全身脱毛のメリット・デメリットをあらゆる視点から見比べてみました

これから脱毛を始めようとした時に、どこの店舗で全身脱毛をすべきか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

今は、脱毛サロンやクリニックにもいろいろな特徴があるので、しっかり店舗情報を把握すれば、より自分に合ったプランを見つけられるはずです。 

そこで今回、ここでは全身脱毛にスポットを当てて、様々な視点からメリット・デメリットを見比べていきます。

この記事をお読み頂ければ、全身脱毛の最適な脱毛方法、プラン、店舗の選び方が把握できます。

また、自分にとって全身脱毛が向いているのか、もしくは部分脱毛を選択した方が良いのか判断基準にもなると思うので、是非参考にして頂けると幸いです。 

目次

1.全身脱毛を光脱毛とレーザー脱毛で行うメリット・デメリット

ここでは、全身脱毛を行う上で、光脱毛とレーザー脱毛のどちらが最適なのか下記の2つを見比べながら解説します。

  1. 光脱毛メリット・デメリット
  2. レーザー脱毛メリット・デメリット

1-1.光脱毛メリット・デメリット

メリット1.痛みが少ない

光脱毛は、光の照射する出力が弱い為、温かいと感じる程度の痛みになります。

全身脱毛の場合はかなり沢山の部位を脱毛するので、痛みを感じずに脱毛できるのは大きなメリットです。

メリット2.料金が安い

光脱毛はレーザー脱毛に比べると、使用する脱毛器の関係などで脱毛料金も安くなります。

あまり脱毛にお金を掛けたくない人にとっては有難いです。

メリット3.店舗が多い

光脱毛を取り扱う脱毛サロンは、大手になると店舗数もかなり多くなります。

店舗数が沢山あると、店舗間の移動が可能になる場合が多く予約じたいも取りやすくなるので全身脱毛をする上では通いやすくて便利です。

デメリット1.脱毛効果を実感しにくい

光脱毛は、光の照射出力が弱い為、毛根まで熱が上手く伝わらないと脱毛効果も実感しにくくなります。

デメリット2.通う期間が長い

光脱毛は、照射する光の出力が弱い為、脱毛効果が出るまで時間が掛り、トータルでみるとレーザー脱毛よりは、通う期間が長くなります。

1-2.レーザー脱毛のメリット・デメリット

メリット1.脱毛効果が早く出る

レーザー脱毛は、光の出力が強い為、毛根までしっかり熱が伝わりやすく脱毛効果も出やすいと言えます。

全身脱毛は時間が掛るので、脱毛効果が早く出るのはメリットです。

メリット2.医師が常にいる

レーザー脱毛はクリニックで取り扱いがありますが、クリニックには常に医師がいるので、

何か肌トラブルを起こした時でも、迅速に対応してもらえるので安心できます。

デメリット1.料金が高い

レーザー脱毛は威力の強い高級な脱毛器を使用している点や医師が常駐しているクリニックで施術を受ける点などから、全身脱毛の料金も高くなります。

デメリット2.店舗が少ない

レーザー脱毛を取り扱うクリニックの場合は、どうしても店舗数が少なくなるので、予約面などを考えるとかなり不利な部分も多いです。

以上、光脱毛とレーザー脱毛のメリット・デメリットについて見比べてきました。

それぞれの脱毛方法に良い部分、悪い部分の両方がありますが、全身脱毛を行う上で、「痛みが少ない」「予約が取りやすい」「脱毛料金が安い」に重点を置く人は、光脱毛で全身脱毛をする方が向いています。

「早く脱毛を完了する」「安全に脱毛する」に重点を置く人は、レーザー脱毛で全身脱毛をする方が向いています。

ここまでは、脱毛方法について見てきましたが、次の章では、全身脱毛をパックプランと月額制プランのどちらで契約するのが最適か、脱毛プランにスポットを当てて見ていきます。

2.全身脱毛をパックプランと月額制プランでするメリット・デメリット

ここでは、全身脱毛を行う上で、パックプランと月額制プランのどちらが最適なのか下記2つを見比べて解説していきます。

  1. パックプランのメリット・デメリット
  2. 月額制プランのメリット・デメリット

2-1.パックプランのメリット・デメリット

メリット1.1回の施術で全身全て脱毛できる

パックプランの場合は、1回通うごとに全身全ての部位を脱毛してもらえるので、忙しい人などにもオススメです。

メリット2.特権が付いている場合もある

パックプランの場合は、店舗により規定は異なりますが、キレイモなどでは、シェービング代や前日までのキャンセル料が無料になるなど、月額制プランにはない特権がパックプランには付いている場合もあります。

デメリット1.一括で料金を支払わなくてはいけない

パックプランの場合は、脱毛料金を一括で支払わなくていけないので、金額的には負担になります。

ただし、店舗のローンを使用したり、カード払いを分割にしたりすれば、月々無理のない額で支払いすることは可能です。

デメリット2.解約する時に手間が掛る

パックプランの場合は、途中で解約すると、解約金を請求される場合もあり、金額的に少し損をする可能性はあります。

2-2.月額制プランのメリット・デメリット

メリット1.お金の負担が掛らない

月額制プランの場合は、月々の金額がそこまで高額ではないので、習い事のお月謝感覚で通うことができ、負担が掛らないのが人気です。

メリット2.いつでも解約できる

月額制プランの場合は、いつでも解約でき、解約金も掛らないので気軽な気持ちで通うことが可能です。(パックプランを分割するタイプの月額制の場合は、解約金が掛る場合もある)

