今がチャンス!お得なキャンペーン実施中

全身脱毛にはリスクがあるの?脱毛する前にしっかり注意点を把握しておこう」

全身脱毛でいろいろ調べてみると、「火傷をした」「痛みがあった」「肌が腫れた」などの声も聞かれます。

正直これから全身脱毛を始めようとしている人にとって、このような肌トラブルは心配要素になってしまいますよね。

私自身も全身脱毛を始める際には、いろいろな不安がありましたが、「脱毛」というものをきちんと理解すること、注意事項をしっかり守ることで肌トラブルを起こさず安全に脱毛することができました。

そこで、今回は全身脱毛にはどのようなリスクがあるのか?について詳しく解説します。

また、この記事をお読み頂くことで、全身脱毛をする上でリスクが高くなる人、肌トラブルを回避する対処法、肌が弱い人・敏感肌の人でも通いやすい店舗も把握して頂けます。

安全に全身脱毛をしていきたいという人に、是非参考にして頂けると幸いです。

1.なぜ、全身脱毛にはリスクがあるのか?

まず、ここでは、なぜ全身脱毛にはリスクがあるのか2つ解説していきます。

1-1.肌に強い光を照射する(肌トラブルのリスク)

脱毛施術とは、肌に直接強い光を当てて、毛根を焼き切る方法です。

最近使用されている脱毛器は最新の機器が多いので、以前に比べてだいぶ肌にも負担が掛らなくなりました。

しかし、強い光を肌に照射していくので、何もしない状態に比べると少なからず肌には負担が掛ります。

特に肌が弱い人、敏感肌の人、乾燥肌の人の場合は、「火傷」「腫れ」「痒み」「色素沈着」「赤み」などの肌トラブルを起こしてしまう場合があります。

1-2.不特定多数の人が脱毛器やシェーバーを使用する(感染症のリスク)

店舗では、施術をする際に脱毛器やシェーバーなど様々な道具を使用します。

そして、その道具に1人ずつ専用の物がある訳ではなく、1日で何人もの人が同じ道具を使い回すことになります。

特にVIOなどは、クラミジア、梅毒、カンジダなどの感染症があり、店舗では消毒など衛生管理はしっかりしていますが、100%うつらないとも言い切れません。

この感染症が心配でVIOだけは脱毛避けるという人もいます。

このように、一見安全に見える全身脱毛ですが、肌に直接光を照射する点、様々な人が脱毛器やシェーバーを使用する点などを考えると、肌トラブル、感染症のリスクがあると言えます。

では、上記でも少し説明をしていますが、全身脱毛をすると一体どのようなトラブルが起こり得るのか、次の章で詳しく解説していきます。

2.全身脱毛をするとどのようなリスクがあるのか?

