今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

人気のvio脱毛!気になる痛み・デメリットは大丈夫?

20代~30代の女性に人気が高いというvio脱毛。確かにかわいい下着や水着を思いっ切り楽しむのにはvioラインのお手入れが欠かせませんよね。

とはいえ、vio脱毛を始めるに当たっては、「痛みがないのか」とか「臭いとか大丈夫かな…」といった不安もありますよね。vio脱毛をすることのデメリットも気になります。

ここでは、まずvio脱毛とは何なのかお知らせします。またvio脱毛のメリットやデメリット、脱毛当日の事前処理の方法、さらにはvio脱毛にまつわる不安についてお答えしていきます。

こちらを読むことで、あなたがvio脱毛をすべきなのか、またどこでやればいいのかを判断できるようになっています。ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。

1.vio脱毛はどこの部位なのか

「vio脱毛」とよく耳にしますが、実はよく知らないという方もいるでしょう。vio脱毛というのは、デリケートゾーン、つまりアンダーヘアの脱毛のことです。

アンダーヘアは、ビキニラインのvライン、性器周りのIライン、そして肛門周りのoラインと3つに区分できますが、この3つをセットにしてvioラインと呼びます。そして、このvioラインをまとめて脱毛することをvio脱毛というのです。

1-1.vio脱毛のメリット・デメリット

vio脱毛を始めるにあたり、知っておきたいのがvio脱毛のメリットとデメリットです。

1-1-1.vio脱毛のメリット

vio脱毛をすることのメリットは、大きく5つ。

  1. オシャレな下着や水着を思いっ切り楽しめるようになる
  2. 面倒なアンダーヘアの自己処理が不要になる
  3. 生理の時にお手入れがラク
  4. Iラインなどの毛を無くすことで衛生面でもメリットがある
  5. 剛毛などのコンプレックスから解放される

vioラインの毛を処理してしまえば、「アンダーヘアがはみ出てしまうかも」なんて心配することなく、オシャレな下着や水着を思いっ切り楽しめるようになります。また、カットしたり、剃ったり、抜いたりといった面倒な自己処理をする必要もなくなります。

さらに、vio脱毛をやると生理の時に経血がアンダーヘアに付着しなくなるので、お手入れがラクですし、アンダーヘアが無い(もしくは少なくなる)分、ムレにくくなって衛生面でもメリットがあります。

アンダーヘアが剛毛だと、「恥ずかしい」と感じて温泉に行くのをためらったり、恋にも積極的になれなかったりする人がいますが、vio脱毛をしてしまえば、そんな悩みも解消されますよ。

1-1-2.vio脱毛のデメリット

vio脱毛をすることにはデメリットもあります。大きくは次の3つです。

  1. 脱毛時に痛みをともなうことが多い
  2. 形によっては後で後悔することもある
  3. 施術料金がかかる

vio脱毛をすると、施術料金がかかりますし、施術には多少の痛みがともないますので、そこは覚悟しておかなければなりません。またvio脱毛をやる人の中には、全処理(パイパン)にしたり、アンダーヘアをいかにも「やりました!」感が残るような形に処理したりする人もいます。

そのような場合、温泉などで恥ずかしい思いをすることもありますし、「遊んでいる女性」という風に見る男性もいますので、後悔につながることもあります。

1-2.vio脱毛はやることの方がメリットは大きい

vio脱毛のメリットとデメリットを比較すると、メリットの方が多いですよね。またデメリットを見ると、「多少の痛みがある」「施術料金がある」というのは、当たり前のことではありますから、そんなに大きなデメリットにはなりません。

形によっては後悔することがあるという点について考えても、後悔しないような形を選んで脱毛すればいいだけですから、とくに大きなデメリットにはならないでしょう。

エチケットの面や衛生面、見た目のメリットを考えてみると、vio脱毛はやることのメリットの方が大きいといえます。もし、やるかやらないかで迷っているという方がおられるなら、私としてはできるだけ早くやってしまうことをオススメします。

