今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

全身脱毛は痛い?なるべく痛みを和らげる脱毛方法のサロン・クリニック紹介

  • 全身脱毛をしたいけど脱毛って痛みがどの程度あるのか気になる・・・
  • 全身脱毛で痛みが少ない方法は無いの?

こんな風に考えているあなたへ!こちらのページでは、全身脱毛と痛みについて詳しく説明していきます。

全身脱毛の痛みの程度から、痛みの強い脱毛方法や比較的弱い脱毛方法についても紹介していきます。

また、同じ脱毛方法でも全身の部位によって痛みの感じ方が変わってきます。その辺についても具体的に痛みを感じやすい部位、感じづらい部位をお伝えします。

その他、痛みが少ない脱毛方法や、痛み対策の方法まで紹介します。

こちらのページを読む事によって、全身脱毛での痛みについて正しい情報を得られるようになります。

1.全身脱毛はどのくらい痛いのか?

全身脱毛をする際の痛みについてですが、脱毛サロンでもクリニックでの脱毛でも、どれくらい痛いかは個人差がある為はっきりした事は言えないのが正直なところです。

よく表現されるのは、『輪ゴムでパチンとはじいた程度』とされます。

極端に痛みに弱い方でない限り、ほとんどの場合耐えられない痛みではありません。

痛みの程度については、状況にもよりますが、脱毛を受ける前から神経質になる必要は無いと考えられます。

全身脱毛はどのくらい痛いのか?について簡単に答えていきました。

次の項目では脱毛方法による痛みの強さの順番を説明していきます。

2.全身脱毛方法別|痛みの強さの順番

脱毛効果(生えてこなくなる)のある脱毛方法の中で、痛みの強さが強い順番に並べてみました。脱毛効果がある脱毛方法で主流なのは下記2つの手法です。

  1. レーザー脱毛
  2. 光脱毛

やはり、最も痛いのはレーザー脱毛での全身脱毛です。次は光脱毛ですね。

ここでは、それぞれ更に細分化して見ていきます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛はクリニックで行う手法で、最も脱毛効果が高い脱毛方法です。

レーザーの出力が高い為、毛の毛母細胞を破壊する威力が強いので脱毛効果が高いという理由なのですが、脱毛効果が高いと言う事はそれだけ痛みを伴いやすいということです。

光脱毛

現在脱毛サロンで主流な脱毛方法が、この光脱毛です。

レーザーに比べると威力が弱く1回当たりの脱毛効果が弱いのが特徴ですが、きちんと脱毛効果も見込めます。

レーザーに比べると威力が弱い分、痛みも少ないです。ただし、全く痛く無いというわけではなく、ある程度の痛みは伴います。

また、一般的な光脱毛の他に、派生型として抑毛ジェルを使うSSC脱毛方式や、高熱を必要としないハイパースキン脱毛等があります。

これら2つは光脱毛の一種ですが、別な手法として分けられることもあります。

痛みの強さの順番で分けてみると、強い順番に光脱毛>SSC脱毛>ハイパースキン脱毛になります。

2つの項目を更に痛みの強さ準にまとめてみると。

レーザー脱毛(クリニック)>光脱毛>SSC脱毛>ハイパースキン脱毛

という順番です。次の項目では全身の中でも痛みを感じやすい箇所と感じづらい箇所についてそれぞれ説明していきます。

3.全身の脱毛の中でも痛みを感じやすい箇所、感じづらい箇所

同じ脱毛方式で処理していても痛みを感じやすい箇所と感じづらい箇所があります。

考え方としては、皮膚の色が濃い部分(人)は痛みを感じやすいです。

また、毛が太い部分、量が多い部分(人)も痛みを感じやすい傾向にあります。

ここでは、具体的に痛みを感じやすい箇所と感じづらい箇所をそれぞれ挙げていきます。

痛みを感じやすい箇所

  • VIOライン
  • ワキ
  • ひざ
  • ひじ
  • うなじ
  • 顔(特に鼻下)

もちろん個人はありますが、やはり毛の量が多く密集しているところです。

また、皮膚が薄い部分も痛みやすい箇所になります。

痛みを感じづらい箇所

  • 手足の指毛
  • 背中
  • お腹
  • お尻

痛みを感じづらい箇所は、毛の量が少なく、細い箇所です。皮膚も厚い部分は痛みづらい傾向にあります。

痛みを感じやすい箇所、感じづらい箇所について具体的に紹介していきました。

次の項目では、全身脱毛の痛み対策の方法について述べていきます。

4.全身脱毛の痛み対策の方法

全身脱毛の痛み対策の方法ですが、全て我慢しなくてはならない!というわけではありません。

ある程度自分でコントロールする事も可能です。ここでは、全身脱毛の痛み対策で考えられる2つの方法を取り上げていきます。

痛みの弱い方法で脱毛する

痛みが我慢できない場合には、痛みの弱い方法で脱毛するのがベターです。

ここで言う脱毛とは、生えてこなくなるきちんとした脱毛効果のある方法を指します。

カミソリでの処理は確かに痛みがありませんが、生えてこなくなる脱毛効果も無いのでこの場合は選択肢から外します。

痛みの弱い脱毛方法は、脱毛サロンであれば、光脱毛より、SSC脱毛、SSC脱毛よりもハイパースキン脱毛になります。

ハイパースキン脱毛採用の脱毛サロンはディオーネが行っています。

クリニックでの脱毛であれば、脱毛器にアレキサンドライトレーザーを使用するクリニックよりも、ライトシェアデュエット等のダイオードレーザーの脱毛器を使用するクリニックを選んでいきましょう。

