今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

全身脱毛は恥ずかしいの?施術時の恥ずかしさを和らげる方法をお教えします

全身脱毛を受けたいけれど、何だか他人に身体が見られるのは恥ずかしいと思っている人もいるでしょう。

それもそのはず、全く知らない人にワキや胸、デリケートゾーンを見られるのはさすがに抵抗がありますよね。 

しかし、ムダ毛をなくして肌を綺麗にするには恥ずかしさも少し我慢しなければなりません。 

そこで、今回は少しでも施術時の恥ずかしさを和らげる方法をお教えします。

この記事をお読み頂くことで、どのようなことで恥ずかしさを軽減できるのか、また、どうしても店舗で脱毛するのが恥ずかしいといった場合の対処法、40代以上の人でも抵抗なく脱毛できる店舗などを把握して頂けるしょう。 

少しでも恥ずかしさを軽減して、楽しく脱毛に通えるように参考にして頂けると幸いです。

結論を先にお伝えすると湘南美容外科クリニックで全身脱毛を受けるのが良いと私は思っています。

1.自分のコンプレックスである部分を他人に見られてしまうのは恥ずかしい

全身脱毛を受けるのが恥ずかしくて、なかなか通う勇気が出ないという人も多いです。

なぜ全身脱毛を恥ずかしいと思うのか?

ほとんどの人が、自分のコンプレックスである部分を他人に見られてしまうことに抵抗があるからだと思います。

コンプレックスがある部分はできるなら隠しておきたいと思いますよね。 

そして、特に恥ずかしいと思う理由を3つ見ていきましょう。

  1. デリケートゾーンを見られるのに抵抗がある
  2. 身体が太っていて恥ずかしい
  3. 胸が小さいのが恥ずかしい

1-1.デリケートゾーンを見られるのに抵抗がある

最近人気のデリケートゾーンの脱毛ですが、ムダ毛があると蒸れて不快な匂いがしたり、生理中は経血が毛について絡んだりしてしまうので、脱毛で処理をしてしまった方が断然ラクです。