ここまででvio脱毛をやることのメリットとデメリットについて考えてきました。続いては、脱毛当日に向けてやっておくべき自己処理について考えてみましょう。

2.脱毛当日に向けてやっておくべき自己処理

大抵の脱毛サロンやクリニックでは、脱毛当日に向けて事前に脱毛部分の毛を処理しておくのがお約束事となっています。脱毛する部分の毛を剃っておくことで、当日はすぐに施術ができる状態にしておくのです。

ただvio脱毛については、どうやって自己処理をやったらいいのか分からないという人も少なくないと思います。部位が部位なだけに、他の人にもオープンには聞きにくいですよね。どのようにやるといいのかみていきましょう。

2-1.vio脱毛前の自己処理のやり方

vio脱毛前に必要となるシェービングですが、脱毛当日の2日前~前日までに済ませておくようにしましょう。あまり早くに事前処理をやってしまうと、脱毛当日は毛が伸びてしまっていることもありますから、早くても2日前くらいにやるようにするといいと思います。

シェービングは、カミソリなどでやることもできるのですが、vioラインはデリケートな部位なので、電気シェーバーでやるのがオススメです。ボディ用の電気シェーバーだとiラインなどのシェービングはやりにくいので、フェイス用の電気シェーバーを使います。

基本的に、まずはハサミで毛の長さを短くしてシェービングしやすい長さにした上でシェービングします。シェービング時はシェービングフォームを使用して、肌に負担がかからないように注意しましょう。

vラインは自分の好みの形に整えておきましょう。多少、デコボコした形になっても照射する部分がキレイに剃れていれば問題ありません。iラインも同様に好みの形に剃ります。ただiラインは見えにくいという難点がありますから、シェービング時には細心の注意を払って剃るようにしてください。床に手鏡を置いてシェービングするとやりやすいという人も少なくありませんから、試してみるといいかもしれません。

難しいのはoラインの処理です。oラインは自分で見えないので、脱毛サロンやクリニックによっては自己処理不要としているところもあります。例えば、ミュゼプラチナムやキレイモ、銀座カラーといった脱毛サロンや、アリシアクリニックやリゼクリニック、フェミークリニックなどはoラインの自己処理は不要となっています。

別途、シェービング料金がかかることもありますが、無理して自分でやって肌を傷つけてしまうよりはやってもらう方が安心です。

2-2.剃り残しがある場合、サロンやクリニックで剃ってもらえるのか徹底調査

vioラインの事前処理を行うにあたり、気になるのが剃り残しです。ほとんどの場合、vラインは問題なく処理できると思いますが、iラインは「うまくできない」という人も少なくないのではないでしょうか?

その場合、サロンやクリニックで剃ってもらえるのかというのは気になるところですよね。vio脱毛をやっている代表的な脱毛サロンやクリニックの剃り残しの対応についてお知らせしますね。

脱毛サロン・クリニック Vライン Iライン Oライン
ミュゼプラチナム 剃り残し部分の脱毛は不可 剃り残し部分の脱毛は不可 剃り残し部分はスタッフにやってもらえる。
キレイモ 剃り残しがある場合は、月額制は有料(1回1,000円)、回数パックプランは無料で剃ってもらえる。 剃り残しがある場合は、月額制は有料(1回1,000円)、回数パックプランは無料で剃ってもらえる。 スタッフにやってもらえる。
銀座カラー 剃り残しがある場合は、電気シェーバーを持参すると無料でやってもらえる。 剃り残しがある場合は、電気シェーバーを持参すると無料でやってもらえる。 剃り残しがある場合は、電気シェーバーを持参すると無料でやってもらえる。
アリシアクリニック 剃り残しがある場合は、有料で剃ってもらえる。(2,000円) 剃り残しがある場合は、有料で剃ってもらえる。(2,000円) スタッフにやってもらえる。
湘南美容外科 剃り残しがある場合は、有料で剃ってもらえる。(1箇所につき500円) 剃り残しがある場合は、有料で剃ってもらえる。(1箇所につき500円) 剃り残しがある場合は、有料で剃ってもらえる。(1箇所につき500円)
リゼクリニック 無料で剃ってもらえる。 無料で剃ってもらえる。 無料で剃ってもらえる。

