインの脱毛のことです。つまり、足をそろえて立った時に、正面から見える部位のアンダーヘアの脱毛のことです。

vラインというと、一般に正面から見えるアンダーヘア全体のことを言いますが、「vライン脱毛」の場合は脱毛サロンやクリニックによって若干脱毛範囲が異なります。

1-1.vライン脱毛の範囲

脱毛サロンやクリニックのメニューのひとつであるvライン脱毛。脱毛サロンやクリニックの多くでは、足をそろえて立った時に見える逆三角形のアンダーヘア全体の脱毛を表します。

しかし、一部の脱毛サロンやクリニックでは、逆三角形のアンダーヘア全体ではなく、ビキニラインの両サイドのみをvラインと呼んでいることもあります。

ですから、もしそのようなサロンやクリニックで逆三角形のアンダーヘア全体を脱毛したい場合は、ビキニラインの脱毛に加えてトライアングル部分の脱毛も追加する必要があります。

1-2.vライン脱毛をする人が増えている理由

vライン脱毛をする人が増えている理由には、次のようなものが挙げられます。

  1. かわいい下着にはvラインの処理がマストのものが多い
  2. vラインの脱毛はエチケットとして必要と考える女性が増えている
  3. アンダーヘアが剛毛なのでコンプレックスを解消したい
  4. vラインの自己処理で肌トラブルが起きたから

とくに最近の下着はアンダーヘアを無処理の状態で身に着けると、ヘアがはみ出してしまうものが多いので、「vラインの処理は欠かせない」と考える女性は多いです。

またアンダーヘアがジャングル状態だと、彼氏とのHの時に恥ずかしいと感じる女性も多く、これもvライン脱毛をやる人が増えている理由のひとつとなっています。

このように人気が上昇中のvラインですが、「どんな形に整えればいいのか分からない」とか「みんなはどんな形に整えているんだろう?」という疑問を持つ人も少なくありません。

そこで、ここからはvラインの形について解説していきますので、vラインの形選びの参考にしてみてくださいね。

2.みんなはこうしてる!vラインの形

脱毛サロンやクリニックでvライン脱毛を希望すると、まず「どんな形にしますか?」と尋ねられます。

その場で選んでしまうと、後になって「やっぱりこの形にすれば良かった……」と後悔することも多いので、あらかじめどの形にするかを決めた上で脱毛サロンやクリニックに行く方がスムーズです。

vライン脱毛の代表的な形にはどんなものがあるのかみていきましょう。

2-1.代表的なvラインの形

代表的なvラインの形と、ぞれぞれの形の特徴は次のとおりです。

■トライアングル型(逆三角形型)

vラインを逆三角形にきれいに整えたものです。比較的自然な形に仕上がるため、人気があります。

小さめのトライアングル型に整えれば、ショーツからアンダーヘアがはみ出ることもありません。

■オーバル型(たまご型)

vラインの形をたまご型に整えたものです。女性らしく上品な形に仕上がりますので、こちらも人気の形です。

■Uライン型

オーパル型の上部分を平らに整えてUの形にしたのがUライン型です。この形はとても自然なので、アンダーヘア脱毛をやったとバレたくないけど、形はキレイに整えておきたいという人にはおすすめの形です。

■Iライン型

vラインを細くIの形に残すのがIライン型です。海外セレブに人気の形で、かなり小さい水着や下着でもアンダーヘアを気にしなくて済むというメリットがあります。

ただし、仕上がりは不自然なので「vライン脱毛をした」というのはバレてしまう形です。

■スクエア型

vラインを正方形に整えます。Iライン型よりも幅を広めに残したのが、この形になります。

Iライン型よりも不自然さが軽減されるので、Iライン型には抵抗があるけど、小さめに整えたいという人がよく選ぶ形になります。

■ハート型

ハート型にvラインを整えたものです。個性を出したいという人に好まれるデザインのひとつです。他にも星形などを選ぶ人もいるようです。

■ハイジニーナ型(ブラジリアンスタイル)

パイパンと呼ばれるもので、vラインの毛を全処理するものです。欧米の女性達の間では人気の形です。

2-2.男性ウケがいい形はトライアングル型とオーパル型

vラインの形を整えるにあたって気になるのが男性の好みです。せっかくvラインを整えたものの、男性ウケが良くなければがっかりしてしまいます。

男性に人気のある形は、「トライアングル型」と「オーパル型」です。

日本人男性の多くは、女性のvラインがジャングル状態でもショックを受けるようですが、いかにも「やりました」感があるのも、抵抗があるようです。

その点「トライアングル」型と「オーパル型」は比較的自然で、しかもvラインがキレイに整えられた状態に仕上がるので「女性らしい」と好評なんです。

もし彼氏を意識してvライン脱毛をする場合は、この2つから選んでみると失敗はないでしょう。

2-2-1.逆にリスキーな形はIライン型とハイジニーナ型

逆に男性ウケの悪い、リスキーな形もあります。それは「Iライン型」と「ハイジニーナ型」です。

この2つが不評の理由は、「やりました」感が強いということにあります。とくに「ハイジニーナ型」については、好む男性がいるのも事実ですが、それでも「遊んでそう」という印象を持つ男性も多く、リスクが高い形です。

もし、vラインを「Iライン型」や「ハイジニーナ型」にすることを考えている場合は、このようなリスクについても考えておきましょう。

2-3.私のおすすめの形をコレ!