しかし、デリケートな部分だけにスタッフに見られてしまうのに抵抗があるという人も多いです。

特にIラインを見られたくないという意見が多いです。 

1-2.身体が太っていて恥ずかしい

全身脱毛を行う場合は、どうしても裸にならないと照射ができないので、肌を露出するのは仕方ないことです。

しかし、身体についたブヨブヨなお肉をスタッフに見られるのは恥ずかしいですよね。

身体を見られたら何か思われるのではないかと、不安に感じてしまうという意見も多くあります。

1-3.胸が小さいのが恥ずかしい

全身脱毛の場合は乳輪周りも脱毛するので、胸をスタッフに見られてしまうことに恥ずかしさを感じる人もいます。

そして、自分の胸を小さいと思っている人には尚更抵抗があるでしょう。

以上、なぜ全身脱毛を恥ずかしいと思うのかについて見てきました。

身体が太っていることや、胸が小さいことは女性にとっては大きな悩みです。

その部位をスタッフに見られるのは抵抗がありますね。

ただし、全身脱毛をする以上、多少の我慢は必要になり、慣れていくことも大切になります。

次の章では、上記のように全身脱毛を受ける時に恥ずかしいと思うことを和らげる方法を紹介します。

2.全身脱毛の恥ずかしさを和らげる方法を解説

ここでは、恥ずかしさを少しでも減らせるような対処法を3つ紹介していきます。

ちょっとしたことかもしれませんが、少し対処するだけでだいぶ恥ずかしさは軽減できるでしょう。

  1. 体験談を読む
  2. 完全個室の施術室がある店舗を選ぶ
  3. VIOは紙パンツを履く店舗を選ぶ

2-1.体験談を読む

全身脱毛を受けた人の多くに、施術回数を重ねていくと恥ずかしさがなくなってきたという意見があります。

その意見は何を意味するかというと、何回も施術を行うと恥ずかしさも慣れてくるということだと思います。

しかし、これから全身脱毛を行う人にとってはまだ慣れるのは当分先になりますよね。

何も知らずに施術を受けると、次は何をやるのかな?どんな体勢をするのかな?など、考えているだけで不安で疲れてきてしまいます。 

ですから、まず全身脱毛を受けた人の体験談を読み、施術の流れ、施術時の体勢などを把握しておくと気持ち的にラクになります。

今はネット上に多くの体験談が載っているので、読んでイメージトレーニングをするだけで安心できるでしょう。 

2-2.完全個室の施術室がある店舗を選ぶ

店舗によって、施術室はカーテンで仕切られている所や、半個室、完全個室など様々なパターンがあります。

カーテンで仕切られている場合などは、隣の人の声や施術の様子も分かってしまうので恥ずかしさも増してしまいます。

できたら、完全個室の落ち着いた中で施術できる方が安心でしょう。(※シースリー、キレイモ、ミュゼプラチナム(一部の店舗)は完全個室です) 

2-3.VIOは紙パンツを履く店舗を選ぶ

最近は、全身脱毛の中にVIOも入っている店舗が多いです。

やはりVIOが一番スタッフに見られるのが恥ずかしい部位ですよね。

店舗によっては、恥ずかしさを軽減する為に紙パンツを用意してくれているところもあります。

施術をする時には紙パンツをずらしながらし照射してくれるので安心です。

何も履かないよりも、紙パンツがあるだけで、恥ずかしさもかなり軽減できるでしょう。(※ミュゼプラチナム、脱毛ラボ、銀座カラー、シースリーは紙パンツがあります)

以上、全身脱毛の恥ずかしさを和らげる方法を見てきました。

上記の他にも、全身脱毛をする時は、照射部位以外はタオルを掛けてくれたりもするので、ずっと裸でいる訳ではないので安心です。

また、スタッフは1日に何十人もの施術を行っているので、そこまで1人1人の身体を気にして見ている訳ではないので、そこまで恥ずかしがる必要はありません。

しかし、中にはどうしても全身脱毛を受けるのは抵抗があるという人もいるでしょう。

次の章では、そのような人でも脱毛しやすい家庭用脱毛器について解説します。

3.どうしても店舗で脱毛を受けるのが恥ずかしい人には「家庭用脱毛器」

私的には、綺麗に全身脱毛したいのであれば店舗に通うことをオススメします。

しかし、どうしてもスタッフに施術をしてもらうのが恥ずかしいという人は、家庭用脱毛器を使用するのも1つでしょう。

家庭用脱毛器であれば、1人で脱毛できるので他人に身体を見られる心配はありません。

しかし、少なからずデメリットも存在するので、ここでは家庭用脱毛器のメリット・デメリットを解説します。

デメリットの部分も踏まえ、自分には家庭用脱毛器で全身脱毛する方が向いているのか判断してみて下さい。

3-1.メリット

自分の好きな時に脱毛できる

家庭用脱毛器はその名の通り、自宅で脱毛できる機器なので都合の良い時に使用することが可能です。

忙しい人でも店舗まで通わなくて良いので気軽に脱毛を行えます。

他人に見られる心配がない

自宅で脱毛できるので、他人に見られず1人でゆっくり脱毛できます。

男性で脱毛に通うのに抵抗がある人も家庭用脱毛器なら安心して脱毛できますね。

安く脱毛できる

家庭用脱毛器は3~7万前後で購入できるので、店舗で全身脱毛するよりは安く脱毛できます。

ただし、カートリッジやバッテリーを交換する時は再度料金が掛ります。

3-2.デメリット

推奨されていない部位がある

家庭用脱毛器は自分で照射を行っていくので、粘膜の近くなどは使用するのが危険です。

メーカーによって違いはありますが、日本で一番売れていると言われている「ケノン」もIOラインなどを脱毛するのは推奨していません。

自分で脱毛をしてトラブルを起こしても自己責任となるので気をつけましょう。

自分では手が届かない部位がある

家庭用脱毛器で施術する時は、背中、うなじ、お尻、腰などは自分では手が届かないので照射するのが難しくなります。

結局、これらの部位は誰かに手伝ってもらうことになります。

使用方法を間違えると肌トラブルを起こす場合がある

家庭用脱毛器は店舗で脱毛するのと違い、判断は全て自分で行います。

ですから、急に出力を上げてしまったり、きちんと冷やしながら脱毛しないと

肌トラブルに繋がってしまうので注意が必要になってきます。

以上、家庭用脱毛器で全身脱毛する場合のメリット・デメリットを見てきました。

確かに、他人に見られず自分の好きな時に脱毛できるので良い部分も沢山ありますが、自分では手の届かない部位が出てくるなど、全身を綺麗に脱毛しようと思うと無理な部分も出てくるので、できたら私的には店舗でスタッフに施術してもらう方が良いと思います。

