全身脱毛と永久脱毛に違いはあるの?2つの脱毛の意味を詳しく解説

最近は全身脱毛をする人が増えていますが、初めて脱毛する人の中には全身脱毛を永久脱毛と勘違いしている人も多くいます。

確かに、私自身もまだ全身脱毛を詳しく知る前までは、全身脱毛(全ての毛を脱毛?)=永久脱毛と思っていたこともありました。

しかし、この全身脱毛と永久脱毛は全く違う意味になります。

そこで、今回は全身脱毛と永久脱毛にはそれぞれどのような意味があるのか解説していきます。

そして、その意味の違いを理解した上で、全身脱毛にはどのようなメリット・デメリットがあるのか?全身脱毛の効果的な脱毛方法やオススメな店舗もお教えします。

これから全身脱毛を受けようか検討している人に参考にして頂けると幸いです。

1.全身脱毛=永久脱毛ではない

まず、結論からというと、「全身脱毛」と「永久脱毛」は全く違う意味合いになります。

では、なぜ全身脱毛と永久脱毛を一緒だと勘違いしてしまうのか、またそれぞれの意味について解説します。

1-1.なぜ、全身脱毛と永久脱毛を一緒だと勘違いしてしまうの?

まず、まだ脱毛について詳しく知らない人は、全身脱毛の「全身」という言葉から「全ての毛を脱毛」=「永久的に脱毛できる」と思ってしまう人が多いようです。

上記でも少し紹介しましたが、私自身もまだ脱毛について詳しくない時はこのように思っていた時もありました。

しかし、全身脱毛と永久脱毛は全く違う意味合いになるので、「全身脱毛」=「永久脱毛」にはなりません。

では、それぞれどのような意味があるのか、次の項目で見てみましょう。

1-2.全身脱毛とはどのような脱毛か?

全身脱毛とは簡単に言うと、身体全体の部位を脱毛することを言います。

逆に部分脱毛は、顔やVIO,ワキなど部分的に脱毛することを言います。

最近では、全身脱毛も55ヶ所や53ヶ所など多くの部位を脱毛できるようになったり、店舗によっては全身脱毛し放題プランを掲げるところもあります。

少し前までは、部分脱毛をする人の方が圧倒的に多かったですが、最近では最初から全身脱毛を選ぶ人の方が増えてきています。

1-3.永久脱毛とはどのような脱毛か

永久脱毛とは簡単にいうと、脱毛方法のことです。

この永久脱毛は毛穴に直接針を刺して微弱電気を流し毛根を焼き切る方法です。

一度毛根を焼き切り破壊すると、二度とその毛穴からは毛が生えてきません。

昔はこの永久脱毛が主流の脱毛方法でしたが、1つ1つの毛穴を処理するので時間やお金が掛ること、直接皮膚に針を刺すので痛みが強いことなどから、近年は光脱毛やレーザー脱毛が主流の脱毛方法となっています。

ただし、永久脱毛にもメリットがあり、二度と毛が生えてこないのは勿論、産毛のような光脱毛やレーザー脱毛ではなかなか処理しにくい毛も永久脱毛であれば処理が可能になります。

このように、全身脱毛はあくまでも脱毛する「部位」を示し、永久脱毛は「脱毛方法」を示すので、この2つの脱毛の意味は全く異なります。

続いて、全身脱毛の意味を理解したところで、なぜ全身脱毛する人が増えているのか?

全身脱毛をするメリット・デメリットを次の章で見ていきます。

2.全身脱毛をするメリット・デメリットとは?