多くの脱毛サロンやクリニックでは、oラインに限っては無料で剃ってもらえるところもあるものの、vラインやiラインについては自分で処理しておくのが基本となっています。

ミュゼプラチナムについては、剃り残しがある場合は、その部分の施術が不可となっていますから気を付けましょう。

ただ銀座カラーは電気シェーバーを持参すれば無料で剃ってもらえますし、リゼクリニックの場合は無条件で無料で剃ってもらえるということですので、自己処理が不安という人にとっては助かりますよね。

ここまででvio脱毛前の事前処理について考えてきました。続いては、vio脱毛にまつわるさまざまな疑問にお答えしていきたいと思います。脱毛をスタートさせる前に疑問を解消しておくと、安心してvio脱毛を始めることができますよね。

3.vio脱毛にまつわる疑問

vio脱毛を始める前に多くの人が不安に思う点、また疑問を抱く点をみていきましょう。

3-1.vio脱毛は痛みはある

vio脱毛をスタートさせることができないという人の中には、「痛みが心配」という人が少なくありません。vio脱毛に痛みがあるかないかで考えると、「痛みがある」と答える人の方が多いのが実情です。

vioラインは、デリケートゾーンとも言われているように、肌がとってもデリケートです。ですから他の部位よりも痛みを感じやすいんです。ただ痛みの感じ方には個人差があるので、「施術を続けることができないくらい痛い」と感じる人もいれば、「我慢できないほどの痛みではない」と感じる人もいます。

脱毛サロンとクリニックのvio脱毛を比較すると、脱毛サロンの方が痛みは少ないのが実情です。しかし、クリニックでは希望すれば麻酔クリームなどを使用した上で施術を受けることもできますから、麻酔を使用すればクリニックでの脱毛もストレスフリーで受けることができますよ。

3-2.臭いが気になるんだけど・・・?

なかにはアソコの臭いが気になって、vio脱毛はできないと感じる人もいるようです。臭いについては個人差があるものの、誰でも多少はあるものです。ですから、施術をしてくれるサロンやクリニックのスタッフは慣れていますから過度に心配する必要はありません。

ただ「どうしても臭いが気になる」という人は、できる範囲で臭い対策をするといいと思います。臭い対策としてできることを3つご紹介しますね。

  • 脱毛前はシャワーでデリケートゾーンを清潔に洗った上でサロンやクリニックに向かう
  • 施術前にウォシュレットやウエットティッシュなどを使って臭い対策をする
  • 日頃からデリケートゾーンを清潔に保つ

外出先から直接脱毛サロンやクリニックに行く場合は無理ですが、自宅からサロンやクリニックに行く場合は、シャワーでデリケートゾーンを洗ってから行くのを習慣にすると、そんなに臭いを心配することなく施術を受けることができます。

また、外出先から直接向かうという場合は、ウォシュレットやウエットティッシュを利用して、デリケートゾーンを清潔にした上でサロンやクリニックに向かうのがオススメです。

また日頃からおりもの専用シートを使用する場合はこまめに替えたり、トイレの後はウォシュレットで洗うのを習慣にしたり、入浴時にはデリケートゾーン専用のソープを使って洗ったりするなどして清潔を保つことで臭いの発生を最小限に抑えることができますよ。

3-3.vio脱毛には主に6つの形がある

vio脱毛をスタートするにあたり、希望の形を選ぶことができます。vラインには大きく6つの形があります。1つずつ解説しますね。

■逆三角形型
トライアングルを逆さにしたような形です。小さめの逆三角形に整えれば、小さめの下着や水着でもアンダーヘアの心配をしなくて済みますし、比較的自然な形なので希望する人が多い形です。