ライトシェアデュエット採用のクリニックは下記2つ

クリニックであれば麻酔を使ってもらう

脱毛クリニックでは、サロンに比べ痛みが強い傾向にありますが、病院ならではの対策方法として、麻酔を使用できるメリットがあります。

痛みに弱い方は医師に相談してみると良いでしょう。麻酔にもクリームや笑気麻酔等、色々なタイプの物がそれぞれのクリニックでああります。

全身脱毛の痛み対策について述べていきました。

次の項目では、私の見解として全身脱毛の痛みは我慢するべきなのか?について答えていきます。

5.全身脱毛の痛みは、がまんするべきか?

まず、特別な事情が無い限り全身脱毛での痛みは我慢するべき!だと考えます。

多くの人に取って我慢できない程の痛みでは無いからです。

もちろん痛みの感じ方は人によって個人差があるので、どうしても耐えられない場合には脱毛サロンスタッフやクリニックの場合は医師に相談してみるのが良いでしょう。

麻酔まで使わなくても、脱毛器の出力の調整や冷却等である程度対処できるはずです。

結論としては、全身脱毛を受ける前から痛みについて恐れる心配は全く要らないということです。

脱毛前には必ず照射テストもしますので、その時に耐えられるか耐えられないか判断してからでも良いと思います。

不安な方は、いきなり複数回のコースを申し込むのではなく、脱毛サロンであればお試し体験、クリニックであればお試し体験が無ければ1回コースを申し込んで様子を見るのをおすすめします。

全身脱毛の痛みの不安について筆者の見解を述べていきました。次の項目では、全身脱毛ができるクリニックでの麻酔対応の情報を掲載していきます。

6.全身脱毛ができる各クリニック、麻酔の対応

全身脱毛ができる主要な脱毛クリニックでの痛み対策としてそれぞれどのように対応しているのか見ていきます。

湘南美容外科

亜酸化窒素と医療用酸素を使用した笑気麻酔で対応。その他の対応としては、レーザーの出力を弱める等。

渋谷美容外科

ほとんどの方は麻酔の必要は無い。痛みを強く感じる方には、塗る麻酔で対応しています。

リゼクリニック

顔(鼻下)部分やVIOの脱毛時に麻酔の利用率が4割程度いるようです。

笑気麻酔と麻酔クリームで対応可能。

麻酔無しで施術した場合に途中で痛みが起こり耐えられなくなった場合には、笑気麻酔を使い施術継続が可能。

主要クリニックの痛み対策や麻酔対応について紹介していきました。

次の項目では痛みが原因での解約についてお伝えしていきます。

7.全身脱毛の途中で痛いからって解約できる?

全身脱毛の申し込みをして、脱毛の施術を受けたが途中でどうしても痛みが強く耐えられなかった場合には解約できるか?という事ですが、コレは申し込みをした脱毛サロンやクリニックによって対応がマチマチです。

特に痛みが原因での解約が特別にOKか、それともダメかというわけでは無いでしょう。

途中解約がNGなところもあれば、解約と残り回数に応じて返金処理してくれるところもあります。

その際には解約or返金手数料が取られるサロンやクリニックもあります。

一般的には痛みが原因で解約!までの状態になることは、あまり考えられません。

脱毛器の出力を弱めたりクリニックであれば麻酔で対応したりと痛み対策が出来るからです。

特に痛みに弱い方や麻酔が身体に合わない方というのであれば可能性はあるかもしれませんね。

心配な方は解約時にどのような対応になるのか事前に調べておきましょう。

8.まとめ

全身脱毛の痛みについて長々と説明していきました。

前述もしましたがあまり神経質になる必要はないです。ある程度我慢できるレベルの痛みであることがほとんどです。

ただし脱毛したい部位が痛みを感じやすい箇所だったり特に痛みに弱い体質だったりを自負している方は、脱毛サロンであれば痛みの弱いハイパースキン脱毛(高熱を必要としない脱毛)採用のサロンディオーネをオススメします。

クリニックでは、どこでも麻酔対応はしてくれるので問題ありません。

出来れば麻酔も使用したくないという方は、アレキサンドライトよりも高熱を必要としないダイオードレーザーの脱毛器、ライトシェアデュエットを採用しているクリニックを選んでいくと、より安心です。

ライトシェアデュエット採用のクリニックは下記2つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です