次の章では、40代から全身脱毛を始めるのは恥ずかしく抵抗があるという人にも、通いやすい店舗を紹介していきます。

特に年齢的な抵抗がない人は、次の章を飛ばして「5.まとめ」まで進んで下さい。

4.40代から全身脱毛を始める人が通いやすい店舗はどこ?

若いうちはそこまで抵抗がないことでも、40代を過ぎると恥ずかしく感じるものもあります。

その1つに脱毛が挙げられます。

どうしても脱毛サロンの雰囲気が可愛らしく若者向けになっているので、その中に自分が通うとなると少し躊躇してしまう部分もあるでしょう。

しかし、脱毛サロンやクリニックでは年齢制限などはないので(子供はあり)、40代以上で通われている人も多くいるので安心して下さい。

ただし、実際に通うのであれば若者で賑わっている店舗よりかは、少し静かで落ち着いた店舗の方が安心して通いやすいのは確かです。

私の意見では、少し全身脱毛の料金は高額になりますが、「クリニック」で脱毛することをオススメします。

その理由は、クリニックの方が来ている人の年齢層の幅が広いからです。

若い人もいれば、男性もいて、性別や年齢に抵抗がなくなります。

また、クリニックであれば医師もいるので、安全面もしっかり管理されているので安心して脱毛を受けられます。

ここでは、「料金面」「安全面」「通いやすさ」「評判の高さ」から40代以上の人に私がオススメする湘南美容外科クリニックを紹介します。

4-1.40歳以上でも通いやすい「湘南美容外科クリニック」

湘南美容外科クリニックは、全国に57院ある美容皮膚科クリニックになります。

脱毛の他にも、ボディケア、フェイスケア、整形、豊胸などに力を入れています。

まず、40歳以上の人で脱毛する時は肌トラブルなども心配になると思いますが、湘南美容外科では「アレキサンドライトレーザー」と「メディオスターNEXT」という2種類の脱毛器の取り扱いがあり、その人の肌や毛質に合わせて機種を使い分けてくれます。

アレキサンドライトレーザーに関しては、「赤ら顔」「ニキビ」「毛穴」治療にも活用されるレーザーなので、脱毛しながら美白効果も得られるのが嬉しいです。

40代になると、お肌の悩みが増えてくるので、脱毛もできて、美白も効果も得られたら一石二鳥ですね。

また、レーザー脱毛なので多少料金が高額になってきますが、湘南美容外科クリニックは回数も豊富にあり選びやすいです。

実際、カウンセリングの時にスタッフに毛質を見てもらい回数を相談するのが一番良いでしょう。

通常の毛質や毛量であれば6回前後照射をするとほとんど自己処理がいらなくなるまでになります。

このように、湘南美容外科クリニックは40歳以上の人でも抵抗なく通えるので、是非オススメです。

湘南美容外科クリニック 全身脱毛回数

回数 全身脱毛料金
1回 59,800円
3回 234,900円
6回 435,370円
9回 600,210円

5.まとめ

今回は、全身脱毛は恥ずかしいということについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

自分のコンプレックスの部分を他人に見られてしまうのは確かに恥ずかしいです。

しかし、脱毛を行う上では多少我慢が必要になります、そして、最初はかなり緊張してしまいますが、回数を重ねるうちに慣れてくるという意見もかなり多くあるので過度に心配し過ぎる必要はないでしょう。 

もし、心配な人は少しでも恥ずかしさを和らげられるような対処法も上記で紹介したので試してみて下さい。

また、それでも勇気が出ないという人は無理に通う必要はなく、家庭用脱毛器という選択肢もあるので、メリット・デメリットをきちんと理解した上で使用すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です