■スクエア型
vラインを正方形の形に整えます。幅は少し広めに残っているので、比較的自然な形に仕上がります。

■Uライン型
Uラインの形にアンダーヘアを整えたものですが、脱毛したとバレないくらい自然に仕上がります。ナチュラルに仕上げたい人にはオススメの形です。

■卵型
アンダーヘアを卵型に整えたものです。かわいらしく仕上がるので、女性らしい雰囲気になります。男性にも好評の形です。

■Iライン型
Iライン型は、ビキニラインを細くIの字に整えたものです。海外では人気がある形で、露出度の高いセクシーな下着や水着を十分に楽しみたいという人にもオススメです。その分、自然さは少なくなるため、やったというのはバレやすいというデメリットはあります。

■ブラジリアン
パイパンとも呼ばれるアンダーヘアの全処理になります。海外では人気がありますが、日本では「遊んでいる」という印象を持つ男性も少なくなく、好みが分かれるところです。また温泉などでちょっと気が引けるという人もいますから、ブラジリアンにするならそれなりの覚悟をした上でやるようにしましょう。

iラインについては細く残す人もいれば、全処理を希望する人もいますし、oラインについてはほとんどの人が全処理を希望します。

3-3-1.vラインの形を選ぶ時に気を付ける点

vラインは、ご紹介した6つの形のほかにハート型など自分の好きな形に整えてもらうことができます。形を選ぶ時には、軽い気持ちで選ぶ人も少なくないのですが、脱毛した部分は生えてこないので形は慎重に選ぶようにしましょう。

vラインの形を選ぶ上で忘れないようにしたいのは、vio脱毛をやる目的です。小さめのオシャレな下着や水着を思いっ切り楽しみたいからですか?それとも、エチケットとしてアンダーヘアをきれいに整えておきたいからでしょうか?

小さめの下着や水着を思いっ切り楽しみたいという場合は、小さめの逆三角形や卵型、Iライン型にするのがオススメです。しかしアンダーヘアを自然な形に整えたいという場合は、Uライン型などナチュラルに仕上がるものを選ぶのがいいでしょう。

また、その形に整えることで後になって後悔することがないかという点も考えるようにしましょう。例えば、セクシーな下着を楽しみたいからといってパイパンにしてしまうと、温泉などで見られる時に恥ずかしく感じるかもしれません。

ハート型などの形にした場合も、お婆ちゃんになった時に違和感がある可能性は高いですよね。

ですから、vラインの形を選ぶ時は、まずはvio脱毛したいと思うようになった理由を思いに留めた上で、将来的に後悔がない形を選ぶようにしましょう。

4.vio脱毛をするならどこがオススメ?私の考えは?

vio脱毛ができる脱毛サロンやクリニックは多くありますが、私がオススメするのはクリニックでの脱毛です。その理由は、クリニック脱毛の方が効果が出やすいことと、医療機関での脱毛なので万が一という場合も安心だからです。

デリケートなvioラインは、腕や足といった部位と比べてより注意が必要となります。脱毛サロンのお手入れでは、万が一という時にどれくらい対応してもらえるのかという点に疑問が残りますから、vio脱毛はクリニックでやる方がオススメです。

vio脱毛は他の部位よりも効果が表われるまでに時間がかかります。そのため通常なら5~8回くらい通えば脱毛が完了するといわれているクリニック脱毛でも、思ったよりも通わなければならないことが少なくありません。

ですから、クリニックの中でもvioラインの脱毛は『脱毛し放題プラン』があるアリシアクリニックがオススメです。脱毛し放題プランなら、追加料金を気にせず通うことができうるので、効果が出るのが遅く感じたとしても安心ですよ。

5.まとめ

人気が上昇中のvio脱毛。デメリットもあるものの、やっておくことのメリットは大きいので、もし迷っているなら、思い切ってスタートさせましょう。

脱毛サロンとクリニック、どちらでもやることはできますが、安全面や効果の面を考えるとクリニックでの脱毛がオススメです。痛みが心配という人は麻酔を使用してもらうと安心して脱毛を受けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です