デメリット1.1回で全身全て脱毛できない場合もある

月額制プランの場合は、1回で全身全て脱毛できる店舗は少ないです。

ほとんどの店舗で、全身を2回、4回などに分けて施術を行うところが多いです。

ですから、その分多く脱毛に通う必要が出てくるので大変です。

デメリット2.その月に行けなかった場合は繰り越せない

月額制プランの最大のデメリットは、その月に通えなかった場合は、その月の施術分を次の月には繰り越せません。

また料金も返金してもらえないので、かなり損をすることになります。

以上、パックプランと月額制プランのメリット・デメリットについて見比べてきました。

それぞれにメリット・デメリットはありますが、全身脱毛を行う上では、パックプランの方が良いでしょう。

その理由は、1回で全身の脱毛をしてもらえるので、通う手間が省けます。

また、月額制プランの場合は、その月に行けない時は消化扱いとなりますが、パックプランの場合は必ず規定回数は脱毛できます。

一括で高額な料金を支払うのは大変ですが、ローンやカードを分割にするという方法もあるので、どちらの方法で契約するか悩んでいる場合にはパックプランをオススメします。

ここまでは、全身脱毛の脱毛プランについて見てきましたが、次の章では、全身脱毛を大手脱毛サロンと個人サロンどちらに通うのが最適か店舗にスポットを当てて見ていきます。

3.全身脱毛を大手脱毛サロンと個人サロンでするメリット・デメリット

ここでは、全身脱毛を行う上で、大手脱毛サロンと個人サロンどちらに通うのが最適なのか下記の2つを見比べて解説していきます。

  1. 大手脱毛サロンに通うメリット・デメリット
  2. 個人サロンに通うメリット・デメリット

3-1.大手脱毛サロンに通うメリット・デメリット

メリット1.知名度があるので安心

大手脱毛サロンの場合は、雑誌やテレビCMなどでも良く見掛けることも多く、知名度があります。

知名度があると訪れるお客さんも多く、経営的にも安心できる面があります。

メリット2.店舗数が多い

大手脱毛サロンは、全国規模で店舗を展開しているので、かなり店舗数が多いです。

店舗の数が多いと、店舗間を行き来したりできるお店もあるので通いやすく、予約も取りやすくなります。

デメリット1.スタッフが業務的

大手脱毛サロンは、いつも予約で一杯なので、迅速に動いていかないと予約時間がズレていってしまいます。

ですから、時に接客が業務的になりやすかったりもします。

デメリット2.キャンセルなどに厳しい

大手脱毛サロンはお客さんが沢山いるので、みんなが予約を取りやすくなるように、施術日の前日や当日などに急なキャンセルや変更などがあった場合は、ペナルティーが発生する店舗が多いです。

3-2.個人サロンに通うメリット・デメリット

メリット1.アットホーム

個人サロンは、地域に密着しているので、お店に通う人も常連さんが多く、お店の雰囲気もアットホームな感じの店舗が多いです。

メリット2.予約が取りやすく融通が利く

個人サロンの場合は、大手脱毛サロンのように、そこまで沢山のお客さんはいないので、比較的予約は取りやすくなります。

また、キャンセルや変更も融通が利く場合が多いでしょう。

デメリット1.経営状況が不安な場合もある

個人サロンなので、お客さんがあまりにも来なくなってしまうと、経営的に続けるのが難しい状況になる時もあります。

デメリット2.情報量が少ない

個人サロンは広告費などをあまり掛けない為、HP上の情報も少なく、口コミなどから情報を得るのも難しいと言えます。

以上、大手脱毛サロンと個人サロンのメリット・デメリットを見比べてきました。

両方に多少なりともメリット・デメリットはありますが、全身脱毛を行う上では、大手脱毛サロンの方が安心です。

その理由は、個人サロンは経営的に不安定な部分もあるので、全身脱毛を契約して高額な料金を払った後で、閉店してしまうようなことがあっては大変です。

また、情報量も少ないので、自分の理想とする脱毛がきちんとできるという保証もありません。

その点、大手脱毛サロンであれば、知名度もあり、脱毛に対しての有力な情報も得られるので安心感があります。

ここまでは、全身脱毛をする上での店舗選びについて見てきましたが、次の章では、店舗に通って脱毛するのが難しいという場合に、全身脱毛を家庭用脱毛器でするのは最適なのか見ていきます。