ここでは、全身脱毛をするとどのようなリスクがあるのか、その中身を詳しく5つ解説していきます。

また、トラブルが起きないように対処法も記載してあるので、是非参考にしてみて下さい。

①火傷や腫れ

②色素沈着

③痒み

④毛嚢炎

⑤硬毛化

2-1.火傷や腫れ

脱毛施術は、直接肌に光を照射していくので、肌が乾燥していたり、照射する光の熱が強すぎた場合などに火傷や腫れなどの肌トラブルを起こす場合があります。

特に肌の乾燥は火傷の腫れの原因だけではなく、痛みも感じやすくなってしまうので、脱毛期間中は常に保湿することを心掛けましょう。

また、照射する光が強過ぎる場合などは一度スタッフに相談してみることをオススメします。

通常脱毛サロンやクリニックでは、全身脱毛に慣れるまで光は弱く設定し、回数を重ねるごとに強くしていきます。

2-2.色素沈着

脱毛施術で光を照射した部分に炎症が起きてしまい、その部分が色素沈着として残ってしまう場合があります。

また、施術後痒みが出て、その部分を掻きむしってしまうと、その部分に色素沈着が起こることもあるので、なるべく痒みがあっても強く掻かないようにして下さい。

色素沈着はターンオーバーで改善する可能性もあります。

ただし、一度色素沈着になってしまうとなかなか肌を綺麗に戻すのは難しいです。

2-3.痒み

光を照射された肌は敏感になっているので、肌が乾燥したりとすると痒みが出てきます。

特に、脱毛後の肌は熱がこもり水分が失われ乾燥肌になりやすので、必ず美容液などで

肌にしっかり潤いを与えて下さい。

また、痒みが酷い場合は病院で痒み止めを処方してもらい掻き過ぎないように注意して下さい。

掻き過ぎると色素沈着を起こす可能性があります。

2-4.毛嚢炎

脱毛施術で毛根を傷つけてしまうと、そこにブドウ球菌などが感染し毛嚢炎になってしまいます。

毛嚢炎は赤い丘疹で見た目はニキビのような感じですが、膿を持つとどんどん大きくなり、かなり激しい痛みを伴うこともあります。

通常は自然に治癒していきますが、膿を持って腫れが酷くなった場合には皮膚科で切開することもあります。

特に、髭、VIOなどの濃く太い毛を施術した時に起こりやすいです。

毛嚢炎にならない為には、施術した部位を丁寧に洗う、下着をこまめに取り換えるなど、清潔に保つにようにして下さい。

2-5.硬毛化

硬毛化は、施術する前よりも、施術後の方が毛が濃くなってしまう現象を言います。

未だに詳しい理由は分かっていませんが、光を照射することで毛根の組織がより活性化してしまい濃くなってしまうのではないかと言われています。

特に、産毛などの色素の薄い毛で起こることが多いので、背中、ヒップなどで発生する確率が高いです。

特に対処法はなく、そのまま脱毛を続けていくことで改善されていきます。

このように、詳しく見てみると全身脱毛にも多くのリスクがあります。

ただし、自分で気を付けるように意識することで回避できることもあるので、頭に入れておくようにしましょう。

続いて、脱毛方法でのリスクもあるのか次の章で詳しく見ていきます。

3.脱毛方法でのリスクも把握

脱毛施術には、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛、家庭用脱毛器などがありますが、

脱毛方法にもリスクがあるのか詳しく解説していきます。

リスクの高さでは、ニードル脱毛>レーザー脱毛>家庭用脱毛器>光脱毛になり、肌に針を刺すニードル脱毛が肌トラブルのリスクは高くなります。

3-1.光脱毛

光脱毛は、脱毛方法の中でも照射する光の出力が弱いので、肌トラブルなどのリスクは低くなります。

ただし、その反面脱毛効果が出るまでには少し時間が掛ります。

光脱毛であれば、肌が弱い人、敏感肌の人でも気軽に受けられる場合が多いです。

3-2.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器には、光脱毛、レーザー脱毛があるので、脱毛器の種類でリスクは若干異なります。

また、家庭用脱毛器の場合は、自分で施術を行うので、使用方法を間違えたり、最初から高い出力で照射をしてしまうと火傷や腫れなどのトラブルを招く場合があります。

スタッフが施術を行ってくれる訳ではないので、かなり慎重に扱わないと様々なトラブルが起こり危険なので気をつけましょう。

また、施術前や施術後はしっかり冷却するのを忘れないで下さい。

3-3.レーザー脱毛

レーザー脱毛は、光脱毛に比べて光の照射出力が強いので、肌が弱い人、敏感肌の人は肌トラブルを起こしてしまう可能性が高くなります。

また、痛みじたいも強くなるので、痛みに弱い人は受けるのが難しい場合も出てきます。

脱毛効果は抜群ですが、トラブルを伴う可能性も高いので、レーザー脱毛で全身脱毛したい人は医師にきちんと相談してみましょう。

また、痛みが強い場合は、麻酔を使用してくれるクリニックもあるので、スタッフに尋ねてみて下さい。

3-4.ニードル脱毛

ニードル脱毛は、皮膚に直接針を刺して、電気を流して毛根じたいを破壊していくので、脱毛方法の中では一番トラブルが起こりやすいです。

特に、施術後の赤みや腫れ、ブツブツした跡は多く見られるといっても良いでしょう。

ほとんどの場合、数日経つと消えますが、ずっと腫れが引かないなどの場合は一度病院で診てもらうことをオススメします。

このように、脱毛方法によってもリスクというのは異なります。

肌が弱い人、敏感肌の人、肌に疾患がある人は、まず照射出力の弱い光脱毛で施術をしてみることをオススメします。

もし、レーザー脱毛を希望する場合には、きちんと医師に肌の状態を診てもらってから契約するようにしましょう。

続いて、全身脱毛をする上でどのような人がリスクが高くなるのか次の章で詳しく見ていきます。

4.全身脱毛をする上でリスクが高くなる人は

ここでは、全身脱毛をする際にリスクが高くなる人を5つ紹介していきます。

この中に当てはまる人は意識して気をつけるようにして下さい。

①肌が弱い人、敏感肌の人

②肌に疾患がある人

③生理中の人

④日焼け肌の人

⑤中学生や高校生

4-1.肌が弱い人、敏感肌の人

肌が弱い人や敏感肌の人の中には、光を照射するとアレルギー反応が起こってしまったり、炎症が強く出てしまう人もいます。

そのような人は、場合によっては脱毛を受けることができなかったり、反応が強くでてしまう部位は避けて照射することもあります。

(次の章で肌が弱い人、敏感肌の人が受けやすい脱毛サロンを紹介します)