ここでは、全身脱毛にはどのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきます。

メリット・デメリットを含め、自分には全身脱毛が向いているのか、部分的に脱毛した方が良いのか検討してみて下さい。

2-1.全身脱毛をするメリット

①全身の細かい部分の毛まで処理できる

全身脱毛は、その名の通り全身のあらゆる部分の毛を処理できるので、背中やうなじ、ヒップ、腰など自分では手の届かない部位なども綺麗に毛を処理できます。

②自己処理がいらなくなる

毎回カミソリなどで自己処理をすると、皮膚を傷つけて埋没毛や色素沈着などの原因にもなります。

一度色素沈着を起こしてしまうと、なかなか元に戻すのは難しくなります。

しかし、全身脱毛で綺麗に毛を処理すれば、自己処理もいらなくなるので、お肌も傷つける心配もなく負担が掛りません。

また、自己処理は毎日5分前後の時間が掛りますが、全身脱毛をすればその時間をカットできるので忙しい方には嬉しいですね。

③肌が綺麗になる

自己処理をすると、剃り残し部分が黒いポツポツで残ってしまいますが、全身脱毛をすると毛根から毛を引き抜いてくれるので、お肌がツルツルで毛穴も目立たなくなります。

身体全体の肌が綺麗になれるので自信にも繋がります。

このように、全身脱毛をすると自分では手の届かない部位まで綺麗に処理できて、自己処理の必要がなくなるというのが一番のメリットになってきます。

続いて、全身脱毛をするデメリットを見ていきます。

2-2.全身脱毛をするデメリット

①高額な費用が掛る

やはり、全身脱毛となると高額になり、光脱毛で30~35万円前後、レーザー脱毛で50~60万円前後掛ります。

急にこの金額を全額払うのは難しいという人もいるでしょう。

その場合は分割や月額制で月々支払うという方法もあります。

②長い期間店舗に通うのが大変

脱毛は、毛周期に合わせて施術を行っていくので脱毛期間が長くなります。

光脱毛で3~4年、レーザー脱毛で1~2年前後は掛ります。

そして、全身脱毛の場合は部位も多いのでより期間が長くなる可能性もあります。

このように、全身脱毛にも金額面や通う期間などにデメリットが存在するのも事実です。

2-3.部分脱毛をするなら全身脱毛がお得!

上記では、全身脱毛のメリット・デメリットを見てきました。

それを踏まえて考えてみると、部分的に脱毛しても全身脱毛しても店舗に通う回数というのはそこまで変わりません。

ですから、せっかく通うのであれば全身脱毛した方が多くの部位を脱毛できるのでお得でしょう。

また、部分脱毛をしていると、段々他の部位も脱毛したくなってくる人が多いです。

そして、その度に脱毛部位を追加していくと、その方がトータルで見た時全身脱毛より高くなってしまうことがあるので、最初から全身脱毛を契約した方がお得な場合が多いです。

このようなことからも、私は脱毛をするのであれば最初から全身脱毛することをオススメします。

続いて、上記では部分脱毛をするなら、全身脱毛をした方がお得なことも多いと解説しましたが、実際全身脱毛を行うにはどの脱毛方法が一番効果的なのか次の章で詳しく見ていきます。

3.全身脱毛は、永久脱毛、光脱毛、レーザー脱毛のどの脱毛方法が効果的か?

ここでは、全身脱毛をする上で、永久脱毛、光脱毛、レーザー脱毛のどの脱毛方法が一番効果的なのか見ていきます。

ちなみに、私が一番効果的だと思うのは、レーザー脱毛です。

少し痛みはありますが、脱毛効果も実感できて、早い期間で全身脱毛を完了させることができるからです。

3-1.永久脱毛

永久脱毛は1章でも解説しましたが、毛穴に針を直接刺して、そこに電気を流すことで毛根を焼き切り毛を生えなくさせる方法です。

毛根を完全に焼き切るので、その毛穴からは再び毛が生えることはありません。

永久的に毛が生えないのであれば、この方法で全身脱毛を行いたいところですが、まず、毛穴を1つ1つ処理していくので、とても時間が掛ります。

スタッフの技術にもよりますが、1分間に10本前後の毛を処理できれば良い方です。

身体全体の毛は500万本とも言われているので、この永久脱毛で全身脱毛を行うのは正直向いていません。

ただし、他の光脱毛やレーザー脱毛と組み合わせて施術するととても効果的に脱毛できます。

(次の章で光脱毛と永久脱毛を組み合わせて施術を行うTBCを紹介します)