私がおすすめするvラインの形をタイプ別にいくつか挙げてみます。

■女子力アップを目指す人

女子力アップを目指す人におすすめなのは、「オーパル型」です。

丸みを帯びた可愛らしい形に仕上がりますし、トライアングル型よりも自然な形に仕上がるので、温泉などでも恥ずかしくありません。また先ほど述べたように、男性ウケもいいのでおすすめです。

■とにかくやったことがバレたくない人

「vライン脱毛をやったことがとにかくバレたくない」という人におすすめなのは、「Uライン型」です。

とても自然に仕上がるので、やったということがほぼバレません。

■セクシーな水着や下着を存分に楽しみたい人

vライン脱毛をやったということがバレてもいいから、とにかく露出の高い下着や水着を十分に楽しみたいという人におすすめするのは「Iライン型」です。

アンダーヘアを細めに整えると、水着や下着からはみ出す心配はありません。

「ハイジニーナ型」だと、男性の好みが分かれますし、温泉などで恥ずかしい思いをしてしまうことも少なくありませんから、「ハイジニーナ型」よりは「Iライン型」をおすすめします。

ここまででvライン脱毛ではvラインをどんな形に整えることができるのか解説してきました。男性ウケのいい形、また自分の希望に合った形の選び方についても知ることができましたね。

ここからは、vライン脱毛をスタートする前に知っておきたい事前処理のやり方などについてお話したいと思います。

3.vライン脱毛を始める前に知っておきたいこと

脱毛サロンやクリニックで施術を受ける場合に必要となるのが事前処理です。これは、当日の脱毛をスムーズに行うために、あらかじめ施術する部分の毛を剃っておくことをいいます。

ただvラインに関しては、どのように事前処理を行えばいいのか分からないという声も多々聞かれます。どのように事前処理を行うのがベストなのか、正しいやり方をみていきましょう。

3-1.vライン脱毛前の自己処理のやり方

vライン脱毛前の自己処理は3日前~前日までにやっておくのが理想です。

もし、うっかり忘れてしまった場合は当日やっても構いませんが、肌へのダメージを軽減するためには前日までに済ませておくのが理想です。

vラインの自己処理の正しいやり方は以下のとおりです。

  1. vラインの毛をハサミやトリマーで全体的に短く切る
  2. 整えたい形に水性ペンなどで印をつける
  3. 印に合わせて電気シェーバーで剃る
  4. シェービングした後の肌はローション・乳液などで保湿する

いきなりシェーバーで剃ると、毛が邪魔になって剃りにくいので、まずはハサミやトリマーでアンダーヘアを短く切りましょう。

その後、整えたい形に印をつけて電気シェーバーで剃っていきます。

カミソリで剃る人もいますが、カミソリは肌への負担が大きいので、肌にやさしい電気シェーバーがおすすめです。

ボディ用の電気シェーバーだと形を整えにくいので、フェイス用の電気シェーバーを使うといいですよ。

そして、シェービングした後は肌がカサつきやすいのでしっかりと保湿してあげてください。

3-2.vラインの毛が濃いので全体的に薄くしたい場合

vラインの毛が濃くジャングル状態で困っているという女性もなかにはいます。そのため、vゾーンの毛を全体的に薄くしたいと考える人も少なくないようです。

その場合は、「アンダーヘアが濃いので、vラインの毛を全体的に薄くしたい」とオーダーしましょう。

そうすると、vラインを全体的に照射してもらえます。脱毛サロンやクリニックでの脱毛では、毛が一度に全部なくなるということはありません。

施術回数を重ねる毎に徐々に毛は少なく、また細くなってきますので、ちょうどいい薄さになった時に施術をやめると理想の状態をキープできますよ。

またvライン脱毛では、vラインの形を整えつつ、全体的に薄くするというのも可能です。

例えばトライアングル型とかオーパル型、Uライン型などの好みの形に整えながら、残した部分の毛を薄くするということもできますから、脱毛サロンやクリニックのスタッフと相談しつつ、自分の理想を伝えてみてくださいね。

3-2-1.vラインを全体的に薄くする場合の事前処理

vラインを全体的に薄くしたいという場合は、vライン全体に照射するので、vラインを全処理しておく必要があります。「ハイジニーナ型」にする場合と同じです。

しばらく恥ずかしいかもしれませんが、1ヶ月近く経つと目立たなくなりますから、少しの間我慢しましょう。

ですから、温泉に行くなどの予定がある間は、先に温泉などの予定を済ましてから脱毛するようにおすすめします。

4.まとめ

脱毛サロンやクリニックで人気が上昇しているvライン脱毛ですが、選んだ形のために後悔する人もいます。

ですから、将来的なことや男性にどう評価されるかという点も考えて形を選ぶのがおすすめです。

vライン脱毛をやる際には、事前処理が必要になりますから、ぜひフェイス用の電気シェーバーなどを使って3日前~前日には処理しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です