4-2.肌に疾患のある人

アトピー体質の人など、もともと肌に疾患を持っている人は脱毛施術をすると、より肌が悪化してしまったり、アトピーで色素沈着してしまっている部分に関しては照射をすると光が反応して火傷をする恐れがあるので、そのような部位は脱毛できません。

また、アトピーで良く使用されるステロイド剤を使用していると、光を吸収しやすくなり火傷の恐れがあるので、脱毛施術じたいができない可能性が高くなります。

アトピー体質の人はできれば医師がいるクリニックで脱毛を受ける方が安心ですが、医師の診断書があれば脱毛サロンでも施術可能なところが多いです。

4-3.生理中の人

生理中や生理前後は、ホルモンのバランスが崩れ肌も敏感になり、腫れや赤み、痒みなどの肌トラブルも起こりやすくなります。

また、毛周期も乱れてしまうので、成長期の毛に上手く働き掛けることができず脱毛効果も出にくくなります。

生理中や生理前後はなるべく脱毛は控え、生理が終わってから1週間後くらいがホルモンバランスも安定し、脱毛施術をするのに向いています。

4-4.日焼け肌の人

日焼けしていると、光が黒い肌に強く反応してしまい火傷をしてしまいます。

ですから、脱毛期間中は日焼け止めクリームなどを塗り紫外線をしっかり予防する必要があります。

ただし、蓄熱式脱毛の場合は日焼けをしていても脱毛できるので、肌が黒い人はそのような脱毛法を検討してみるのも1つです。

蓄熱式脱毛は、ディオーネ、ラココ、リゼクリニック、湘南美容外科クリニックで施術可能です。

4-5.中学生や高校生

中学生や高校生は成長期の時期で、まだホルモンバランスが安定していません。

この時期は、皮脂の分泌も多く肌荒れを起こしやすい年齢でもあります。

そのような状態で、脱毛施術を受けると更にお肌を悪化させてしまう恐れがあります。

18歳頃になるとだいぶホルモンバランスが安定してお肌の調子も整ってくるので、大学生くらいから全身脱毛を始めるのがベストでしょう。

このように、全身脱毛を受ける上でリスクが高くなる人もいるので、上記の項目に当てはまる人は、自分だけは大丈夫と思わずに注意を払うようにして下さい。

次の章では、肌が弱い人や敏感肌の人が全身脱毛を受けやすいサロンを紹介します。

5.肌が弱い人や敏感肌の人へのオススメ脱毛サロン「ディオーネ」

ここでは、肌が弱い人や敏感肌の人でも全身脱毛を受けやすい「ディオーネ」を紹介していきます。

ディオーネは、全国に120店舗以上ある大手脱毛サロンになります。

小さい子供から、敏感肌の人でもお肌に負担が掛らずに安心して脱毛できるとあって評判を呼んでいます。

ディオーネの魅力は、何といってもお肌に優しい「ハイパースキン脱毛」です。

このハイパースキン脱毛は、蓄熱式の脱毛となっていて、従来のようにメラニン色素に光を照射して毛根を焼き切る方法ではなく、毛の成長する部分にあたる「バルジ領域」に弱い熱を少しずつ照射することで脱毛していく方法です。

従来の脱毛は体感温度が70度近いですが、このハイパースキン脱毛は36~38度と湯船と同じくらいの温度なので痛みなどはなく心地良く脱毛できます。

<ディオーネ 全身脱毛料金>

店舗名 全身(Lから4部位、Sから4部位) 全身まるごと脱毛
ディオーネ 6回 99,000円 12回 198,000円 1回追加 16,500円 6回 210,000円 12回 360,000円 1回追加 30,000円

6.まとめ

今回は、全身脱毛を受ける上でのリスクについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

確かに以前に比べると脱毛器も最新の機器が増え、お肌にも負担が掛り難くなってきていますが、私達自身がリスクについてきちんと把握しておかないと思わぬトラブルも招く場合もあるのです。

店舗だけに安全面を任せるのではなく、自分自身でリスクについてきちんと理解し、予防できることについては実践していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です