3-2.光脱毛

光脱毛は脱毛サロンで受けることができます。

照射する光もそこまで強くないので、肌の弱い人、敏感肌の人でも肌トラブルを起こしにくいです。

ただし、光の熱が弱い分、毛根まで上手く熱が伝わりづらく脱毛効果が出にくい場合があり、全身脱毛の場合3~4年近く通わなくてはいけなくなります。

3-3.レーザー脱毛

レーザー脱毛は、クリニックで受けることができます。

照射する光が強いので、脱毛効果じたいはしっかり実感でき、全身脱毛も早ければ1~2年で完了させることができます。

ただし、光の熱が強い分、肌トラブルは起こしやすくなるので、肌が弱い人には不向きです。

また、痛みも強い場合がありますが、クリニックによっては麻酔クリームや笑気麻酔を使用して施術することが可能です。

このように、3つの脱毛方法を見てきましたが、やはり全身脱毛を行う上では脱毛効果がしっかり実感できる点、早く全身脱毛を完了できる点などを考えるとレーザー脱毛が一番オススメですが、肌が弱いという人は光脱毛を検討してみるのも良いでしょう。

続いて、次の章では全身脱毛を行う上で、完全に毛を生えなくしたい、産毛まで綺麗に脱毛したいという人にオススメな店舗を紹介していきます。

4.永久脱毛で全身脱毛を行うのにオススメな店舗「TBC」

ここでは、「完全に毛を生えなくしたい」「産毛まで綺麗に処理したい」という人の為に、3章でも少し解説をした永久脱毛も取り入れて全身脱毛を行う店舗「TBC」を紹介していきます。

TBCというと、ボディやフェイシャルケアなどを行うエステサロンを思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、最近では、全身脱毛にも力を入れているサロンになります。

TBCでは、光脱毛は勿論のこと、永久脱毛も取り扱っています。

そして、この2つの脱毛をミックスさせて施術することも可能になるのです。

例えば、光脱毛は施術が早い、痛みが少ないというメリットがありますが、産毛など色素の薄い毛には反応しにくいので、脱毛効果が少ないです。

逆に永久脱毛は、施術時間が掛る、痛みが強いというデメリットがありますが、産毛などを脱毛するには最適な脱毛方法なのです。

この光脱毛と永久脱毛の良い部分を取って、全身脱毛をすると時間も早く、細かい毛まで完全に脱毛することができるのです。

まず、光脱毛で全体的に毛を減らしていき、最後まで残ってしまう毛を永久脱毛で処理をしていけば、かなり肌は綺麗になります。

最近はこの方法で脱毛する人もかなり多くなっています。

もし、全身脱毛をするなら、産毛のような細かい毛もなくしたい、二度と毛が生えてきて欲しくない部位があるという人は是非オススメな脱毛方法です。

<TBC全身脱毛料金>

Lパーツ12部位、Sパーツ12部位合計24部位の全身脱毛プランです。

店舗名 全身脱毛料金
TBC 1回70,000円 4回117,400円 6回176,100円 8回229,800円

<永久脱毛料金>

※デリケートゾーンはVIOなどではなく、顔、首、あご、襟足などになります。

「ビジター料金」

・プレイゾーン1本130円

・デリケートゾーン1本143円

「メンバー料金」

・プレイゾーン1本108円

・デリケートゾーン1本119円

5.まとめ

今回は、全身脱毛と永久脱毛の意味の違いや、全身脱毛のメリット・デメリットなども見てきましたがいかがでしたでしょうか?

この記事をお読み頂き、全身脱毛と永久脱毛は違うものだと良くお分り頂けたのではないかと思います。

また、全身脱毛をする上では、「脱毛効果を実感しやすい」「早く脱毛を完了できる」などの点から、私はレーザー脱毛をオススメしますが、「完全に毛をなくしていきたい」「産毛も綺麗にしたい」という人は、4章でも紹介した光脱毛と永久脱毛をミックスさせた脱毛方法も検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です