4.全身脱毛を家庭用脱毛器でするメリット・デメリット

ここでは、全身脱毛を行う上で、家庭用脱毛器を使用するのは最適なのかメリット・デメリットを見ながら解説していきます。

4-1.家庭用脱毛器のメリット・デメリット

メリット1.都合の良い時に脱毛できる

家庭用脱毛器はその名の通り、自宅で使用できる脱毛器なので、自分の都合の良い時間に脱毛を行えるので、わざわざ店舗に通わなくて済みます。

メリット2.料金が安い

店舗で全身脱毛をすると30~50万前後掛りますが、家庭用脱毛器は3~7万前後で購入でき、カートリッジを交換すれば半永久的に使用できるのでコスト的にもお得です。

メリット3.家族や友人と一緒に使用できる

衛生上、使用するカートリッジは交換した方が良いですが、脱毛器じたいはみんなで使用することができるので大変便利です。

メリット4.他人に見られない

自宅で脱毛するので、他人に見られる心配がなく安心して脱毛ができます。

デメリット1.脱毛できる部位が限られる

家庭用脱毛器の場合は、メーカーにもよりますが、IOラインは脱毛するのを推奨されていなかったり、脱毛できる部位が限られてしまうことがあります。

個人で脱毛するので、注意事項は守らなくてはいけません。

デメリット2.手の届かない部位がある

家庭用脱毛器の場合は、自分で脱毛しなくてはいけないので、背中や腰、うなじなどは手が届かなくて脱毛できません。

家族や友人に手伝ってもらう必要が出てきます。

デメリット3.店舗で脱毛を受けるよりは効果が出にくい

店舗にある脱毛器に比べると、若干光のパワーも弱くなるので、脱毛効果が出るまでに時間が掛る場合もあります。

以上、家庭用脱毛器についてメリット・デメリットを見てきました。

お仕事や子育てで忙しい人は、家庭用脱毛器を使用するのが良いと思いますが、全身脱毛を行うと考えると、店舗で脱毛した方が効果的でしょう。

その理由は、まず家庭用脱毛器では、手の届かない部位があるので、そもそも全身脱毛をするというのが難しくなります。

また、全身脱毛じたいがとても脱毛期間が長くなるので、早く完了させることを考えると、店舗にある脱毛器の方が効果は出やすいので、店舗で脱毛を受けることをオススメします。

最近は、脱毛も低年齢から受けることができるなど人気を集めていますが、次の章では中学生や高校生など学生のうちに全身脱毛を受けた方が効果的なのか見ていきます。

5.学生で全身脱毛をするメリット・デメリット

ここでは、学生のうちに全身脱毛を行った方が効果的なのか、メリット・デメリットを見ながら解説していきます。

5-1.学生で全身脱毛をするメリット・デメリット

メリット1.肌が綺麗でいられる期間は長い

近年の平均寿命は男女共に80歳以上と言われており、それを考えると若いうちに脱毛をした方が肌が綺麗でいられる期間は長くなります。

メリット2.学生割引がある

学生の場合は、多くの店舗で学生割引を使用できるので、通常の脱毛価格よりは安く脱毛でき場合があります。

メリット3.通う時間がある

仕事をすると、なかなか脱毛に通う時間が取れない時もありますが、学生の場合はまだ通う時間があります。

デメリット1.脱毛効果が出にくい

脱毛をする上で重要なのが毛周期です。

成長期に毛に上手く働き掛けるころで、脱毛効果を得られますが、ホルモンバランスが乱れると毛周期も狂ってしまいます。

中学生や高校生は、まだ年齢が若い為、ホルモンバランスが安定しないので、この毛周期が整わず、脱毛効果が出にくい場合があります。

デメリット2.再び毛が生えてくる可能性もある

思春期の頃はホルモンバランスが安定しないので、毛の生え方にもバラつきがあります。この時期に全身脱毛をしたとしても、数年後、ホルモンバランスが整ってきた時に、再度毛が生えてくる可能性もあります。

デメリット3.料金が高い

学生は、学割料金で脱毛できたとしても、全身脱毛じたいは何十万という高額なので、学生には負担が大きくなります。

デメリット4.肌トラブルを起こす可能性もある

思春期の時期は、ホルモンバランスの関係で肌が荒れやすいです。

その時に脱毛をして肌に刺激を与えると、肌が敏感に反応して肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

以上、学生が全身脱毛をするメリット・デメリットを見てきました。

若いうちから脱毛すると、肌が綺麗でいられる期間は長くなるのでお得のような気もしますが、学生が全身脱毛をするなら18歳頃から始めると良いでしょう。

その理由は、中学生や高校生の思春期の時期は、ホルモンバランスが安定しないので、脱毛効果も実感しにくく、肌トラブルを起こす可能性が高いからです。

せっかく高額な料金を払って全身脱毛をしても、効果がなかったり、肌荒れを起こしてしまっては残念です。

ですから、ホルモンバランスが安定してくる18歳頃に脱毛に通うと効果的でしょう。

6.まとめ

今回は、全身脱毛にスポットを当てて様々な視点からメリット・デメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

このように、いろいろな視点から全身脱毛を見てみることで、視野も広がり、どのような方法、プラン、店舗、受け方が自分に合っているのか把握して頂けたかと思います。

また、自分にとって全身脱毛が向いているのか、部分脱毛にするべきか判断して頂けたのではないでしょうか。

是非、上記のことを再度見直して全身脱毛を検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です